予約の取れない自宅教室
~人気レッスンの魅力をレポート~

「IMAGINER」主宰 伊藤くみさん

伊藤くみ さん

今月のサロネーゼは、東京・渋谷区恵比寿で、家庭で気軽にできるフランス料理教室「IMAGINER(イマジネ)」を運営する伊藤くみさんです。栄養士のお母さまの影響もあり、幼い頃から食に興味を持っていた伊藤さん。会社員、調理師学校、フランス料理店を経て独立し主宰したお教室は21年目。これまで受講したのべ人数は1万人を超えます。
長い間生徒さんに支持されてきたレッスンは、楽しい雰囲気の中しっかり学べると大好評。そこには常に、”生徒さん目線”で取り組む伊藤さんの様々な工夫がありました。
今回は、2019年3月に開催されたレッスンの模様と伊藤さんのインタビューを4回に渡りお届けします。第2回目はレッスンレポート後半です。

掲載日:2019/04/8(月)

1つのレシピにポイントがたくさん


デザートをオーブンに入れ、フォカッチャの生地を作って休ませたら、今日のレシピの詳細な説明です。

最初の説明は、「豚肉のラグーパスタ ローズマリー風味」。
パスタは、タイアップ中のアルチェネロ「有機全粒粉ペンネ」を使います。初めて知る生徒さんもいらっしゃり、商品の作られた背景や魅力、使い方のポイントをしっかり伝えていかれます。

豚肉は肩ロースかバラ肉を粗みじんに切って使います。

「ラグーとは、煮込みという意味です。本来は、大きな塊肉を煮てホロホロと崩れるように作るのですが、家庭で作りやすいようにレシピを考えました。なるべくその食感に近づけるように工夫しています。
今回は、扱いやすいように生姜焼き用に売られている豚肉を粗みじんにします。ひき肉よりも肉感がありボリュームがある食感ですよ」

本来の作り方、そして家庭でのアレンジ法や食材の選び方、お店のような味にできるコツなど、1つのレシピにたっぷりポイントが詰まっています。


伊藤くみ先生1

わかりやすい説明と楽しい会話でリズムよく進むレッスン。盛り付けアイデアも毎回学べます。



「では次にフムスです。今回は春野菜のディップとして召し上がっていただく提案です。盛り付けもひと工夫しましょう。
さて、この野菜はなんでしょう?ハイ、うるいです。うるいは・・・」

出始めた春野菜を、フムスをディップにしていただくおしゃれな提案。春野菜それぞれの説明が終わったら、目の前でフードプロセッサーを使って作っていかれます。
完成したら早速味見を。皆さんから「おいしい!」と声があがります。

「一皿盛り付けますね。このあと皆さんで自由に盛り付けてみてください。このように真ん中にフムスを置いてスプーンの背でのばしていきます。まわりに春野菜をのせていきます」

「わーおしゃれ!春を感じます」
「家族が喜びそう!」

生徒さんの歓声に、家族の方にも笑顔が広がることを想像して、伊藤さんも嬉しそう。
お料理に加えて、より美味しく見せるおしゃれな盛り付け方を毎回学べるのも魅力です。

リズムよく進む実習


レッスンを拝見していると、味見の機会がとても多く、その都度味を覚えていくことができます。
また、伊藤さんのお話が楽しくて、3分に1回は爆笑が起きるほど。ずっと明るい雰囲気に包まれています。
こうした点も、生徒さんが長年通い続ける魅力のようです。

さて、続いては、やりいかのファルシです。ニンニクやオリーブ、ローズマリーなどをみじん切りにしてパン粉とまぜ、小やりいかに詰めていきます。
どんな味なんだろう?と皆さんも興味津々。

そして、ちょうど1時間たって発酵したフォカッチャを成形してローズマリーをさしていきます。
伊藤さんがお手本を見せたら、それぞれに分かれて生徒さんに実習してもらいます。


伊藤くみ先生2

デモンストレーションも含めた丁寧な説明のあとの実習なので、皆さんの段取りもスムーズ。



ふと目に留まったのが、伊藤さんの足元。なんとスニーカー!

「以前は普通にスリッパをはいていたのですが、レッスンのときはスニーカーにしました。動きやすくてラクなんです」

なるほど、料理家のお仕事は普段から立ち仕事が多く、さらにレッスンのときは、準備~片付けまで、かなり動きます。足腰に負担も大きく、以前、「料理家はアスリート」と言った方がいらっしゃいましたが、まさに体力と健康管理が必要なお仕事です。

スニーカーから、レッスンに全力投球する伊藤さんの気合いとプロ意識を感じました。

生徒さんにとってかけがえのない時間


いかの詰め物が終わったら鍋でさっと蒸し煮して完成。フォカッチャはオーブンへ。
ほかのお料理も出来上がり、器に盛っていきます。

「皆さん盛り付け上手ですねー!それぞれ個性もあって素敵です。では写真撮影する方はどうぞー!」

試食の準備が終わり、それぞれ写真を撮って着席する頃にちょうどフォカッチャが焼き上がり、全部が揃うタイミングもお見事。

「お疲れ様でした!今日は風邪予防にもよいといわれているユーカリのお茶をご用意しました。どうぞご試食ください」

「いただきまーす!」


伊藤くみ先生3

お楽しみの試食タイムは、情報交換タイム。お料理はもちろん、様々な話題に花が咲きます。



デザートのガトーフロマージュも焼き上がり、皆さんに確認してもらったあと伊藤さんが切り分けます。

試食の間も伊藤さんはどんどん追加の情報を伝えたり、生徒さんの質問にこたえたり。常にコミュニケーションがあり、先生と生徒さんの距離がとても近いのです。
これもきっと、「ここに通い始めてからお料理が楽しくなった」という生徒さんが多い理由でもあると思います。

生徒さんにお教室に通い続ける魅力をうかがうと、全員の方が「美味しくて家で再現しやすいレシピ」「楽しい雰囲気と先生のお人柄」と教えてくださいました。

20年もお教室が続くには、たくさんの魅力と主宰者の努力が必要ですが、伊藤さんのレッスンには想像以上にその両方が詰まっていました。
お料理が楽しくなり、そして元気になれる時間は、きっと生徒さん方にとってかけがえのない時間になっていることと思います。

通い続けたく理由がたくさんある、素敵なレッスンでした。

次回は、お教室情報と開始のきっかけなどをうかがったインタビュー前半です。
どうぞお楽しみに!

