また作りたくなるお料理とおもてなしをトータルで

『Salon de clover (サロン・ド・クローバー)』主宰 小川薫さん

インタビュー連載 第1回

今月のサロネーゼは、大阪・心斎橋のご自宅でおもてなし料理教室「Salon de clover (サロン・ド・クローバー)」を主宰する、おもてなしプランナー/フリーアナウンサーの小川薫さん。手軽で華やかで美味しい幅広いジャンルのお料理と、それに合わせたテーブルコーディネートが学べるレッスンは、トータルでおもてなし術が身につくと大人気です。満席が続くレッスンにお邪魔し、その模様とインタビューを4回に渡りご紹介します。
第1回目は教室の紹介とレッスンレポート前半です。

掲載日:2012/7/30(月)

小川薫さん

  • プロフィール
  • サロン情報
  • レシピ

大阪・神戸を一望できるサロンで学ぶおもてなし料理


全国的にも有名な大阪の繁華街・心斎橋。人気のショップが集まる高感度な街の、華やかな通りを少し入った静かな一角に立つ高層マンション内に、小川さんが主宰するおもてなし料理教室『Salon de clover (サロン・ド・クローバー)』はあります。

ワクワクしながらドアチャイムを鳴らすと、迎えてくださったのは爽やかな笑顔の小川さん。窓の向こうには大阪市内や神戸までも見渡せる眺望が広がっていました。


毎回、お料理に合わせた素敵なテーブルコーディネートやお花が学べるのも魅力です


大学時代からフリーアナウンサーとして活躍していた小川さんがお教室を開いたのは2007年。今もアナウンサーの仕事を続けながら、月に30回弱の料理教室を開催していらっしゃいます。

学べるのは、「手軽で華やかで美味しい」をテーマに毎月変わる和食・イタリアン・中華など幅広いジャンルのお料理。それに合わせたテーブルコーディネートやお花のアレンジの紹介もあり、トータルでおもてなしが学べるのが特徴です。

国内外で勉強や研修を積んだ小川さんのセンスが活かされた、1回8名定員のレッスンはいつの間にか口コミで人気が広がり、キャンセル待ちが発生するほど。今では370名以上の生徒さんが登録しているそうです。


“手軽で華やかで美味しいお料理”を楽しく伝授


レッスンは平均して毎回4~5品をご紹介するそうですが、今日学ぶのは、「夏のおもてなし中華」をテーマにした「カツオと長いものナッツ衣揚げ 香味ソース」「もやしとフワフワ卵の豚ロール」「麻婆春雨」「プリプリ海老シュウマイ」「マスカルポーネのジェラート」など、お料理6品とデザートが2品と盛りだくさん。
11時の開始時間になり生徒さん8名がお揃いになると、早速レッスンのスタートです。

「それではそろそろカウンターに集まってください、始めまーす。祇園祭りも始まり、いよいよ夏ですね。今日は中華のメニューです。まず・・」

主婦感覚を大切に、身近な食材を使いまた作りたくなる料理にこだわりレシピを開発


レッスンは、小川さんのデモンストレーションを中心に、ポイントポイントで生徒さんに実習していただくミックス型。全員で行程が把握できるスタイルです。

「では最初に、冷やす時間が必要な『マスカルポーネのジェラート』から作っていきます。とても簡単で、3分で美味しいアイスクリームをお家で作ることができますので、ぜひ夏は沢山作っておかれるとよいと思います。続いては『キュウリとささみの和え物』です。暑くなってくるとお料理したくないときもありますよね。そんな時にもオススメな、5分ほどでできる和え物です。そして、この後に作る麻婆春雨もフライパンひとつで5分ほどでできますので、ぜひお家でも作ってみてくださいね」

家庭で気軽に作ってもらえることを目指し、主婦の視点をとても大切にしている小川さん。食材はなるべく身近なスーパーで買える物を使い、短時間で手軽にできるけれども普段の食卓にもおもてなしにも使える、主婦にとって嬉しいメニューにこだわって伝えているそう。

そんな工夫もあって、生徒さんがご家庭で再現する率がとても高いそう。多くの方が習ったメニューを早速作るべく、レッスンのあとスーパーで食材を買って帰り、その日の夕食にするそうで、後日生徒さんから、「家族に喜ばれました!」「我が家の定番料理にします!」と嬉しい報告が相次いでいるそうです。


家庭で再現できる工夫がいっぱい


「では次に『カツオと長いものナッツ衣揚げ 香味ソース』です。カツオはタタキで召しあがることが多いと思いますが、もし余ったときや、違うアレンジをしたいときにぜひこのレシピを思い出して作ってください。まず1cm角に切って軽くたたきます。そして下味をつけます。下味はどのお料理でもとても大切で、完成してもなんか味がボヤけるわ、という時は下味が足りないこと多いです」

ご自身が主婦であることもあり、アドバイスはとても実用的。アレンジ法や代替食材の情報など、レシピにないこともどんどん伝えていかれます。


デモと実習のベストミックス。全員が全行程を把握でき、楽しい雰囲気で進みます



「それではアーモンドの衣づけをやりますね。・・はい、このような感じで順番にやってみましょう!」

お手本を見せたあと、生徒さんに順番に作っていただきます。

「あら、先生がされると簡単そうでしたけど、コツがいりますね~。あ、形が崩れてしまいました、すみません」

「大丈夫よ!あとで形は整えますから気にしないでくださいね」

生徒さんがご自宅で作る時に迷うかも?と思うポイントはより丁寧に説明をしたり、実習していただく配慮がなされています。少々形が崩れても大丈夫。なにより、体験していただくこと、料理が楽しいと思っていただくことを最優先して、終始楽しい雰囲気でレッスンが進められます。


