毎回のレッスン、全ての生徒さんを大切に

「広尾料理倶楽部」主宰 松村和夏さん

インタビュー連載 第4回

今月のサロネーゼは、東京都目黒区で「広尾料理倶楽部」を主宰する松村和夏さん。 「管理栄養士」「調理師」「食生活アドバイザー」の知識をいかし、家庭で作れる、簡単で華やか、そしてヘルシーで美味しいお料理を伝えていらっしゃいます。 コンセプトは、「楽しく料理して楽しく食べる!」。気さくで楽しくあたたかい雰囲気に惹かれ、料理初心者からベテランまで幅広い生徒さんが通います。 通い続けたい魅力いっぱいのレッスンの模様と松村さんのインタビューを4回にわたりご紹介します。 最終回はお教室運営にこめている思いやこれからの夢などをうかがったインタビュー後半です。

掲載日:2014/9/22(月)

松村和夏さん

松村和夏さん

  • プロフィール
  • サロン情報
  • レシピ

いつもアンテナを!常に研究心


――実際にお教室を始めてみていかがでしたか?

松村さん その前は大手料理教室に勤めていましたが、自分の教室は工夫次第でいかようにもなるので、調べたり勉強することがすごく楽しくなりました。

例えば図書館にリサーチに行って様々な知識や新しい料理のヒントを得たり、スーバーに行ってぐるぐる食材を見て歩き、あの料理にこれを入れたら美味しいかも!とひらめいたり、成分表を見て今度はこの野菜を使おう・・と考えたり。これまで以上に熱心になりました。

――いつも食のアンテナを張ってらっしゃる感じですね。

松村さん そうですね。すごく楽しくて、仕事をしているという感じでは全然ないです。

――好きなことを仕事にするということは素敵なことですね。

松村さん そうえばOL時代も料理が大好きだったのですが、気づいたら仕事をしながら料理のことばかり考えていました(笑)。
何か初めての料理を見たら、これ食べたい、どうやって作るんだろうとか、いまも食べることや料理のことばかり考えています。


松村和夏先生1

よりよいレッスンのために常に研究。「料理が楽しい!と思う生徒さんが増えるのが何より嬉しい」


――では今のお仕事は天職なのでは。やりがいもありますね。

松村さん はい、とてもやりがいがあります。また、いろいろな方にお会いできるのも楽しみの一つです。
初めていらっしゃる生徒さんをお迎えするときはドキドキしますが、うちの生徒さんは皆さん本当に明るくて元気で気さくな、よい方ばかりなんです。本当にありがたいなと思っています。


苦手を得意に。料理の楽しさ伝えたい


――レッスンを通じて伝えたいと思っていることはどんなことでしょうか。

松村さん 一番は、「料理は楽しい!」ということを伝えたいと思っています。お料理が全く初めて、という生徒さんもとても多いのですが、苦手だから克服しようと思ってわざわざ来てくれていると思うんです。ここで、楽しい!自分でもできる!と思うようになってもらえると嬉しいです。

ですのでお教えしているのは、スーパーなどで手に入りやすい食材で、家で作りやすいもの、簡単にできて毎日のごはんにもおもてなしにもなる料理です。

――苦手なものが得意になっていくと自信がつきますよね。

松村さん そうですね。お料理が初めて、という生徒さんが2回目にいらしたときに、はつらつとして、「家族に作って喜ばれました!」「美味しいっていってもらいました!」と嬉しそうに報告してくれると私もすごく嬉しいです。
皆さんがどんどんお料理上手になって自信がついていき、そして喜んでくださることに私自身も日々幸せを感じています。


松村和夏先生2

「料理が楽しいと自分の自信になります。苦手なことが得意になると、皆さんいきいきとされます」


――お教室運営で心がけていることがあれば教えてください。

松村さん レッスンでは全員が楽しいと思ってくださるように心がけて、堅苦しくなく、料理や栄養のことを伝えてたくさんのことを持ち帰ってもらいたいと思っています。

――レッスンを拝見していて、心をこめてとても丁寧に対応されていると感じました。

松村さん ありがとうございます。一球入魂と言いますか(笑)、一回一回をすごく大事にしています。あとで「もっとこうすれば良かった・・」と反省することはありますが、毎回、楽しめてかつ、勉強になるレッスンを目指して、一生役立つ食に関する情報もお伝えしていきたいと思っています。


生徒さん一人ひとりを大切に


――料理教室運営者にとって大切だと思うことは何だと感じますか。

松村さん そうですね・・まずは料理が大好きであること、そして、日々努力し、どうやったら美味しく食べられるか、常に研究することが大切だと思います。

また、当たり前のことですが、生徒さんを大事にすることが何より大切だと思います。
メニューやレッスンのスタイルなど、どんな教室にしたら喜んでいただけるか常にアンテナを張り、これだと思ったことに時間と労力を惜しまず取り組む姿勢が必要だと思ます。

