「自分が行きたい!」教室作り

『洋菓子教室トロワ・スール』主宰 木村幸子さん

インタビュー連載 第4回

今月のサロネーゼは、大阪と東京・南青山で『洋菓子教室トロワ・スール』を主宰する木村幸子さん。ヨーロッパの伝統菓子から、最新のモダンなアントルメまで幅広く学べるレッスンは大人気。丁寧な指導も評判です。今回は、大阪教室のレッスンの模様とインタビューを4回にわたりご紹介します。
最終回はレッスン後に伺ったインタビュー後半です。

掲載日:2011/11/21(月)

木村幸子さん

木村幸子さん

  • プロフィール
  • サロン情報
  • レシピ

家庭で作れるお菓子を伝えたい


───教室運営で心がけていることや、目指していることを教えてください。

木村さん 以前自分が習おうと教室を探した時、プロ向けの難しいところはたくさんあったのですが、本格的なお菓子を家庭で再現できるように伝えてくれる、「通いたい」と思えるところがありませんでした。そこで、「自分が行きたい!」と思える教室を作ろうと思ったんです。

ですので、いつも”わかりやすく伝えるにはどうしたらいいか”を考え、難しいことも簡単にシンプルに学べる教室を目指しています。


「自分が行きたいと思う教室を作って、それに共感する生徒さんが来て下されば嬉しい」



───レッスンを拝見して、非常にロジカルでわかりやすいと感じました。

木村さん ありがとうございます・・。製菓学校では教えないやり方もありますが、”家庭でプロ並みのお菓子が作れる”ように、レベルやクオリティを下げるのではなく、レシピを簡単にするのでもなく、”工夫”することで、作れるようにしています。

それを考えるのがとても楽しいんです。それをお伝えして生徒さんが成長すれば、その分次の工程を入れることができ、どんどん上達してもらえますから。


───それはすごい。天職かもしれませんね。

木村さん それはどうかわかりませんが・・(笑)。あと、大阪と東京ではやはり土地柄違いがありますから、それぞれに合う教え方を目指しています。


“工夫”で付加価値を


───デモンストレーションのとき、生徒さんが手持無沙汰になることがないスムーズな進行に、一つの完成されたエンターテイメントのように感じました。

木村さん ありがとうございます。時間がかかるところをコミュニケーションの場にしようと思っています。

実は、舞台やフィギュアスケート、シンクロナイズドスイミングなどを見るたびいつも、こんな感動を私のフィールドで誰かに感じてもらえる位になれるのだろうか…と思っていました。お菓子教室は1つの舞台のようなものだと思うんです。


  • レッスン風景
  • レッスン風景
  • レッスン風景
  • レッスン風景

「先生は本当に研究熱心。その姿勢にいつも刺激をもらっています」と生徒さんの声多数



───なるほど。

木村さん よく駅前でエステの無料券を配ってますよね。でも行かないことが多い。タダでも行かない時代に、教室も、いただく金額以上の付加価値を生まないといけないと思っています。

───とても共感します。生徒さんからいただく貴重な時間とレッスン料に、期待以上の内容でお応えしたいですよね。こう言っては失礼ですが・・第一印象と違いとても硬派でいらっしゃる(笑)

木村さん はい、実は熱い思いでこの教室を運営しています!

───今も何か勉強していることがありますか?

木村さん 最近では、数年前にカメラを習いました。また、大阪のレッスンでは数ヶ月に1回フランス料理のシェフをお招きして、家庭で出来るおもてなしフレンチ教室を開催しており、自分の食へのスキルアップを兼ねて勉強させて頂いています。

お菓子については、毎月フランスの専門誌を取り寄せたり、レストランで食事をしたり、常に新しい情報が入るようにアンテナを張るように心がけていますね。

あと勉強ではありませんが、しょっちゅうジムに通い、パーソナルトレーナーについて体を鍛えています!

───体力のいるお仕事ですし、体調管理も仕事のうちですものね!



今まで以上に幅広い活動を


───これからサロン/教室を開きたい方へアドバイスをお願いします。

木村さん 教室のスタイル(軸)をしっかりと持ち、受講頂いている生徒さんに満足して頂けるよう努力することが大切だと思います。

───ディプロマコースの方には、サポートもあるんですよね。

木村さん はい、教室のお免状を取得下さった方には、教室開業のお手伝いをさせていただいております。そのほか、異業種の方などについては、簡単なセミナーなども不定期にて開催しています。


エプロン

エプロン会社とコラボし、センスとアイデアの詰まったエプロンが誕生。もうすぐ商品化



───これからの夢を教えてください。

木村さん 教室はずっと続けていきたいですね。そして、せっかく東京にも教室をもったので、東京だからこそできることに取り組んでいきたいです。また、レシピ本の出版やレシピ開発など、今以上に広く活動してきたいと思っています

───最後に、木村さんにとってキッチンとは?

