教室運営にとって大切なことと、これからの展望

「イグレックのお菓子教室」主宰 オーノユウコさん

インタビュー連載 第4回

今月のサロネーゼは、東京・世田谷区、下北沢で「イグレックのお菓子教室」を主宰しているオーノユウコさん。フランス菓子を基本に、「家庭で作ってこそ美味しいお菓子」を伝え続けていらっしゃいます。初心者の方でも美味しくできる丁寧なレッスンに加え、お菓子に合わせた季節のテーブルコーディネートやティータイムのおもてなしも学べるとあって、長年通い続ける生徒さんが多数です。
今回は2019年1月にうかがったレッスンの模様とインタビューを4回にわたりご紹介します。最終回は、お教室運営で心掛けていることやこれからの夢をうかがったインタビュー後半です。

掲載日:2019/2/25(月)

オーノユウコさん

オーノユウコさん

  • プロフィール
  • サロン情報

”サロン”ではなく、”教室”


――17年もお教室を継続していらしたのは素晴らしいことだと思います。運営にあたってどのような工夫や心掛けをしていらしたのでしょうか。

オーノさん おうちで再現できるように、メニュー選定や教え方に気を付けています。
例えば、もしこの型がなかったらこんなやり方がありますよ、といったように”これじゃなければできない”ということはなるべく入れず、代替え案や応用のしかたも伝えるようにしています。

また、”サロン”ではなく、”教室”と考えていますので、しっかり技術を伝えることも大切にしています。
もし生徒さんが、いつか教室をやりたい!と思ったときに教えることができるよう、そうした力がつくようにと思いながら毎回お教えしています。


オーノ先生1

初心者の方~お菓子作り大好きのベテランの方も、いつか教えられるほどの技術が学べます


――そうなのですね。確かに、レッスンを拝見しているときっちり技術を学び取ってほしいという思いを感じました。

オーノさん 私が学んだル・コルドン・ブルーでは、授業は競争でした。一秒でも早く着替えて、少しでも前の席に座り、一つでも多く技術を身につけたいと、必死で勉強をしました。

生徒の中には、せっかくプロの技術を学んだのに「自分の趣味のためなので特に使わない」という方もいらして、とてももったいないと思うこともありました。

私は、せっかく学んだ技術や大事なことは全部生徒さんに教えたい!と思っています。
そして、もし生徒さんが自分も誰かに教えたい、と思う方がいらしたら応援していきたいです。

――そうした思いもあって、エプロンではなくコックコートを着ていらっしゃるのですね。

教室運営に本当に必要なこと


――長年続けていらして、教室運営に必要なことはどんなことだと思いますか?

オーノさん 1に体力、2に体力、3に健康、4に家族の理解、5に運営資金だと思います。

――体力と回答する方は多いのですが、運営資金もと回答された方は初めてです。

オーノさん お教室を継続するためにはきちんと仕事として取り組み、運営するための資金がまわることが大切だと思うのです。

オーノ先生2

教室運営はまずは体力!見えない努力がたくさんあるからこそ、充実のレッスンが叶います。


――その通りだと思います。始めた以上は続けることが責務であり、また、継続するためにはきちんと収益を上げて、それを教室に投資して、よりよくなるために努力しながら経営していかなければならないと思います。
4番のご家族の理解も大切ですね。


オーノさん はい、やはり自宅で行う以上は、家族の理解と協力が必要です。我が家はたまたま主人も小さい頃からお客様が多い家庭だったので、理解してもらえました。応援してくれていて感謝しています。

――お教室運営は、レッスン時間以外にも準備や試作、レッスンの告知や受付、生徒さんの対応など目に見えない仕事が多くありますし、おうちのこととの両立は大変なこともあると思います。ご家族の理解と応援は必須ですね。

海外でもお菓子教室を!


――もし、これからお教室を始めたい方にアドバイスするとしたら、どのようなことがありますか?

オーノさん そうですね・・・学び続けることでしょうか。お教室運営に大切なことはいろいろとありますが、学び続けて実力があれば、生徒さんは来てくださると思います。

あと、先ほどお話したとおり体力と健康管理はとても大事です。
私も、どんなことがあってもいつも元気で明るくいることを心掛けています。

――今でも勉強を続けていることはありますか?

