ピックアップ教室

新倉 暁子(にいくら あきこ)さん 第2回

片付け収納インテリアサポート LAGOM 北欧×片付け

新倉 暁子(にいくら あきこ)
【東京都中央区】
整理収納

今月の「整理収納」のコーナーでご紹介するのは、「片付け収納インテリアサポート LAGOM 北欧×片付け」代表の新倉暁子さん。
元々片付けが苦手だった新倉さん、出産を機に快適な住空間について考えるようになり整理収納アドバイザーの資格を取得されます。ご自身の経験に基づいた新倉さんの整理収納は、どんな暮らしをしたいのか考え、自分基準でモノとコトの整理整頓ができるようになると大好評! 片付け収納講座以外にも暮らしを整える観点で北欧のライフスタイルをお伝えする講座も開催されています。
暮らしが豊かになる新倉さんの整理収納を4週にわたってご紹介いたします。

4.どんな生徒・参加者が多いですか?

30代〜40代の子育て世代の方の参加が多いです。しかし中学生から定年後暮らしを整えたい方まで幅広い層に受講いただいております。

また働きながら育児もし、家も整えたい、時間の整理整頓も重要だと考えているお客様も多いです。
最近ではDINKS層も増えてきました。働きながら子育てすることを今からシミュレーションして、できるところから取り掛かるという考えだと思います。

5.どんな講座が人気ですか?

具体的に片付け収納が学べる講座が人気です。
マンツーマンで行う片付け収納レッスンやインテリアまでご相談できる片付け収納相談のコースは人気があります。

6.講座やお仕事で心がけていることはどんなことでしょう?

なるべく、おしゃべりする時間(シェアタイム)を設けるようにしています。黙って話を聞くだけだと飽きてきますし、話すことは脳の活性化にも役立ちます。お隣同士、前後での会話は、自分とは違う価値観があることを知る機会にもなります。
また、ご参加くださる方の年齢や生活に関連した例え話を盛り込むようにしています。あえて失敗談を交えて、上から目線ではなく同じステージに立つことを心掛けています。

7.講座やお仕事の楽しいエピソードを教えてください!

お客様は毎日遅くまで働くフルタイムのワーキングマザーでした。
とにかく時間がなくてモノが散乱する片付けしたいとのご依頼。
モノの片付け収納でヒアリングを重ね、作業を進めるうちにモノが片付いていくだけでなく、お客様自身が「時間の使い方」「家族との距離感」「働き方」など大きな気づきがありました。その半年後にはお客様から、自分の暮らしについて改めて深く考える時間を作りました、今はやりたかったことに挑戦すべく転職のため勉強を始めたとメッセージいただきました。
きっかけはモノの片付けでしたが、「どんな暮らしをしたいのか?」ということを考えることで片付け収納の作業は人生も俯瞰できます。
巷にはいろんな思考の整理ツールがありますが、手と脳を動かしながら目で見て実感できるのが片付け収納のメリットだと思っています。お客様が生き生き活動される姿が私が最も嬉しく感じる瞬間です。

  • サロネーゼ会員募集中
  • サロネーゼ会員の書籍紹介
  • 自宅教室開講までのノウハウ
  • キッチンリフォームを特別価格でご提案
  • バーミックス特別レシピ
  • CENTRO
  • cam2010_miyakonojo
  • cam1806foodart
  • cam1912americanpork
  • cam2008alcenero_rp
  • cam2009alcenero_rp
  • cam2010nippun
  • cam2011alcenero_rp
  • cam2103alcenero