(次回へつづく)

インタビュー・テキスト=窪田みゆき
写真=原田圭介

Q&A人気サロネーゼに7つの質問

サロン/教室名の由来は?
IMAGIENERはフランス語の動詞で、イメージする、モノを感じる、思いめぐらす意味です。
五感を使って、料理を楽しむ場にしたいという願いを込めて付けました。

サロン/教室の特徴、コンセプトは?
「フランスと日本の家庭料理教室」
フランス家庭料理はたくさんの料理の基礎が詰まっています。そして、フランスには生活を楽しむ文化があります。
特別なことではなく、日常をアートのように彩るライフスタイル。このエスプリで、身近な材料で実際に作りやすい料理とセッティングを提案しています。

どんな生徒さんが多いですか?
家族思いで、きちんと料理を作ってあげたいと思う主婦の方(おウチ料理クラス)と、フランス文化、ヨーロッパ文化に明るく、社交的で幅広い年代の方(フランス家庭料理クラス)。共通しているのは、食べることが好きで感度が高く、新しいことにも柔軟でフットワークの軽い方。

レッスン情報(開催頻度やクラス内容、料金、定員など)
①毎日のおウチ料理クラス 
 月間6~7回開催、(定員8名)6,500円
 
(手軽なフランス家庭料理7割+和食+エスニック+お弁当などが3割)
②フランス家庭料理ラス(ディプロマ授与あり)
 月間3回開催(定員8名) 6,500円
 
(フランスの代表的な地方料理のみを、その土地の背景,特産品などを学びながら、調理法、
 調味料なども取り混ぜて、アミューズ、前菜、メイン、デザートまでを実習)
 どちらのクラスも、完全実習型で、実際に作れるようになることが目標です。

レッスン中、心がけていることはどのようなことですか?
生徒様が居心地がよいことです。
メニューがおいしいことは当たり前で、その他の満足感が必要だと思っています。
一人で居ずらい人はいないか?実習で均等に仕事ができているか?実習時間が長すぎないか?わからないところはないか?量が多すぎないか?室温は適切か?などなど、
みんなが快適に心地よく過ごしていただけるよう気にしております。

人気の高いメニューは?
1位カスレ 2位ケーク・サレ 3位ルーロー飯

初めて通ってみたい方へ、申込方法や持参するものは?
HPよりお問い合わせできます

http://itokumi-imaginer.com/contact/contact_form.html

初回の体験レッスン時は、日時を予約し事前振り込みをお願いいたします。
持ち物は、エプロンと筆記用具です。

プロフィール

伊藤くみさん
栄養士の母に育てられ、幼い頃より「食」に興味を持つ。
会社員の時に、旅行をきっかけに料理に傾倒し、改めて服部栄養専門学校にて学ぶ。
1996年同校料理作品展で最優秀賞受賞。
レストラン勤務を経て、1998年より恵比寿で料理教室IMAGINER(イマジネ)を主宰。
「フランス家庭料理クラス」をレッスンで展開する。出産、育児中もレッスンを続け、「おウチごはんクラス」増設。佃クラス、戸越クラス増設。
現在、月10~12回のクラスを開講。
教室主宰20年目で、受講者はのべ10,000名を超えました。

[資格]
日本ソムリエ協会認定ソムリエ・調理師・フードコーディネーター・食育インストラクター・味噌ソムリエ

サロン情報

IMAGINER

食卓から生まれる幸福感をわけあいたくて、料理教室を続けています。
豊かな食卓は、ココロのゆとりと元気の素。
「フランスの家庭料理」と「毎日のおウチ料理」のクラスを運営中。どちらも、素朴なフランスの家庭料理を、美味しさににこだわってご紹介します。
おウチ料理コースは、手軽なメニュー中心で、季節に1回、和食やエスニック料理を織り込んでいます。
どちらも、料理の基礎から、食文化、調理のコツを講習し、実習スタイルですすめます。6~8名程度で、温かみのあるレッスンを心がけています。現在20代~60代の方がご参加されています。
初心者やお一人参加の方も多く、和気あいあい、楽しんでいただいています。

ジャンル:

家庭料理、日本料理、フレンチ、エスニック、和菓子、洋菓子、チーズ、おもてなし、紅茶

サロン特長:

初心者歓迎、平日開催、夜間開催、土日開催、お友達同士歓迎、子連れOK、男性参加OK、体験教室あり、予約制、お酒の提供あり

所在地:

東京・渋谷区恵比寿

ホームページ、ブログ:

http://itokumi-imaginer.com/

プロフィールはこちら

  • サロネーゼ会員募集中
  • サロネーゼ会員の書籍紹介
  • 自宅教室開講までのノウハウ
  • キッチンリフォームを特別価格でご提案
  • バーミックス特別レシピ
  • CENTRO
  • Dreamia TOKYO Shop News
  • cam1809alcenero
  • cam1805alcenero_rp
  • cam1809alcenero
  • cam1809alcenero
  • cam1806foodart