教室、そして夢のために学びは続く

「Tammy’s kitchen」主宰 宇山民枝さん

インタビュー連載 第4回

今月のサロネーゼは、東京都国分寺市で、フランス料理教室「Tammy’s kitchen」を主宰する宇山民枝さん。宇山さんは、本格的なフランス料理を美味しく、おしゃれで、家庭でも作りやすいようにアレンジし、料理の初心者の方も得意な方もおもてなしの腕をアップできるレッスンを行っています。 今回取材したレッスンは、夏のおもてなしにもぴったりな人気メニューを取り入れたアンコールレッスン。そのレッスンの様子とインタビューを4回にわたりご紹介します。第4回目はインタビュー後半です。

掲載日:2018/8/27(月)

宇山民枝さん

宇山民枝さん

  • プロフィール
  • サロン情報

教室開設に向けて本格始動!


――3年以上の海外生活経て、日本に戻られてから料理教室を開くまでにどんなことをされましたか?

宇山さん ル・コルドン・ブルーに1年間通い、料理ディプロムを取得しました。

宇山民枝先生1

本格フレンチを学ばれた宇山さんの経験は惜しみなく生徒さんへ伝えられていきます


――プロの現場を学べる、厳しいレッスンで有名ですよね。大変だったかと思います!
何が一番勉強になりましたか?


宇山さん 技術はもちろんですが、きちんと段取りをして料理をしていくことの大切さを学びました。
時間厳守の中での実習だったので、片付けながら料理を作るということが身に付きました。
それは今の教室でも、他の仕事でもすごく役立っていますね。

――どんなに良いものができても、決められた時間を過ぎてしまったら認められないのがプロの現場ですものね。

宇山さん その後フランス大使館の厨房で研修させてもらい、自宅料理教室を開きました。

――実際に教室を開いてみていかがでしたか?

宇山さん 定期的に来てくださる方ができるまでは、集客が大変でした。
今だったら教室運営7年の実績や仕事履歴など、来る側も安心できる実績がありますが、当時は何もありませんし、最初は友人ベースで始めて、ブログで活動の様子を頑張ってアップしていました。

――集客で悩まれている教室の先生は多いのですが、何かアドバイスはありますか?

宇山さん SNSはもちろんですが、あとは教室に来てくださった方へのフォローでしょうか。
来ていただいたことに安心しないで、レッスン中もその後も一つ一つ質問に丁寧に答えるとか。

――リピートしてほしいですものね。

宇山さん 長く通ってくださる方は私のこともよく理解してくださいますし、初めての方のフォローもしてくださるので教室内に良い雰囲気も生まれます。

生徒さんが楽しめる空間を提供する


――今勉強されていることはありますか?

宇山さん 来月ワインエキスパートの試験を受けます。
来年はソムリエも受ける予定です。
頑張らないと…。

宇山民枝先生2

より生徒さんに満足してもらうレッスンのために宇山さんはスキルアップを図ります


――その他に取得したい資格はありますか?

宇山さん チーズやオリーブオイルも興味がありますし、お花やテーブルコーディネートもちゃんと学びたいですね。

――学ばれたことはレッスンにどんな風に取り入れていきたいですか?

宇山さん ワインと料理のマッチングのクラスや、ワインのテイスティングだけのクラスも作りたいですね。
生徒さんの中にはソムリエの資格をお持ちの方もいらっしゃるので、そういう方の力を借りながらワインを楽しめるようなクラスを作れればと考えています。

――宇山さんにとって、おもてなしとは何でしょう?

宇山さん 自分がしてもらって心地良いことを考えて相手にしてあげることでしょうか。
自分が良いと思ったことを押し付けないとか。
なので教室のことは、常に生徒さん目線で考えるようにしています。
あと自分自身が分からないことや迷っていることは素直に生徒さんに聞いて、良い教室を目指して少しずつ方向転換をしています。

――そういう柔軟な考え方や姿勢はとても大事ですよね。
長く教室を続けていくために、サロネーゼさんにとっても生徒さんにとっても必要なことだと思います。


宇山さん あとはサロネーゼさんにはまずは自分が楽しむことを忘れないでほしいですね。

――今はネットで簡単にレシピが調べられたり、テーブルコーディネートも画像検索することができますが、そういう時代にわざわざ教室まで足を運んでレッスンを受けるメリットについてはどのようにお考えですか?

