暮らしと食卓を楽しむ心の余裕を提供

「Lisas(リサス) おうちパーティーコーディネート京都」主宰 大橋りささん

インタビュー連載 第4回

今月のサロネーゼは、京都市内で「Lisas(リサス) おうちパーティーコーディネート京都」を主宰する大橋梨沙さん。京都駅から一駅、京町家を和モダンでスタイリッシュな雰囲気にリフォームしたお教室では、家庭で簡単に作れるパーティー料理と、それを引き立てるテーブルコーディネートを一緒に学べるレッスンが展開され、多くの生徒さんでにぎわいます。今回は、11月下旬に伺ったレッスンの模様と大橋さんのインタビューを4回にわたりお届けします。最終回は、教室運営の工夫やこれからの夢を伺ったインタビュー後半です。

掲載日:2017/12/25(月)

大橋りささん

大橋りささん

  • プロフィール
  • サロン情報

生徒さんの声が広がって


――お教室を開始されたのはいつでしょうか。

大橋さん 2015年8月です。

――京都以外でもレッスンを開催されているのですよね。

大橋さん はい、クリナップ・キッチンタウン・名古屋や東京・広島・岡崎・大阪のキッチンスタジオを借りてレッスンを開催しています。名古屋は定期的に開催していますが、おかげさまですぐに満席なりキャンセル待ちが発生することが多いです。

――お教室を始めて2年強でどんどん生徒さんが増えていらして、他の地域でのレッスンも人気ですごいです。例えば名古屋は、もともとお知り合いがいらしたとかですか?

大橋さん いえいえ、知り合いはいなくて、フェイスブックやブログを見てお申込みいただいた方がほとんどです。

――そうなのですね!お教室運営で一番のお悩みは集客なのですが、スタート時からどのような取り組みをされたのでしょうか。

大橋さん 教室を始める前から、ホームパーティーの様子や手作り調味料のこと、子どもに安心して食べさせたい食事のことなどをフェイスブックに投稿し、「友達限定」で公開していて、教室を開始しても続けてきました。

また、ブログも始め、1日1記事投稿することを2年間続けました。

どちらもまずは、教室のことやレッスン内容を知っていただかないといけないと思い、レッスンの様子や情報を写真と一緒に投稿しました。
そして、安心してお申込みいただけるように、あえて顔出しして、私自身のことも等身大で伝えるように心掛けてきました。

やはり、どんな教室で、どんな人が行っているのかわからないと申し込みしにくいですよね。
特に写真は一目で内容が伝わりますから、大切に考えています。

大橋りさ先生1

お教室の様子や大橋さん自身の人柄にも共感が広がり、生徒さんが増えています。


――写真のチカラは大きいですよね。事前に様子がわかれば安心ですし、素敵な内容が伝わればぜひ行きたくなります。

大橋さん 最初はマンツーマンに近い人数でレッスンをすることもありましたし、本当にたった数名からスタートしました。だんだん生徒さんが増えていったのは、本当に皆さんのおかげなんです。

参加してくださった生徒さんが、その日に作った料理やテーブルコーディネートを写真と感想と一緒にフェイスブックに投稿してくださり、それを見た方が興味を持って申し込んでくださり・・。
「〇〇さんのフェイスブックで見て」「〇〇さんがつながっている△△さんのフェイスブックを見て」と言って申し込んでくださる方が増えていったのです。

ブログもですが、フェイスブックでの広がりがとても大きかったと思います。

――「信頼できる方のおすすめ」は気になりますものね。参加してよかった!という生徒さんの声の広がりは心強い応援になると思います。

料理を通じて伝えたいこと


――お教室運営で心掛けていることや工夫していることは何でしょうか。

大橋さん お伝えするお料理やテーブルコーディネートは、生徒さんが「おうちで再現しやすいこと」を大切にしています。 例えば、レッスンに参加したその日の夜に、普通の食材だけで簡単にできて美味しくて見栄えの良い料理、真似しやすいテーブルコーディネートであることにこだわっています。

また、レッスン中はお一人お一人と目を合わせて話しかけるようにしています。そして、自分が必死な時も笑顔でいることにも気を付けています(笑)。

――笑顔は大事ですね(笑)。
レッスン見学をしていて、いろいろな心配りを感じました。常にユーモアを忘れず、生徒さん一人一人に話しかけるように説明していらっしゃいましたし、皆さんに期待以上に良かったと思ってもらえるよう頑張ろう!という気合いといいますか・・生徒さんをとても大事にしていらっしゃることが伝わってきました。

大橋りさ先生2

ママと一緒に参加した生徒さんのお子さんからの嬉しいお手紙や、生徒さんが作ってSNSに投稿してくださった写真のコラージュも。生徒さんと素敵な関係が築かれています。


――器や調味料も販売されているのですね。先生がおすすめのものをその場で買えるのは魅力的です。

大橋さん ありがとうございます。実は器のご相談もとても多いのです。「これから少しずつ揃えようと思うけど何から揃えたらよいか」「今度こんなおもてなしを家でしたいがどんな器がよいか」というものや、「レッスンで使ったものと同じものが欲しい」というお声も多く、いろいろなお料理に使えておしゃれで飽きがこず、コーディネートしやすいものを選んで置いています。

