ピックアップ教室

畑 たみこ(はた たみこ)さん 第3回

畑たみこ さん

「HappySmileクッキング」

畑 たみこ(はた たみこ)
【大阪府河内長野市】
FOOD ART

食のアート分野「FOOD ART」教室ピックアップ。今回はパン教室からはじまり、フードアート資格取得で集客も教室スタイルも大きく進化させた畑たみこ先生。毎年海外で「デコ巻き寿司レッスン」を実施したり、地元アピール映画に「デコ巻き寿司の先生」役で出演、「ふるさと納税返礼品」にレッスンチケットを採用していただくなど料理教室の枠を飛び越えた、畑先生の八面六臂の活動をご紹介します。

畑たみこさん写真8畑たみこさん写真9畑たみこさん写真9畑たみこさん写真9

8.こちらのお仕事に興味を持ったきっかけを教えてください

乳幼児教育の現場に34年。食育を実践してきたことがベースにあります。
パン教室は「教えて!」って友達のリクエストで 「教室ごっこ」的な感じがきっかけ。
パン教室が軌道に乗った頃 たまたまテレビで「デコ巻き寿司」を見て興味をもち、習える教室を探しました。最初は へたくそで 教室開講できるとは思えない出来栄えでした。パンとお寿司って 組み合わせはどうなの?って 当時は悩みましたが 今は「フードアート」「食育」トータルで魅力を楽しんでいます。

9.資格を取得して良かったと思うことはなんでしょうか?

技術・知識・本気の証明書として 協会の資格を持つことで自信がもて、生徒様、企業様や海外で活動するときの自分の信頼の証になります。フードアート資格をとりいれるときは少し迷いましたが、ほかの料理教室との違いが打ち出せるので目に留まりやすくなり、その分野の生徒数が増えました。協会の資格が取れる魅力も大きいようです。従来の手作りパン教室のほうにも生徒さんの目が向き、レッスン内容も評価されるようになりました。相乗効果で、全ての分野に活気が生まれ熱心に学びたい!という生徒さまが増えました。
特に特別な設備が必要ない「デコ巻きずし」は 法人様からの仕事依頼がきたり、メデイア取材を受けたり、地域貢献に活かしやすく、地元で注目されるようになりました。
フードアートは、完成した時の喜びはひとしおで、作品だけでなく、生徒様の笑顔をSNSなどで発信することで誰にでも楽しさが伝わります。それも注目度をアップできる要素だと思います。取り入れる時は、迷いがありましたが『食を楽しむ』というコンセプトがはっきりしていたので 集客につながり、私自身 仕事が楽しくなり、協会に所属することで定期的なスキルアップもできるのでよかったです。

10.講座やお仕事の内容や運営の工夫があれば教えてください

技術面では 常に向上心、好奇心を持って研鑽しています。
集客面では 主にSNS発信のお勉強を大切に位置づけています。
異業種の起業仲間と学び合い、刺激、応援をもらっています。

11.講座やお仕事でよく使う愛用品を教えてください(お道具など)

畑たみこさん写真10

染めの手ぬぐい
レッスン時の身だしなみは大切です。衛生面とおしゃれを兼ねてお気に入りの手ぬぐいをヘアーバンドにしています。大阪府堺市「にじゆら」さんの手ぬぐいは色・柄が美しく有名です。

畑たみこさん写真11

食パン型
たくさん所有しています。アートぱんレッスンではラウンド型が人気。丸い食パンは癒されます。

畑たみこさん写真12

漆器
デコ巻きずしの盛り付けに使います。和の色合いが お寿司をより華やかに演出してくれます。

 

  • cam2009cashback
  • サロネーゼ会員募集中
  • サロネーゼ会員の書籍紹介
  • 自宅教室開講までのノウハウ
  • キッチンリフォームを特別価格でご提案
  • バーミックス特別レシピ
  • CENTRO
  • cam2010_miyakonojo
  • cam1806foodart
  • cam1806foodart
  • cam1912americanpork
  • cam2008alcenero_rp
  • cam2008alcenero
  • cam2009alcenero_rp
  • cam2010nippun