“家庭で再現できる”本格スイーツ教室

『洋菓子教室トロワ・スール』主宰 木村幸子さん

インタビュー連載 第1回

今月のサロネーゼは、大阪と東京・南青山で『洋菓子教室トロワ・スール』を主宰する木村幸子さん。ヨーロッパの伝統菓子から、最新のモダンなアントルメまで幅広く学べるレッスンは大人気。丁寧な指導も評判です。今回は、大阪教室のレッスンの模様とインタビューを4回にわたりご紹介します。
第1回目は教室の紹介とレッスンレポート前半です。

掲載日:2011/10/31(月)

木村幸子さん

木村幸子さん

  • プロフィール
  • サロン情報
  • レシピ

レベルに合わせて学べるレッスン


大阪・近鉄上本町駅から徒歩1分弱にある『洋菓子教室トロワ・スール』。
関西の各方面からもアクセスが良く、交通至便です。

ベルチャイムを鳴らすと、「どうぞ~」と、柔らかな笑顔と声の木村さんが
出迎えてくださいました。

レッスンが行われるのは、白を基調としたモダンなリビングダイニング。
明るいオープンキッチンとガラストップのダイニングテーブルも洗練され
た印象です。


教室写真


明るくスッキリとしたゆったり空間。ここで、多くのスイーツが生み出されていきます。



Room

見取り図



『洋菓子教室トロワ・スール』で学べるのは、ヨーロッパの伝統菓子から最新のモダンなアントルメまで、季節に合わせた幅広い “洋菓子”。初心者~プロを目指す方まで対応できるよう、初級・中級コースの他、より腕を磨ける研究コースやお菓子塾コースなどが用意されており、レベルと希望に合わせて学ぶことができます。

レッスンスタイルは、デモンストレーション+実習。木村さんによるデモのあと、一人一台製作し、お作りいただいた分は持ち帰りができます。もちろんレッスン後は試食があり、木村さんが製作したお菓子を頂きプロの味を確認できるシステムです。


夢が膨らむレッスン


レッスン30分前に伺ったときには、製菓道具が人数分用意され、アシスタントさんがキッチンでキビキビと準備を進めていらっしゃいました。アシスタントさんは、実は元々生徒さんだったそう。木村さんのお菓子に魅了されて学び続け、そして月に数回アシスタントとして活動していらっしゃいます。他にも、同じように生徒さんからステップアップしたアシスタントさんがいるそう。
息のあったメンバーで、楽しくもしっかり学べるレッスンが展開されています。


美しい作品の数々に「こんなスイーツが自宅で作れるようになるなんて!」と感動



伺ったこの日のレッスンは中級コースで、学ぶのは「シャルロットマロン」。5名の生徒さんが参加されます。

レッスン開始時間が近づき、いらした生徒さんからエプロンをつけてソファーで歓談しながら全員揃うのを待ちます。テーブルには、これまでのレッスンやイベント、また、生徒さんの作品などの写真集がおかれ、こういった待ち時間に自由に見ることができるちょっと嬉しいサービスも。

お教室の取り組みや、レッスンのバラエティを知ることができると同時に、「こんなお菓子を作れるようになりたい!」「今度はこれを習ってみたい」と夢が膨らみます。


丁寧な説明でしっかり理解


「こんにちはー。それでは始めます。よろしくお願いします!」

開始時間になり、生徒さんが着席するとまずはレシピの詳細な説明、そして木村さんによるデモンストレーションが始まります。まずはビスキュイとソース・アングレーズの製作からです。

木村さんの説明は非常に丁寧でロジカル。”どうしてこの作業が必要なのか””どういう状態がベストなのか””失敗しやすいポイント”など、「知りたい!」と思うことを噛み砕いてとてもわかりやすく説明していかれます。


大事なポイントでは手を止め、確認してもらいます。生徒さんはメモや写真撮影も



さらに実習のときの注意点や細かなコツなども伝え、全員の理解度を確認しながら説明とデモは進行。できたビスキュイの生地を絞り袋に入れて天板に絞り、オーブンへ。そして、鍋に牛乳等を入れ、ソース・アングレーズも作り冷やしておきます。

「ここまでで何か質問はありませんか?大丈夫でしょうか~。では、まずは二人一組でここまで作ってみましょう!」

一気に最後まで伝えるのではなく、混乱しないよう工程を分けてデモと実習を行っていきます。
さぁ、今度は生徒さんの実習スタート!