調味料はきちんとつくられたもので安心して皆さんに使っていただけるものを、洗剤は環境に負荷を与えにくいものなど、実際に私が使ってとてもよかったものや太鼓判を押しておすすめしたいものを厳選しています。

――先ほど生徒さんが、「ここに通い始めてから、暮らしや食卓に目が向き、もっと楽しみたい、もっと素敵にしたいと思うようになり、料理だけでなく器やテーブルコーディネートにも興味がわいてきて自分が変わっていくのを感じ、それがすごく楽しい」と教えてくださいました。

大橋さん とても嬉しいです。家族に安心して食べさせたいお料理を時短で作れるようになると、ちょっと器にも気を配ってきれいに盛り付けてみようかなとか、お花を飾ってみようかなとか、食卓を素敵にしたいと思うようになってくると思うのです。

この教室に来ることでそうした、おしゃれなテーブルクロスを1枚敷いたりする心の余裕が生まれて、そして、仕事も家事も育児も我慢じゃなくて楽しむ余裕につながれば本当に嬉しいです。

自分の経験をいかして役立つことを


――大橋さんご自身が体験した、「乳児を抱えた時短勤務のワーキングマザー」の工夫が、多くの生徒さんに喜ばれて暮らしをもっと楽しむことにつながること、とても素敵です。

大橋さん 私自身もまだまだ子育て真っ最中です。育児は不安の連続なので、同じ立場の生徒さんの気持ちがよくわかります。

――お教室には先輩ママさんたちや様々な立場の生徒さんがいらっしゃるので、そうした方々との交流や情報交換も楽しみであり、リフレッシュになりそうですね。
家事、子育て、教室、カフェ運営などとてもお忙しいと思いますが、今も勉強し続けていることはありますか?


大橋さん 食の安全については常にアンテナを張っているつもりです。様々な勉強会に積極的に参加して、生徒さんにわかりやすく説明できるように努力しています。料理の技術向上ももちろん大切ですが、今は食の安全性について一番時間をかけたいと思っています。

大橋りさ先生3

出張レッスンや収納のコツを伝える講座も開催。心に余裕が生まれるライフスタイルも提案。


――お教室を運営してみて、主宰者にとって必要なことはどのようなことだと思われますか?

大橋さん お料理もテーブルコーディネートも、素敵だけど自分にはできないと思われるのではなくて、身近に感じてもらって、自分もやってみたいな、真似してみたいな、と思ってもらえる工夫やセンスだと思います。
あと、皆さんに助けてもらえるキャラでいることでしょうか(笑)。抜けていることが多いので、本当にいつも皆さんに助けてもらっています。

――まさに、親しみやすくて、でもちょっと憧れで。さすが!と思ってもらえる、そんな存在になっていらっしゃると思います。
あと私が感じたのは、生徒さんへの感謝の深さです。お帰りのとき、お一人お一人をお見送りして、深々と頭を下げる。できそうでできないことかもしれません。


大橋さん ありがとうございます・・。皆さんお忙しい中わざわざ来てくださること、感謝しかありません。

――最後に、これからの夢や教室の展望を教えてください。

大橋さん いま料理教室の講師は私しかいないので、今後講師を育てたり、教室を開きたい方の支援や、ほかの地方でのレッスンも取り組みたいです。

私自身が飛びぬけた才能があるとはまったく思っていないのですが、デザインの仕事を長くしたことや、こうして町家をリフォームして教室とカフェを運営していることなど、これまでの経験や強みをいかして、皆さんに役立つ活動を広げていきたいです。

――夢は広いですね!大橋さんのご活躍が、誰かを勇気づけたり、次への一歩を踏み出すことにつながりそうでとても楽しみです。今日はありがとうございました!

大橋さん こちらこそありがとうございました!

=======================

お教室の充実はもちろんですが、生徒さんの日々の暮らしをもっと楽しくして、そして、夢を叶えるお手伝いをしたいという思いをお持ちの大橋さん。「料理教室」ではありますが、ここに通うことで人生を楽しもう!とワクワクさせてくれる気持ちにさせてくれる、そんなパワーをお持ちでした。
取材後、足取りが軽くなったと感じるほど、私も元気をいただきました!これからの進化がますます楽しみな素敵なお教室でした。

(おわり)

インタビュー・テキスト=窪田みゆき
写真=伊藤裕司



プロフィール

大橋りささん

■略歴
神戸出身、京都在住。
美大卒業後、手芸メーカーで主任デザイナーとして11年勤務。

2児の母となり、育児と仕事が中心の生活となる中、友人を招いてパーティーを開く楽しさを覚える。
パーティーコーディネートの教室を開くために「食空間コーディネーター」の資格を取得。2014年夏手芸メーカー退職。
ブログが縁で、株式会社山田製油の新規事業である、カフェ&料理教室の総合サロン《gomacro Salon》立ち上げに参加。開店準備からオープンまでの7ヶ月間、プロジェクト主要メンバーとして食器・インテリアセレクトほかメニューブックの撮影やデザインなどを担当。 山田製油退職後の2015年夏、独立。京都市内でパーティーコーディネート教室やおもてなし料理教室を開講。第3回テーブルコーディネートコンテストin神戸(2014)入選。第24回テーブルウエア大賞(2016)特別審査部門入選。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

手芸デザイナー時代に身に付けた、配色テクニックが私の武器です。

どうぞよろしくお願い致します!

サロン情報