予約の取れない自宅教室
~人気レッスンの魅力をレポート~

「イグレックのお菓子教室」主宰 オーノユウコさん

オーノユウコさん

オーノユウコさん

今月のサロネーゼは、東京・世田谷区、下北沢で「イグレックのお菓子教室」を主宰しているオーノユウコさん。フランス菓子を基本に、「家庭で作ってこそ美味しいお菓子」を伝え続けていらっしゃいます。 初心者の方でも美味しくできる丁寧なレッスンに加え、お菓子に合わせた季節のテーブルコーディネートやティータイムのおもてなしも学べるとあって、長年通い続ける生徒さんが多数です。
今回は2019年1月にうかがったレッスンの模様とインタビューを4回にわたりご紹介します。第3回目は、レッスン情報やお教室をはじめたきっかけなどをうかがったインタビュー前半です。

掲載日:2019/2/18(月)

お教室を始めたきっかけ

――お教室のスタートは2002年4月とのこと、17年も運営していらっしゃるのですね。始めたきっかけを教えてください。

オーノさん 叔母が料理研究家で自宅で料理教室をしていて、長年叔母からお料理やお菓子作りを習っていました。また、お花も好きで学んでいて、学生時代にお花に関する資格を全部取得していました。

学校を卒業後はフラワーコーディネーターとして働き、ブライダルの現場でテーブルセッティングも一緒に行うなど、フォーマルな場面のトータルコーディネートも担当していましたが、結婚後は専業主婦をしていました。

その頃は教室をするなんて考えてもいませんでしたが、あるとき教会のバザーのカフェでお出しするケーキ作りを担当したときに、美味しいと評判になり、ママ友やまわりの方に教えてほしいといわれたのがきっかけです。

――そうだったのですね。

オーノヨウコ先生1

メニューは月替わり。季節のフルーツやトレンドも取り入れて多彩なお菓子作りが学べます。

 

 

オーノさん せっかくお教えするなら、家庭で作って出来立てが美味しいお菓子をご紹介したいと思いました。
といいますのも、叔母はある東京の有名な老舗レストランでアルバイトもしていたのですが、そこでシェフが作った、お店で売っているお菓子をよく持ち帰ってくれました。でも、子どもながらに、叔母の手作りのお菓子のほうが断然美味しい、と思ったんです。叔母に尋ねると、「それはそうよ、出来立ては一番美味しいからね」と。

いつも叔母が手作りする出来立てのお菓子を食べていた私は、叔母の言葉にはっとして、「腕のすごいシェフが作っても、家庭で出来立てのお菓子のほうが美味しいものがあるんだ!」ということを知りました。

特に、バターなど油脂がたくさん入っているものは出来立てが一番美味しいんです。
繊細なデザートや難しいスイーツはプロに任せて買うことにして、ご家庭で作った出来立てのお菓子の美味しさを皆さまに知って欲しいと思い、教室のコンセプトにしました。

また、フラワーコーディネーターとして仕事をしていたので、ご家庭でのお菓子作りと一緒に、誰でも出来る簡単でシンプルなテーブルコーディネートをご提案したいと思い、今の教室のスタイルになりました。

月替わりで学べる様々なお菓子

――「家庭で作る、出来立てが美味しいお菓子を学べる」のはとても魅力的です。テーマに合わせたテーブルコーディネートの提案も一緒に学べるのは嬉しいですね。

オーノさん ブライダルのようなフォーマルのコーディネートではなく、庭の花や、季節のちょっとした花を飾って、生徒さんがご家庭で真似をしやすいコーディネートをするようにしています。

――フォーマルなコーディネートの知識やルールをよくご存じだからこそできるカジュアルなご提案は勉強になると思います。

オーノさん ありがとうございます。テーブルコーディネートにはルールがありますので、それを踏まえたうえでアレンジしています。
でもおもてなしで一番大切なのは、ゲストの方に心地よくくつろいでいただくことです。
堅苦しい雰囲気にならないように心掛けています。

オーノヨウコ先生2

これまでのテーブルコーディネートの一例。ミモザのテーブルやハワイアン等、真似したくなります。

 

――レッスンの開催情報を教えてください。

オーノさん レッスンは週3~4回開催しており、初心者の方も出来る内容からお菓子作りが大好きな経験者の方にも喜んで頂ける内容で、1回完結型です。
定員は4名で、実習形式です。

――メニューは月替わりなのですね。どのように決めていらっしゃいますか?

