ピックアップ教室

佐藤 厚子(さとう あつこ)さん 第3回

ローズメリア西鎌倉

佐藤 厚子(さとう あつこ)
【神奈川県鎌倉市西鎌倉】
暮らし、美

今月の「暮らし、美」のコーナーでご紹介するのは、「ローズメリア西鎌倉」を主宰する佐藤厚子さん。
「サロンタイプの教室です。
パリを愛し、度々訪れて有名なフローリストのレッスンを受けて来た佐藤さんの教室では、最新のパリスタイルのプリザーブドフラワーや生花のアレンジメントが学ぶことができます。上品で優しい色使いやテイストが人気の教室です。
常に生徒さんの幸せを第一に考えたきめ細やかなレッスンが好評の佐藤さんの教室を4週にわたってご紹介いたします。

8.教室を開いたきっかけを教えてください

誰かから影響を受けたわけでもないのですが、母が庭で咲いた花を玄関や部屋によく飾っていたように記憶しております。一人暮らしをするようになり、仕事で遅くなった休日前夜にはお花を買って帰ったことを覚えてます。
真っ先に花瓶に飾ると疲れた気持ちが何処かへ。
きっと何気ないことだったのですが、今から思えば私にとっての必然だったのかもしれませんね。
独身時代は広告関連の会社に在籍しており、お花の先生になるとは思っていませんでした。
ところが、結婚して子供が出来て少しした頃、花を買って部屋へ飾る事がありました。乾いた砂漠に水が吸い込まれるかのごとく、花の魅力から遠ざかることができなくなり、気がつくと海外フローリストのアトリエへ駆け込んでいたんです。
家族もいるのにね。
もうそれからは、お教室を開くとかは全く考えてなくて、ただただお花に触れるだけで満足でした。そして時間と気持ちに余裕が出た頃、今度はこの気持を共有できる人たちと一緒にお花に触れていたいと思うようになりました。
子どもたちもまだ大きくはなかったのですが、家族の協力もありお教室という形でスタートをすることになりました。

9.教室を開いて良かったと思うことはなんでしょう?

自分の未熟さを毎回感じることで人生の生きるための工夫ができることでしょうか。この2年近くは、お友達と気楽に出会ったりもできない毎日で、庭に咲く小さなお花や季節の移り変わりをじっくりと感じることができる余裕が生まれました。

月に一度お越しくださるお花のレッスン生の方々にお会いすることがとても楽しみでし た。
「お花に触れている時間がとてもうれしくて心が潤います」「この2年近くはこの時間を楽しみに自粛生活を送っていました」というお声がとても多かったのですね。私も同じだったので本当に良くわかります。
そんなお声を頂くとこの仕事をしていて良かったと痛感いたしました。

10.教室運営の工夫があれば教えてください

新型コロナ感染拡大期間中のお教室運営はとても大変だったと思います。でも時間が止まったように思えるこんな時期は、息を潜めて一度立ち止まってみるのもいい気がします。
 時間があるなら興味のあることをインターネットで調べて今後に備えたり、これまで出来なかった整理をしたり、この時期だからできることは沢山あります。なかなか難しいことではありますが、起こったことを嘆くだけでなく、うまく利用して楽しく過ごすのはいかがでしょうか。

11.レッスンでもよく使う愛用品を教えてください(道具や食材など)

手作りのC&Sです。
ターコイズブルーと本金の 色の取り合わせが気に入っています。レッスンでは、季節に合わせて変えてお出しします。

TEA PONDの紅茶です。
2~3年ほど前から愛飲して ます。生徒様にもお出ししています。
カフェインフリーが私のおすすめです。

手作りのお菓子を入れるお皿です。
大きいのと小さいものとを あわせて使っています。とってもきれいな色目が気に入っています。レッスン後のティータイムに登場しています。

  • サロネーゼ会員募集中
  • サロネーゼ会員の書籍紹介
  • 自宅教室開講までのノウハウ
  • キッチンリフォームを特別価格でご提案
  • バーミックス特別レシピ
  • CENTRO
  • cam2011_miyakonojo
  • cam1806foodart
  • cam1912americanpork
  • cam2008alcenero_rp
  • cam2009alcenero_rp
  • cam2010nippun
  • cam2011alcenero_rp
  • cam2106almonds
  • cam2103alcenero_rp
  • cam2107alcenero_rp
  • cam2109alcenero
  • cam2111americanbeef
  • cam2109alcenero_rp
  • cam2204alcenero