予約の取れない自宅教室
~人気レッスンの魅力をレポート~

「Salon de 食&花」主宰 松浦 郁子さん

松浦 郁子さん

今月ご紹介するのは、神奈川県鎌倉市で松浦郁子さんが主宰する、「Salon de 食&花」。 『手短に作る美味・豪華おもてなし料理』をコンセプトに、毎日の食事を手軽に素敵にするおもてなし料理や、テーブルコーディネートを教えていらっしゃいます。
今回は2020年3月に訪問した男子クラスレッスンの模様と、インタビューを4回にわたり紹介します。
第2回目は、レッスンレポート後半です。

掲載日:2020/4/13(月)

手際が良い!男性のみの料理レッスン

レシピの説明が終わり、早速実習のスタートです。
優しいオリーブ色のアイランドキッチンを囲んで、今日のお料理の下ごしらえがどんどん進んでいきます。

松浦さんは、料理は手を動かすことによって身につくと考えていらっしゃり、基本は実習方式。切り方の大事なポイントや見極めなど、デモンストレーションとともにわかりやすく説明されるので、しっかり身に付きます。

今回は何度か通われている方が多かったので、松浦さんの指示のもと、各々が今何をするべきか周りを見て判断しながら、どんどん準備が進んでいきました。
みなさんお料理慣れしていらして、素晴らしい!

お料理が久しぶりの方や新婚で家事を手伝いたい方など、キッチンを囲んでにぎやかに楽しい時間

今回、はじめて参加された生徒さんもいらっしゃいましたが、レッスン後に、
「なんでも気軽に聞ける雰囲気で、楽しかった!」と教えてくださいました。

松浦さんはいつも、生徒さんが笑顔でいらっしゃるか、一人でもつまらなそうな人は居ないかと心配りをしながらレッスンをしているそうです。
先生のお人柄はもちろん、一方通行ではない質問しやすい雰囲気づくりも、人気教室の魅力の一つですね。

日常的なメニューもレストランのようなおもてなし料理に

松浦さんはメニューを考える際に、旬の食材を取り入れ、日々の何気ないメニューでも、ひと手間やひと工夫によってレストランに負けない一品に仕上げられることを心掛けているそうです。

今回のメニューではソース使いが印象的で、特にフリッタータのソースに感激しました。
フリッタータはパルミジャーノチーズの優しい塩気でそのまま食べても美味しいですし、
一般的にはよくトマト系かクリーム系のソースを添えますが、今回はバルサミコ酢を使ったオイル系のソース。

ソースを添えることでワンランク上の一品に。 こういうソースも合うんだ!と驚きと新しい発見があり、早速家で作ってみたくなりました。 いえ、もはや定番にしたい美味しさです。

一つ一つは日常的で簡単なメニューでも、ソースや使う調味料の一工夫が、グッとおしゃれな味に変身。

どのお料理もセンスが際立っていて、松浦さんならではの工夫がいっぱい。 美味しい食事が好きな人や、食に興味が深い生徒さんが多いとのこと、納得です。

他に、無水鍋で調理したホタテ貝とカブのロールキャベツも印象的でした。
味の決め手はマルサラ酒。 白ワインで仕上げてしまいそうなところ、ソースにマルサラ酒を使う先生のセンスが秀逸。 これだけでメイン料理になるとってもおしゃれな一品でした。

アメリカンビーフで作るローストビーフは、低温のオーブンでじっくりと加熱していきます。 ローストビーフはイベントの日に作るとテーブルが華やかになりますし、お持たせにも便利なので、美味しい作り方を1度はきちんと習いたいメニューですよね。

最後に、イタリアのオーガニックブランドアルチェネロのパスタを使ったクリームパスタ。
この全粒粉とひよこ豆が入ったしっかりとした味のあるパスタには、クリームを絡めて、温泉卵とマスカルポーネクリーム、そしてたっぷりのパルミジャーノチーズを絡めながらいただきます。

オーブンで乾燥させたドライエリンギやきんかんを散らすと、色も鮮やかでリストランテのような一品の完成です。

生徒さんの一体感を感じたレッスン

素敵なテーブルコーディネートに美味しい料理 先生も一緒に食事を楽しむなごやかな時間

今回はいつもより少し品数が多かったようですが、作業を重ねるにつれてどんどんみなさんの手際もよくなり、最後はチームのような一体感を感じました。 お料理上手な男性って素敵ですね。

お待ちかねの試食の時間です。
先日生徒さんと松浦さんが山形に旅行に行かれた際にご購入された山形のスパークリングワインで乾杯でした。
みんなで美味しいものを作り上げて、笑顔で乾杯する。至福の時間ですね。

今回のメニューを取材スタッフも試食させていただきました!
リストランテのようや華やかで美味しいお料理に、楽しい時間をお裾分けしていただいたようでした。
ありがとうございました。

=======================================================

次回はサロンを開いたきっかけなど、レッスン後に伺ったインタビュー前半をお届けします。どうぞお楽しみに!