木村さん 一日中、夜遅くまでいることが多いですし、苦労を共にする場所でしょうか(笑)。

───ここから沢山のお菓子と共に、生徒さんとのつながりも生まれる場所ですね。これからのご活躍もとても楽しみです。今日はありがとうございました!

木村さん こちらこそありがとうございました!


「見た目に反して中身は男性的です」と笑う木村さん。技術だけでなく、お人柄に惹かれて通うリピーターさんが多い理由がわかったように思います。”なるほど!”が詰まった『洋菓子教室トロワ・スール』のレッスン、本格的なお菓子を家庭で作りたい方にぜひおすすめです。

インタビュー・テキスト=窪田みゆき
写真=伊藤裕司

プロフィール

木村 幸子さん
『洋菓子教室トロワ・スール』主宰

洋菓子研究家。
ル コルドンブルー パティスリーディプロム取得後、フランス国立製菓学校に留学。
MOF(フランス最優秀職人)パティシエなどフランスの職人に混ざり、数多くのスタージュを経験。

現在、南青山/大阪上本町にて洋菓子教室トロワ・スールを主宰。
霧島ロイヤルホテルにて木村幸子のデザート教室を開講。
教室活動以外に、企業、雑誌などへのレシピ提案、教室主催でのフランス製菓研修旅行の企画催行、都内にて期間限定カフェなど、幅広く活動している。

サロン情報

洋菓子教室トロワ・スール

家庭レベルではなく、フランス直伝の本格スイーツと同じものをご家庭で作る事が出来ます。
食べていただいた誰にも「本当に作ったの?」と驚きと新しい幸せを感じていただけるよう、レッスンでは良質な素材を使用しヨーロッパの伝統菓子から最新のモダンなアントルメまで様々なお菓子をご紹介しています。

ジャンル:

フレンチ、洋菓子、紅茶

サロン特長:

初心者歓迎、平日開催、夜間開催、土日開催、お友達同士歓迎、男性参加OK、少人数制(6人以下)、体験教室あり、予約制、各種イベントあり、駅近(徒歩10分以内)

所在地:

東京都港区南青山  /  大阪市天王寺区

ホームページ、ブログ:

http://www012.upp.so-net.ne.jp/Torowa-sure/main.html

レッスン情報:

■実習レッスン…最大4名(大阪上本町教室は最大7名)
講師のデモンストレーション後、実際に1人一台製作し、お持ち帰り頂けます。レッスン後は講師作製のお菓子で、試食をお楽しみ下さいませ。

■デモンストレーションレッスン…毎月第2土曜 午前10時半/午後1時半
講師のデモンストレーションレッスン+試食のクラスです。実習レッスンが不安な方、経験者の方でレシピを増やされたい方などにご好評いただいております。

■男性向けクラス(初心者対象)…講師のデモンストレーションの後、男性のみでの実習レッスンということで、女性の目をきにせず、のんびりペースで受講出来、しっかり身につくと好評をいただいております。レッスン後は講師作製のお菓子で試食をお楽しみいただきます。(作製したお菓子はお持ち帰り頂きます)

※上記全て予約制となっております
※デモンストレーションレッスン、男性向けレッスンは上本町教室では行っておりません。

主宰者からメッセージ:

初心者でもご家庭で本格的なお菓子に挑戦していただけるよう実習レッスンは少人数制となっております。実習レッスンにつきましては、メニュー、日程などお問い合わせいただけると幸いです。

全てのレッスンが和気藹々とした雰囲気の中、楽しく本格的なお菓子が学べると好評をいただいております。是非一度、レッスンに御参加いただけると嬉しいです。
どうぞよろしく御願い申し上げます。

マイサロンはこちら

レシピ

黒糖蜜と杏のタルトレット

サクサクの軽いタルト生地と杏を使用して、黒糖蜜のやさしい風味を強調しました 見た目のボリュームとは裏腹に、いくつでも食べられる美味しさです

材料
★4人分
・ 薄力粉 100g
・ 塩 少々
・ 無塩バター 50g
・ 水 25g
・ アーモンドプードル 25g
・ 黒糖蜜(沖縄産) 36g
・ 生クリーム 40g
・ 卵 40g
・ 卵黄 適量
・ 生クリーム 200g
・ グラニュー糖 15g
・ セミドライアプリコット 1個
・ チョコレート飾り 適量
作り方
  1. 薄力粉をふるい、塩を加え、その中でバターを細かくカットする
  2. 1. に水を加えてまとめ、休ませる
  3. 2. を薄く伸ばし、8cmタルトレット型に生地を敷き込む
  4. 約170度のオーブンで12分焼成
  5. 内側に卵黄を塗り、乾く程度にオーブンに入れる
  6. 卵・卵黄・黒糖蜜・生クリーム(40g)・アーモンドプードルを混ぜる
  7. アプリコットを細かくカットして6と合わせて、5に流す
  8. 約170度オーブンで20分程度焼成
  9. 生クリームとグラニュー糖を泡立て、8. に絞り、好みのチョコレート飾りをのせる