予約の取れない自宅教室
~人気レッスンの魅力をレポート~

「maison de Sunao」主宰 ルフランソワ 荒井 さん

ルフランソワ 荒井さん

今月ご紹介するのは、東京都渋谷区でルフランソワ荒井淑さんが主宰する「maison de Sunao」。
フランス人がお家で食べている家庭料理や、フランスの地方料理を作りやすく紹介している少人数制のお料理教室です。

今回は2021年9月に訪問したレッスンの模様と、インタビューを4回にわたり紹介します。 第2回目は、レッスンレポート後半です。

掲載日:2021/11/15(月)

身体で覚える実習型のレッスン

「やってみたい!」と男性も積極的にレッスンに参加されていました

この日の一品目のじゃがいものニョッキは、粉とじゃがいもを練り、南フランスでよく使われるバジルのソース(ピストゥ)で仕上げる一品。

テーブルいっぱいを使って、みんなでパスタ作りを体験しました。
フランスではよく食べるパスタだそうですが、日本ではなかなか手作りする方は少ないですよね。 みなさんワイワイ楽しそうに作られていました。

二品目のポークパネは、小麦粉とパン粉をつけた豚肉を揚げ焼きにし、数種類の色鮮やかな野菜とミルフィーユのように重ねていくお料理。

工程の途中では、料理の大事なポイントをしっかり教えてくれます。
他にも季節が変わった時はこんな食材がおススメなど、1つのレシピから沢山のアレンジ方法を教えてもらえます。

三品目はフランスでは定番のデザートだそうで、ウフ(卵)をネージュ(雪)のように見立てた、フワフワのデザート。
荒井さんがフレンチのお店で最初に作ったデザートメニューだった話など、厨房やお店での経験を交えた話は、情景が浮かぶようで楽しい時間でした。

どのメニューもしっかり生徒さんが手を動かし仕上げていく実習型のレッスンです。

自宅に招かれたような試食時間

荒井さんが最後の盛り付けを仕上げて、テーブルを整えて、いよいよ試食の時間です。

色も鮮やかな食欲をそそられるお料理たち

ニョッキは今回のソースピストゥはもちろん、
ゴルゴンゾーラのクリームソースも荒井さんが用意してくれました。

ポークパネはレストランの一品のような、美しい盛り付け。
デザートのほかパンやチーズなどのおつまみなども一緒に、テーブルいっぱいに料理が運ばれました。

毎回試食では習ったお料理だけでなく、荒井さんのホームパーティーに招かれたような、お料理とワインを楽しめるそう。生徒さんにとても人気です。

いまはコロナ対策のため試食中はお話を控えめにされていますが、
以前、生徒さんでもあるヴァイオリン奏者の方が、お食事中に演奏してくださり、音楽とお料理をみなさんで楽しまれた素敵なエピソードも伺いました。

荒井さんの教室は、ご経験からくるしっかりとしたフランス料理の技術をわかりやすく伝えてくれるのはもちろん、先生と生徒さんみんなでワイワイとお話しながら、料理をする楽しさを感じさせてくれるところが、とても魅力的だと感じました。

素敵なレッスンをありがとうございました。

=======================================================

次回は教室を開いたきっかけなど、インタビュー前半をお届けします。

(次回へつづく)
テキスト=佐藤恵美
写真=原田圭介

人気教室の先生へ質問!

・サロン/教室名の由来は?

A.「maison」はフランス語で家や家庭という意味。私の家に遊びに来るような楽しい気持ちで来てほしいという意味と、家庭の 食事の温かさを伝えたい、人と人とが出会う家でありたいという気持ちから名付けました。

・どんな生徒さんが多いですか?

A.30~40代の一人暮らし男女、お料理好きな方、海外がお好きな方、ご夫婦で参加の方々が多いです。

・レッスン情報(開催頻度やクラス内容、料金、定員など)

A. フレンチ家庭料理教室、親子クッキング、プライベートデザート教室、バースデーレッスンを開講しています。(現在、コロナ禍で不定期開催)
レッスンフィーは5000円~7000円、基本的に3品ご紹介しています。現在は1回のレッスン5名以下で開催しています。

・メニューはどのように決めていますか?

A.季節の食材やフランスの食材を使い、フランスに行ったような気分になるメニューと、お家で簡単にできるメニューを組み合わせています。

・ほかのサロン/教室にはない、強みや特徴はどのようなことですか?

A. レシピが写真付きであること、フランスの食材に触れていただき、フランスのリアルな食文化や家庭での実体験に触れることができること、難しそうだと思っていた料理が簡単に家で作れるようになることだと思います。
食材を使って健康に気を配ることができるようになる、交通の便が良い、生徒様同士で交流ができる気軽な雰囲気もよいと言っていただいております。

・レッスン中、心がけていることは?

A. 生徒様が作業に対して、雰囲気に対して疲れていないか気配りし、
スムーズに流すためのタイムスケジュールや、自己満足になっていないか生徒様が気になるところをキャッチできているか、楽しい空気感を出せているか、をいつも心がけています。

・初めて通ってみたい方へ、申込方法や持参するものは?

A. 現在新規のお生徒様の募集は見合わせています。キャンセル待ちは各回ごとにHPより受付しています。
お申し込みはHP記載のメール、SNSのメールからお願いします。
持ち物は、ハンドタオル、エプロン、筆記用具、こちらでも用意してますがスリッパです。
HP: maison de Sunao (maisondesunao-french.com)
instagram: @maisondesunao

プロフィール

学生時代に、フランスへワイン畑の葡萄摘みのアルバイトへ行ったときに出会った料理がきっかけでフランス料理の道へ。
大阪、東京のフレンチレストランやパティスリー、カフェにて経験を積み、フランスポールボキューズリヨン校研修を経てシェフなどを経験。
2017年結婚・出産を経て2018年~フレンチ家庭料理教室maison.de.Sunao主宰。
フランス人の夫と娘とともに、毎年フランスの様々な地域を訪れ、その土地の食材で料理したり、郷土料理を教わり、料理教室のエッセンスに。
その他、ケータリングやフードイベント、出張料理、レシピ提供、オーダーメイドクッキー製作など活動中。

サロン情報

maison de Sunao

おもてなしにもなる、フランス人が実際にお家で食べているお味を、日本で作りやいようご紹介しています。
フランスのお話をしながらの、アットホームな少人数制の教室です。
ほんの少しのひと手間が、心と体を豊かに育みます。
楽しくご一緒に調理することで、手作りする喜びを知り、料理や菓子を自然に学べます。

ジャンル:

家庭料理
フレンチ
食育
パン
洋菓子
アイシングクッキー
おもてなし

サロン特長:

初心者歓迎
平日開催
土日開催
お友達同士歓迎
子連れOK
男性参加OK
少人数制(6人以下)
子供教室あり
予約制
各種イベントあり
駅近(徒歩10分以内)
お酒の提供あり

所在地:

東京都 渋谷区笹塚

ホームページ

ブログ

  • サロネーゼ会員募集中
  • サロネーゼ会員の書籍紹介
  • 自宅教室開講までのノウハウ
  • キッチンリフォームを特別価格でご提案
  • バーミックス特別レシピ
  • CENTRO
  • cam2011_miyakonojo
  • cam1806foodart
  • cam1912americanpork
  • cam2008alcenero_rp
  • cam2009alcenero_rp
  • cam2010nippun
  • cam2011alcenero_rp
  • cam2106almonds
  • cam2103alcenero_rp
  • cam2107alcenero_rp
  • cam2109alcenero
  • cam2111americanbeef