続きは次回レッスンレポート後半でご紹介します。どうぞお楽しみに。

Q&A人気サロネーゼに7の質問 Question

サロン/教室名の由来は?
trois-soeurs とは3姉妹の意味で、私が3姉妹ということと、ヘーゼルナッツを使用したチョコレートボンボンの名前に使用されることもあるのでそこから名前をつけました。
オープンまでの準備期間はどれくらい?
教室開業を決めてから4~5ヶ月位
サロン/教室を主宰してよかったことは?
私のお菓子を楽しみにしてくれている沢山の生徒さんと出会えた事
これまで運営で困ったことは?
大阪と東京の2ケ所で私に求められていることが違う為、2教室それぞれの運営方法を見つける事が大変でした
レッスン中、心がけていることは?
難しい作業でも、楽しく取り組んでいただけるような雰囲気作り
最近気になっているキッチングッズはありますか?
私とエプロン会社アームボーテとのコラボで、もうすぐ商品化されるエプロン
初めて通ってみたい方へ、申込方法や持参するものは?
申し込み方法はe-mailにて。持参物は実習クラスはエプロン、ハンドタオル、筆記用具、カメラです。

インタビュー・テキスト=窪田みゆき
写真=伊藤裕司

プロフィール

木村 幸子さん
『洋菓子教室トロワ・スール』主宰

洋菓子研究家。
ル コルドンブルー パティスリーディプロム取得後、フランス国立製菓学校に留学。
MOF(フランス最優秀職人)パティシエなどフランスの職人に混ざり、数多くのスタージュを経験。

現在、南青山/大阪上本町にて洋菓子教室トロワ・スールを主宰。
霧島ロイヤルホテルにて木村幸子のデザート教室を開講。
教室活動以外に、企業、雑誌などへのレシピ提案、教室主催でのフランス製菓研修旅行の企画催行、都内にて期間限定カフェなど、幅広く活動している。

サロン情報

洋菓子教室トロワ・スール

家庭レベルではなく、フランス直伝の本格スイーツと同じものをご家庭で作る事が出来ます。
食べていただいた誰にも「本当に作ったの?」と驚きと新しい幸せを感じていただけるよう、レッスンでは良質な素材を使用しヨーロッパの伝統菓子から最新のモダンなアントルメまで様々なお菓子をご紹介しています。

ジャンル:

フレンチ、洋菓子、紅茶

サロン特長:

初心者歓迎、平日開催、夜間開催、土日開催、お友達同士歓迎、男性参加OK、少人数制(6人以下)、体験教室あり、予約制、各種イベントあり、駅近(徒歩10分以内)

所在地:

東京都港区南青山  /  大阪市天王寺区

ホームページ、ブログ:

http://www012.upp.so-net.ne.jp/Torowa-sure/main.html

レッスン情報:

■実習レッスン…最大4名(大阪上本町教室は最大7名)
講師のデモンストレーション後、実際に1人一台製作し、お持ち帰り頂けます。レッスン後は講師作製のお菓子で、試食をお楽しみ下さいませ。

■デモンストレーションレッスン…毎月第2土曜 午前10時半/午後1時半
講師のデモンストレーションレッスン+試食のクラスです。実習レッスンが不安な方、経験者の方でレシピを増やされたい方などにご好評いただいております。

■男性向けクラス(初心者対象)…講師のデモンストレーションの後、男性のみでの実習レッスンということで、女性の目をきにせず、のんびりペースで受講出来、しっかり身につくと好評をいただいております。レッスン後は講師作製のお菓子で試食をお楽しみいただきます。(作製したお菓子はお持ち帰り頂きます)

※上記全て予約制となっております
※デモンストレーションレッスン、男性向けレッスンは上本町教室では行っておりません。

主宰者からメッセージ:

初心者でもご家庭で本格的なお菓子に挑戦していただけるよう実習レッスンは少人数制となっております。実習レッスンにつきましては、メニュー、日程などお問い合わせいただけると幸いです。

全てのレッスンが和気藹々とした雰囲気の中、楽しく本格的なお菓子が学べると好評をいただいております。是非一度、レッスンに御参加いただけると嬉しいです。
どうぞよろしく御願い申し上げます。

マイサロンはこちら

レシピ

黒糖蜜と杏のタルトレット

サクサクの軽いタルト生地と杏を使用して、黒糖蜜のやさしい風味を強調しました 見た目のボリュームとは裏腹に、いくつでも食べられる美味しさです

材料
★4人分
・ 薄力粉 100g
・ 塩 少々
・ 無塩バター 50g
・ 水 25g
・ アーモンドプードル 25g
・ 黒糖蜜(沖縄産) 36g
・ 生クリーム 40g
・ 卵 40g
・ 卵黄 適量
・ 生クリーム 200g
・ グラニュー糖 15g
・ セミドライアプリコット 1個
・ チョコレート飾り 適量
作り方
  1. 薄力粉をふるい、塩を加え、その中でバターを細かくカットする
  2. 1. に水を加えてまとめ、休ませる
  3. 2. を薄く伸ばし、8cmタルトレット型に生地を敷き込む
  4. 約170度のオーブンで12分焼成
  5. 内側に卵黄を塗り、乾く程度にオーブンに入れる
  6. 卵・卵黄・黒糖蜜・生クリーム(40g)・アーモンドプードルを混ぜる
  7. アプリコットを細かくカットして6と合わせて、5に流す
  8. 約170度オーブンで20分程度焼成
  9. 生クリームとグラニュー糖を泡立て、8. に絞り、好みのチョコレート飾りをのせる