宇山さん ネットだけでも技術は学べるし、おいしいものも作れるようになると思うんです。
でも、一緒に楽しむという空間はここにしかないんですよね。
そこでは来てくださった方が元気になったり、明日からまた頑張ろうという気持ちになったり。
私の生徒さんも自分の料理のレパートリーを増やしたい、おいしい料理を作れるようになりたいというのはもちろんですが、「楽しいから」という理由が多いと思います。

料理が好き!人が好き!宇山さんのこれから


――試食時には生徒さんと一緒に着席されて、試食もされていましたよね。

宇山さん 試食時間に片付けをしてしまえば楽なのですが、私はそれよりもコミュニケーションの場として大事にしています。
もちろんレッスンに関する質問も受け付けていますが、基本的には料理に全く関係のない話をするようにして、様々な話題が飛び交うようにしています。

あとは、今日の料理の味を自分が確かめる場でもあります。
生徒さんには料理をレシピにとらわれすぎないで、時と場合によって柔軟に対応できるようになってほしいです。
そのためにも「ご自宅ではここにもう少し塩を足してもいいですよ」とか、生徒さんと一緒に試食しながらの方が伝えやすいですよね。
月10回以上同じものを食べるので飽きますけどね…。

宇山民枝先生3

おいしい料理とたくさんの人の笑顔に囲まれたレッスンは宇山さんの人生の縮図


――料理はレシピだけでは伝えられない部分が多いですものね。
教室運営は本当に大変だと思うのですが、宇山さんの原動力は何でしょう?


宇山さん 「料理が好き、人と会うことが好き」ということでしょうか。
仕事なので責任感は伴いますが、とても楽しいです!
自分の中では責任の伴うホームパーティーという感覚に近いかな。

――色々夢をお持ちだと思います。
まずは近い夢からお願いします。


宇山さん まずはワインエキスパートの試験に合格することです!
あとは外部の仕事も増やしていきたいですね。
教室がメインというスタンスは変わりませんが、外部の仕事から得られることもとても大きいので、それを教室に還元していきたいですね。

――さらにその先は?

宇山さん ワインバーや飲食店を出すことです。
儲けよりものんびりと、おいしいおつまみとワインを提供できるようなお店をやりたいですね!

=============

宇山さんとお話していると、楽しい気分になれます。長く生徒さんが通われる理由の一つはここにあると思います。将来ワインバーを開かれたら、教室と同じように宇山さんのあたたかい料理とお話を求めて、人が集う場となるでしょう。様々なスキルを身に付けて、人が楽しむ空間を提供し続ける宇山さんのこれからがますます楽しみです!

インタビュー・テキスト=阿部麻里子、窪田みゆき
写真=原田圭介



プロフィール

宇山民枝さん

宇山民枝さん

★ル・コルドンブルー料理ディプロム (首席卒業)を取得後、フランス大使館厨房にて研修

★2011年より自宅にてフランス料理教室「Tammy’s kitchen」を開始

自宅教室の他、外部講師・メーカー様へのレシピ提供・レシピ開発を行っております。

サロン情報

「Tammy’s kitchen」

自宅レッスンでは光あふれるオープンキッチンで 「美味しく、おしゃれで、作りやすい」お料理を紹介しています♪♪ ル・コルドンブルーで学んだフランス料理を家庭で作りやすいようにアレンジ。 手に入りやすい食材で、ご自宅で無理なく再現できるフランス料理を覚えて、おもてなしの腕をアップさせてみませんか!!
☆ レッスンはデモンストレーション形式
☆ レッスンメニューは月替わり・入会金なしですので、単発・長期・とびとびの受講とも可能です
☆ お片づけ・洗い物は不要でございます

生徒さんには、見て、覚えて、食べてと、楽しい時間をお過ごしいただきたいと思っております。 武蔵野の緑あふれる庭を眺めながら、ちょっぴり贅沢な時間をご一緒いたしましょう!!

ジャンル:

フレンチ、洋菓子、ワイン、おもてなし、テーブルコーディネート

サロン特長:

平日開催、夜間開催、土日開催、お友達同士歓迎、男性参加OK、少人数制(6人以下)、予約制、駐車場あり、お酒の提供あり

所在地:

東京都国分寺市

ホームページ、ブログ:

http://tammyskitchen.jimdo.com/

プロフィールはこちら