例えば、生徒さんの数が増えてくるとだんだんメールのやりとりが大変になってきてしまいますよね。
私はいつも、「わからないことがあったらとにかく何でも質問してきてね」と言っているのですが、実際にいろいろな質問がきます。
「フライパンはどこのものが良いですか」「この食材ははどのくらいもちますか?」といったことから、おうちでお料理をされている最中に、「こんなふうになったのですがどうしたらいいでしょう」とご連絡がくることもあります。その一つ一つにちゃんと対応したいと思っています。
もしそれができなったらダメだな、と。

そうなったら、自分のキャパシティを超えるので、もう新しい生徒さんの受付を締め切ろうと思っています。もうそろそろかもしれません・・。


松村和夏先生3

遠方から通う生徒さんも多数。研鑽を続け、一回一回のレッスンを心をこめて丁寧に


――えー!そうなのですか。これから通いたい方は急がなくては。
研究にもよりよいレッスン作りにもとても熱心でいらっしゃいますが、今も学び続けていることはありますか?

松村さん 管理栄養士ということで生徒さんから栄養についてとてもよく聞かれます。情報はどんどん進化するので、日々勉強です。

――素晴らしいですね。最後に、これからの夢を教えてください。

松村さん 日本の家庭料理はすごく美味しいと私は思っているので、これからは海外の旅行者にも来ていただきたいです。

例えばテリヤキチキンは海外でも大人気ですが、家庭で作れる人はめったにいません。以前オーストラリアに居たとき、簡単に作れることを教えてあげたらものすごく喜ばれました。ほかにも人気の家庭料理はたくさんあります。日本人にのみならず、簡単に美味しくできる料理を世界に伝えていきたいと思います。

――幅広いご活動も楽しみです!今日はありがとうございました。

松村さん こちらこそありがとうございました!


==========================================

「料理を伝える仕事」が楽しくて仕方ない、と笑顔で話す松村さん。研究心も人一倍、常にアンテナを張っていらっしゃり、まさに天職といえそうです。ここからお料理好きな方がどんどん増え、さらには海外にも広がりそうで、これからのご活躍が一層楽しみです。
一人ひとりを大切にし、料理の楽しさを共有できるとても素敵なお教室。ぜひ参加してみてください。

インタビュー・テキスト=窪田みゆき
写真=菊池友里



プロフィール

松村和夏さん

松村和夏さん (まつむら わか)
OL経験やオーストラリア留学を経たのち、女子栄養大学へ入学。
「臨床栄養医学研究室」にて生活習慣病の研究に携わる。
管理栄養士免許、調理師免許、食生活アドバイザー等、食に関する資格を取得。
その後、料理教室にて講師として勤務するかたわら、料理研究家として活動。
2011年より料理教室を開催。
家庭でも簡単に華やかな演出ができるレシピ、女性のためのヘルシーかつおいしい料理、マラソンランナー、野球選手をはじめスポーツ選手への栄養指導など勝つための食事法や、おいしく楽しく生活習慣病を予防するレシピなど多数考案中。

サロン情報

「広尾料理倶楽部」

いくらヘルシーでも美味しくなかったら食事の時間がしょんぼり。。。
「広尾料理倶楽部」ではヘルシーかつ美味しいものを追求し、なおかつご家庭でも簡単に、そして見た目を華やかに飾れるよう、レシピを考えています。
そして、なんと言っても大切なことは、楽しくお料理して楽しく食べる!
これに尽きます。
はじめての方やお料理が苦手な方も、お気軽にいらしてくださいね。


ジャンル:

家庭料理、日本料理、イタリアン、フレンチ、中華、スペイン、おもてなし

サロン特長:

初心者歓迎、平日開催、夜間開催、土日開催、お友達同士歓迎、予約制、駅近(徒歩10分以内)、お酒の提供あり

所在地:

東京都渋谷駅、神泉駅、池尻大橋より徒歩圏内

ホームページ、ブログ:

http://ameblo.jp/healthy-gourmet/

マイサロンはこちら

レシピ

揚げ春巻き
揚げ春巻き

材料
材料 4人分
・ライスペーパー 4枚
・油 適宜

・豚挽き肉 250g
・春雨 20g
・干し椎茸 中2個
・玉ねぎ 1/2個
・醤油 小さじ1
・オイスターソース 小さじ1
・塩こしょう 少々

つけだれ *以下を全て混ぜる
・ナンプラー 大さじ2
・ライムの絞り汁 1/4個分
・酢 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・醤油 大さじ 1/2
・唐辛子の輪切り 適宜
付け合せ
レタス、プチトマト、コリアンダー

作り方
  1. 海老は殻をむき、背わたをとり包丁でたたき、すり身状にする。春雨は熱湯に入れやわらかくし、2cmの長さに切る。干し椎茸は水で戻してみじん切り、玉ねぎ、人参はみじん切りにする。
  2. 具の材料をボウルの中で混ぜる。
  3. ライスペーパーを水に浸し包丁で3等分に切る。(平行に3等分)
  4. 2を3にのせ、くるくる巻く。
  5. フライパンに1cmほど油を入れ加熱し、4を揚げ焼きする。
    ※皮同士がくっつきやすいので注意