オーノさん 食材を見て、季節感やトレンドを取り入れながら決めることが多いです。例えば、先ほどご紹介した黄桃がまるごとシロップ漬けになっている瓶を見たりすると、何を作ろうかとワクワクして、そこからアイデアを膨らまします。

――お菓子作りのお話されるとき、目がキラキラ輝いていらっしゃいます。本当にお菓子作りがお好きで、生徒さんが喜ぶものを作ろう!という思いが伝わってきます。

 

全てがつながって、今がある

――お教室をはじめてみていかがでしたか?

オーノさん 様々な生徒さんにお越しいただき、また、業界関係も含めいろいろなジャンルのお仕事の方と知り合えて、とても楽しいです。

お教室をやっていることでいつも家の中を整理するようになりましたし、自分の健康管理をしっかりすることも、お教室をやっているからこその良い点だと思います。

――なるほど、いつでも気持ちよく生徒さんをお迎えできるよう気を配りますし、体調管理も気を付けるようになりますよね。
お教室をはじめるときに準備したこと、やっておいてよかったことはありますか?

オーノヨウコ先生3

「お菓子、お料理、お花に加え、デザインと色彩の勉強も役立ち、今につながっています」

オーノさん  学生時代にお菓子やお料理を習っていたことに加えて、デザインと色彩の勉強をしていたのも良かったと思います。
茶道、華道も学び、フラワーデザインの仕事をしていたことや、これまで学んできたこと全部が一つになったものが私のお菓子教室だと思っています。

――お教室運営はこれまで学んできたこと、培ってきたものが全てつながり、いかせるお仕事ですね!

======================================

お菓子作りが本当にお好きで、「家庭で作る出来立てのお菓子の格別の美味しさ」をもっともっと伝えていきたい、という思いを感じ、お話していると楽しくてどんどん引き込まれます。
幼いころから体験してきたことやこれまで学んできたことが素敵に合わさり、オーノさんならではのオンリーワンのレッスンに繋がっていることを感じました。

次回最終回では、お教室運営で心掛けていることやこれからの夢をうかがったインタビュー後半です。
どうぞお楽しみに!

(次回へつづく)
インタビュー・テキスト=窪田みゆき
写真=原田圭介

 

プロフィール

オーノユウコさん

オーノユウコさん

菓子研究家・フローラル・ウェディングコーディネーター。
東京・世田谷下北沢の自宅で17年前からフランス菓子を基本とし『とびきり美味しいおしゃれな季節のお菓子❤ イグレックのお菓子教室』を主宰。
ル・コルドンブルーをはじめとして様々なお菓子教室で学び、お菓子教室アシスタント、パティスリーでの仕事、米国WILTONケーキデコレーションスクール公認インストラクターを経てケーキデコレーターとして活躍の他、企業のお菓子講座の講師も担当。

 

サロン情報

イグレックのお菓子教室

とびきり美味しいおしゃれな季節のお菓子❤

ご家庭で作ってこそ美味しいお菓子は沢山あります。ご自分で作ったお菓子は安心でとても美味しいんです。『イグレックのお菓子教室❤』は楽しいお菓子作りと美味しいティータイム、そして季節のテーブルコーディネートを楽しんでいただける癒し系の実習スタイルのお教室です♪
皆さまのお越しをお待ちしています❤

ジャンル:

パン、洋菓子、おもてなし、紅茶、コーヒー、テーブルコーディネート、ナプキンワーク、フラワーコーディネート、スイーツデコレーション、シュガークラフト、アイシングクッキー、中国茶、アーティフィシャルフラワー、インテリアコーディネート

サロン特長:

初心者歓迎、平日開催、夜間開催、土日開催、お友達同士歓迎、男性参加OK、少人数制(6人以下)、体験教室あり、予約制、各種イベントあり、駅近(徒歩10分以内)

所在地:

東京都世田谷区代沢

  • サロネーゼ会員募集中
  • サロネーゼ会員の書籍紹介
  • 自宅教室開講までのノウハウ
  • キッチンリフォームを特別価格でご提案
  • バーミックス特別レシピ
  • CENTRO
  • cam1809alcenero
  • cam1805alcenero_rp
  • cam1809alcenero
  • cam1809alcenero
  • cam1806foodart