和気あいあいの雰囲気の中続くレッスン。続きは次回レッスンレポート後半でご紹介します。どうぞお楽しみに。

Q&A人気サロネーゼに7の質問 Question

サロン/教室名の由来は?
料理によって日々の食卓が豊かになり皆さまの大切なご家族やご友人たちが、 より健康で幸せに感じてくださればいいなという願いをこめて幸せのシンボル「クローバー」をサロン名にしました。
サロン/教室名の特徴は?
手軽で華やかで美味しい料理とテーブルコーディネートまで、トータルでおもてなしが学べます。
サロン/教室を主宰してよかったことは?
食を通じてたくさんの方と出会えたこと。
レッスン中、心がけていることは?
月に約30回近いレッスンを開催しているので常に同じおもてなしができるよう 準備や体調管理に努めています。
今も勉強していることはありますか?
テーブルコーディネートの恩師 丸山洋子先生のテーブルコーディネートやパーティスタイルのセミナーを定期的に受講しています。海外でクッキングレッスンに参加することもあります。
教室で愛用しているキッチングッズは?
グッドデザイン賞も受賞しているlucano(ルカーノ)という脚立
初めて通ってみたい方へ、申込方法や持参するものは?
ホームページのコンタクト欄からメールでお申し込みください。エプロンとハンドタオルをお持ちいただいています。

インタビュー・テキスト=窪田みゆき
写真=伊藤裕司

プロフィール

小川薫さん
『Salon de clover』主宰

大学在学時よりフリーアナウンサーとしてテレビやラジオの報道や情報番組に多数出演。20代後半より大阪、東京の数々の料理教室で学び、フランスやイタリアでも研修を重ねる。
アナウンサーとしての活動を続けながら、2007年おもてなし料理教室「Salon de clover」を主宰。おもてなしプランナーとしての日々の暮らしぶりを紹介するブログは「おもてなし料理ランキング」の全国上位の人気です。雑誌や企業のレシピ開発やフードスタイリングをはじめ、パーティーのプロデュースやセミナー講師を務めるなど料理研究家として活躍中

サロン情報

Salon de clover

おもてなし料理教室「Salon de clover」 大阪・心斎橋にあるおもてなし料理教室。
「手軽に作れて、華やかで美味しい料理」と、洗練されたテーブルコーディネートのおもてなしが口コミで広がり、常に満席のサロンとして話題を集めています。大阪や神戸が一望できるタワーマンションの高層階にある、明るく開放感あふれるロケーションも魅力です。

「25ans」では人生を豊かにする幸せのお教室として紹介されており、パリ在住の料理研究家パスカル・アルマニ氏や、有名シェフ・アーティストとのコラボイベントも多数開催。
小川薫の親しみやすい人柄とアナウンサーとして培った企画力が支持を得ています。

ジャンル:

家庭料理、日本料理、イタリアン、フレンチ、中華、エスニック、ワイン、おもてなし、紅茶、テーブルコーディネート、ナプキンワーク

サロン特長:

初心者歓迎、平日開催、夜間開催、土日開催、お友達同士歓迎、体験教室あり、予約制、各種イベントあり、駅近(徒歩10分以内)、お酒の提供あり

所在地:

大阪府大阪市西区(心斎橋・四ツ橋駅から数分)

ホームページ、ブログ:

http://ameblo.jp/salondeclover

レッスン情報:

イタリアン・中華・和食など毎月テーマを決め、手軽で華やか&美味しいおもてなし料理をレッスンしています。お料理に合わせてテーブルコーディーネートや、お花もご提案させて頂いていますのでトータルでおもてなしを学ぶことができます。

平日昼11時~、平日夜18:30~、土曜クラスと月に約30回レッスンを開催。随時、体験レッスンも受け付けています。

マイサロンはこちら

レシピ

プリプリ海老シュウマイ

材料
(4人分)
・海老(ブラックタイガー)8尾
・シュウマイの皮8枚
・レタス2枚
<具>海老75g(正味)、・豚ミンチ75g
<A>白菜30g、にんじん30g、玉ねぎ30g、長ネギ5センチ
<B>卵白30g、中華スープ(顆粒)小さじ1、酒小さじ1、ごま油小さじ1、しょうが(すりおろし)小さじ1/2、塩少々
<タレ>しょうゆ大さじ2、黒酢大さじ1
作り方

  1. 海老は殻をむき、分量外の塩と酒でもみ水で洗い水気をとっておく
  2. <具>の海老も 1. の処理をし、粗みじんする
  3. <A>をすべてみじん切りにし、分量外の塩少々をふり10分ほどおき、水気をしぼる
  4. 2. の海老と 3. の<A>と<B>をよく練り混ぜる
  5. 1. の海老の上に 4. をのせ、シュウマイの皮で包む
  6. レタスを敷いたセイロにのせて、10分蒸す
  7. タレの材料を混ぜ合わせ、お好みでからしを添える