渡邉幸代さん 第3回

渡邉幸代さん写真1

「お花と香り・ファーマーアート®の教室:スタジオS」

渡邉幸代

【大阪府高槻市】

 

今月の「暮らし、美」のコーナーでご紹介するのは、「お花と香り・ファーマーアート®の教室:スタジオS」を主宰されている渡邉幸代さん。 お教室にはフラワーアレンジメントやハーブのクラフト、ポプリなど様々なレッスンが用意されていますが、全ての作品に香りがプラスされているのが特徴です。 また、「ファーマーアート®」と名付けられた乾燥野菜を使ったアレンジメントを学ぶことができるのも他にはない魅力の一つ。 渡邉さんはこの独自に開発されたアレンジメントをもっと広めたいという思いのもと、日々精力的にご活動されています。 暮らしに自然と香りの取り入れ方を学べるお教室を4週にわたってご紹介いたします。

渡邉幸代さん写真8

渡邉幸代さん写真9

8.教室を開いたきっかけをおしえてください

趣味でハーブやポプリ、フラワーアレンジメントを学んでいた中で、いつの間にか教えたいという考えが芽生えるようになりました。
教えるきっかけは、カルチャーセンターでの講師です。
その後自宅教室を開くことになりました。

9.教室を開いて良かったと思うことはなんでしょう?

“好き”という共通の繋がりが出来ることです。
カルチャーでは、沢山の色んな受講生さんとの出逢いがありますし、自宅教室では、友人のおうちに遊びに行く気分で学びにいらしてくださいますので、お茶やお菓子をお出しするのにも、お気に入りの器でお出しするなど、お招きする喜びもあります。
また、お歳を召されて通えなくなった方との年賀状のやり取りで、私が淹れるハーブティーが美味しくて忘れられません、と今でも言っていただけることも嬉しい限りです。
ある生徒様は、毎回持って帰るハーブやポプリの作品を、お孫さん(幼稚園生)が楽しみにしていて、「今日は何を作ったの?」「作りたい!」と言って、おばあちゃまがお孫さんに教えることになるそうです。
このような微笑ましいお話を聞かせていただき、小さなお子様にも興味を持ってもらえることも教室を開催して良かったなと思います。

10.教室運営の工夫があれば教えてください

「これからもチャレンジ!」 常にアンテナ張るようにしています。
時間が許す限り美術館やアート展やガーデニング巡りへ出かけるようにしています。
マンネリにならないようにレッスンでは引き出し(レパートリー)を沢山持つように心がけています。オリジナル作品作りにプラスになります。
自宅教室は、日常生活との切り替えが大切なので、アロマオイルやお香を焚いたりしてお招きするようにしています。お玄関でお出迎えすると、「わぁ~良い香り~」といって下さいます。

11.レッスンでもよく使う愛用品を教えてください(道具や食材など)

  • 渡邉幸代さん写真10

    アレンジメント・ポプリレッスンの愛用品
    クラフト用のハサミ、お花の時のクラフト用のハサミ、オアシスナイフ、グルーガンなど。

  • 渡邉幸代さん写真11

    ハーブ・ポプリのレッスンの愛用品
    乳鉢・軽量カップ・量り・計量スプーン。 まるでお料理のようですが、ポプリを作るときに量る作業、香りを立たせるために砕く乳鉢は欠かせません。

  • 渡邉幸代さん写真12

    ハーブティーレッスンの愛用品
    ケトル、ティーサーバー、キャンドルウォーマー、砂時計。 ハーブティーのレッスンやお茶をお出しする際に使います。