石川由美子さん 第3回

石川由美子さん写真1

「料理教室アペリーレ」

石川 由美子(いしかわゆみこ)

【千葉県君津市】

 

今月の「料理」のコーナーでご紹介するのは、「料理教室アペリーレ」を主宰されている石川由美子さん。
石川さんの教室では、「美味しく華やかに・少しだけヘルシーに・ランクアップできる家庭料理」をコンセプトに、季節を感じる行事食、和食・イタリアン・エスニック、テーブルコーディネートを学ぶことができます。また生徒さんがその時々のテーマや季節を感じ、特別感が得られるように毎回テーブルだけでなく、しつらえにも気を配って空間作りをされています。
次なる夢に向かって新しいことにもチャレンジし続けている石川さんを4週にわたってご紹介致します。

石川由美子さん写真8

石川由美子さん写真9

8.教室を開いたきっかけをおしえてください

私の住む千葉県君津市の近隣は料理教室が少ない地域です。
以前からなんらかの形で地域に恩返しが出来ればと考えておりました。
元々食物学を学び、夫の会社の雑穀レシピの開発に携わっている中でレシピ開発の面白さを感じるとともに、自分の娘を育てる中で家庭での食の大切さを見つめ直し、食関連の資格の取得や料理を学び、知識を深め経験を積みました。
近くでお料理を学べる場所が必要なのではと考え、料理教室を開きました。
大人になってから学ぶ場は、日常から離れ楽しんで気分転換になる場にもなればと思っております。

9.教室を開いて良かったと思うことはなんでしょう?

教室を開かなければ出会えていなかったであろう、たくさんの生徒さんとの出会いです。
「教室のレシピ通りに作ったら家族が美味しいと喜んでくれた」「いつも食の細い子が沢山食べてくれた」「両親に作ったらありがとうと本当に嬉しそうだった」など、 レッスン後にレシピを通じて笑顔が広がっているお話をお聞きする時が、料理教室を開いて良かったと思う瞬間です。
家で作っていただけたこと自体とても嬉しくありがたいことですし、作る方の満足感や幸せ感にもつながっていることを実感します。
また、「お陰様で家が潤い、子供達もとても喜んでいます。ありがとうございました」というお礼の言葉と一緒に、生徒さまのご主人様からプレゼントをいただいた時は感無量で、 私も幸せのお福分けをいただいたという気持ちになりました。
そして、料理研究家の皆様とつながる機会に恵まれ、気持ちを共有出来ることや、素敵な発信に刺激を得られることなどとても有意義に感じております。

10.教室運営の工夫があれば教えてください

普段の生活とは少し違う、潤いを感じる場所、特別感が得られる場所になるように、テーブルだけでなく、 しつらえにも気を配っています。空間全体でその時々のテーマや季節を感じていただけるよう、飾る小物や花、グリーンにも気を配ります。
「素敵な雰囲気で、美味しいお料理を食べ、作り方も習えるなんて高いランチに行くよりもずっと満足感がある♪」と毎回楽しみにしてくださる方もいらっしゃいます。

11.レッスンでもよく使う愛用品を教えてください(道具や食材など)

  • 石川由美子さん写真10

    鋳物のホーロー鍋は、熱伝導が良く、食材の旨みを逃がさず調理出来ます。
    ふっくらと煮込めるストウブのお鍋は、おせちレッスンの黒豆を煮るときなども使い和の煮込み料理にも活躍します。

  • 石川由美子さん写真11

    マイクロブレインのゼスターグレイダーやマルチスパイスミル。
    お料理は、香りや風味も大切。すりたてのスパイスやレモンやチーズの香りを添えるとお料理がランクアップします。作っている時の香りにも癒されます。

  • 石川由美子さん写真12

    バーミックスは場所を取らず、スピーディに調理や作業が出来ます。アタッチメントの豊富さも魅力です。フードプロセッサーとして使えるスライシーは、軽く扱えて洗いやすく、よく使用しています。