(次回へつづく)
インタビュー=窪田みゆき
テキスト=佐藤恵美
写真=原田圭介

人気サロネーゼに7つの質問

Q1. サロン/教室の特徴、コンセプトは?

A. 「手短に作る美味・豪華なおもてなし料理」。皆さんに、会話とともに美味しい食事とお酒を楽しんでいただきたい、また、食べるだけでなく料理をする時間も楽しんでいただきたいと思っています。

Q2. どんな生徒さんが多いですか?

A.美味しい食事が大好き、お家で簡単なテーブルコーディネートをしてみたい、食に興味が深い、料理が楽しい・・という生徒さんが多いです。

Q3. レッスン情報(開催頻度やクラス内容、料金、定員など)

A.毎月平均8クラス開催
①料理&簡単なテーブルコーディネートクラス 料金6000円 定員5人
②隔月 テーブルコーディネート&花
③1年4回 テーブルコーディネート&一品料理 料金6500円  定員3名

Q4. メニューはどのように決めていますか?

A. 和・洋・中、それぞれレストランに行き研究したり、美味しいと確信した書籍を参考に、食&花風にアレンジを重ね、生み出しています。季節の旬の物を使うことを大切にしています。

Q5. サロン/教室を主宰してよかったことは?

A. 信じられないほど多くの生徒さんとのご縁に始まり、素敵な料理関係、テーブル関係の企業さまとのご縁、料理家、テーブルコーディネターとの繋がりもいただけたこと。また、それらを通じて自身の向上意欲をいただいていることに感謝をしています。

Q6. レッスン中、心がけていることは?

A. 独りでもつまらなそうな人は居ないか?、皆様のご希望に沿っているか?といつも気を配るようにしています。もちろん、衛生面も配慮しています。

Q7. 初めて通ってみたい方へ、申込方法や持参するものは?

A. HP: http://www.shokuhana.jp/をご覧くださいませ。こちらに詳細がありお問い合わせいただけます。

プロフィール

二児の母、パイロットの夫と結婚全日空(株)退社後、倉田栄養学園修了後助手を携わる親子二代料理家。
2011年 サロン ド 食&花をスタート 、現在CookpadDoクオリティーオーナー、クスパ料理サイト、クスパインスタアンバサダ
現在約50名強の生徒。
NPO法人食空間コーディネート協会正会員。食空間コーディネー ター、フラワーコーディネータ.花生活空間 和のテーブルセッティング、プロフェッショナル修了、飯田深雪愛弟子 古賀文子先生に師事。川上文代先生に師事。
山本三千子先生 室礼基礎科修了。

サロン情報

Salon de 食&花

それぞれの方の為の教室を目指す。手軽に豪華、美味しい料理を展開。テーブルコーディネート、フラワーアレンジメントを身近に感じていただきたい。笑顔と笑いの絶えない教室です。

ジャンル:

家庭料理、日本料理、イタリアン、フレンチ、中華、スペイン、テーブルコーディネート、ナプキンワーク、フラワーコーディネート、マナー

サロン特長:

初心者歓迎、平日開催、土日開催、お友達同士歓迎、男性参加OK、少人数制(6人以下)、予約制、駐車場あり、駅近(徒歩10分以内)

所在地:

神奈川県鎌倉市津西1-15-14

ホームページ

ブログ

  • サロネーゼ会員募集中
  • サロネーゼ会員の書籍紹介
  • 自宅教室開講までのノウハウ
  • キッチンリフォームを特別価格でご提案
  • バーミックス特別レシピ
  • CENTRO
  • cam1809alcenero
  • cam1805alcenero_rp
  • cam1809alcenero
  • cam1809alcenero
  • cam1806foodart
  • cam1912americanpork
  • cam2003alcenero
  • cam2006alcenero