中谷弘美さん 第3回

中谷弘美さん写真1

「Mac Rosa」

中谷 弘美(ナカタニ ヒロミ)

【神奈川県横浜市】

 

今月の「特集」のコーナーでご紹介するのは、「Mac Rosa」を主宰されている中谷弘美さん。
お教室では、生花を使ったフラワーアレンジメントを基礎から学ぶことができます。また季節や様々なイベントなどに合わせた粘土やアーティフィシャルフラワーを使った作品作りも楽しむことができます。フラワーアレンジメントは初めての方から、将来自分の教室を持ちたいという方まで通われています。
教室で培ったスキルを活かせる方法まで考え、次なる夢に向かって精力的にご活動を続けていらっしゃる中谷さんを4週にわたってご紹介いたします。

中谷弘美さん写真8

中谷弘美さん写真9

8.教室を開いたきっかけをおしえてください

私がお花を習い始めた頃は「花を習う」というのは、カルチャーセンターや大手のお花屋さんに行くものでしたが、私が習っていた教室は今のサロネーゼの先駆けのような場所 で、マンションの1室でした。「こんな小さな空間でもお花が習える」という驚きと共に、自分が習得した技術を伝える術が身近にあることが嬉しくて、沢山学んで皆に伝え たいと思いました。

9.教室を開いて良かったと思うことはなんでしょう?

とてもありきたりな言い方ですが、やはり出会いです。
お花の教室を始めて20年以上経ち、生徒さんのウェディングブーケを制作したり、結婚式 の会場装飾なども担当させていただきました。
ご縁があってお花を習いに来てくださった生徒さんの人生最大のイベントの1つである結 婚式を作る一員になれることは本当に嬉しいです。
本番用のブーケ作りはとても緊張しますし、時間もかかりますが私には大きな喜びと思い 出となって教室を運営していく上でのモチベーションとなっています。

10.教室運営の工夫があれば教えてください

工夫というほどのことは何もできていないのですが、他では出来ないカリキュラムを考え たり、今某企業さまからの委託を受けてネット販売の商品製作を始めたので、生徒さんと 一緒に製作をして、子育て中でも空き時間で収入につながるようなシステムを作っていこ うと試行錯誤しているところです

11.レッスンでもよく使う愛用品を教えてください(道具や食材など)

  • 越野美樹さん写真10

    生花用のハサミ
    これがないと始まらないですね。

  • 越野美樹さん写真11

    枝などを切る枝切鋏

  • 越野美樹さん写真12

    100円ショップで入手出来る粘土
    これでフェイクケーキを作ります。