オーノさん 人気パティスリーのシェフに10年以上お菓子作りを習っていて、これまで自分で作ってきたレシピもどんどんアップデートしていっています。

いろいろな方から学んできましたが、旬の先生に学ぶということが大切だと思います。旬の先生はやはりアイデアが豊かですし、新しいことにたくさん出会えます。

私もいつも旬でいたい!と思います。アンテナを張って様々な情報に触れ、学び続けていたいです。

オーノ先生3

愛用のキッチンツールも皆さんの注目の的。お菓子作りの道具や様々な情報に触れるのも楽しみ。


――とても素敵です。輝き続けていらっしゃる理由に触れた気がします。
オーノさんのこれからのご活動の展望や夢を教えてください。


オーノさん 25年前からキッチンエイド・スタンドミキサーを愛用していることから、この度日本初のキッチンエイドのアンバサダーに任命頂きました。
皆さまの毎日の生活にもっとキッチンエイドを活用していただくべく、大好きなキッチンエイドを使って定期的に時短、簡単、そして美味しいお菓子やお料理のデモンストレーションレッスンを、お菓子教室とリンクさせながら様々な場所で展開していく予定です。

新たな展望としては、香港から通ってくださっている生徒さまから、香港でのお菓子教室開催をご希望いただいていることもあり、実現したいと思っています。今、アジアでは洋菓子ブームで、香港でも美味しいお菓子作りを希望する方が増えています。

次に、ハワイのホノルルに住んでいる長女ファミリーのところでも、お菓子教室開催を目指してまいります。
グランマのお味をホノルルの孫たちにもしっかりと覚えてもらいたいと思っています。

――ハワイにお孫さんもいらっしゃるのですね!アジア、ハワイでの展開も楽しみです。
最後に、オーノさんにとってキッチンはどんな場所でしょう?


オーノさん クリエイティブで美味しい場所、私の特技を生かし皆さまが喜んで下さる場所です。

――これからもたくさんの笑顔がこのキッチンから生まれ、海外にも広がりそうですね。今日は素敵なレッスンとお話をありがとうございました!

=====================

「家庭で作る、出来立てのお菓子の美味しさ」を伝えるプロとしての取り組みと、これからの活動の広がりを伺い、こちらまでパワーをいただいたような気がして、生徒さんが、「ここにくるといつも元気をいただくんです」とおっしゃていたことに共感しました。
美味しいお菓子はそれだけで人を幸せにしてくれますが、ここには、その幸せが何倍にもなる学びや元気になるモトが詰まっている、素敵なお教室でした。


(おわり)
インタビュー・テキスト=窪田みゆき
写真=原田圭介

プロフィール

オーノユウコさん

オーノユウコさん

菓子研究家・フローラル・ウェディングコーディネーター。
東京・世田谷下北沢の自宅で17年前からフランス菓子を基本とし『とびきり美味しいおしゃれな季節のお菓子❤ イグレックのお菓子教室』を主宰。
ル・コルドンブルーをはじめとして様々なお菓子教室で学び、お菓子教室アシスタント、パティスリーでの仕事、米国WILTONケーキデコレーションスクール公認インストラクターを経てケーキデコレーターとして活躍の他、企業のお菓子講座の講師も担当。

サロン情報

イグレックのお菓子教室

とびきり美味しいおしゃれな季節のお菓子❤

ご家庭で作ってこそ美味しいお菓子は沢山あります。ご自分で作ったお菓子は安心でとても美味しいんです。『イグレックのお菓子教室❤』は楽しいお菓子作りと美味しいティータイム、そして季節のテーブルコーディネートを楽しんでいただける癒し系の実習スタイルのお教室です♪
皆さまのお越しをお待ちしています❤

ジャンル:

パン、洋菓子、おもてなし、紅茶、コーヒー、テーブルコーディネート、ナプキンワーク、フラワーコーディネート、スイーツデコレーション、シュガークラフト、アイシングクッキー、中国茶、アーティフィシャルフラワー、インテリアコーディネート

サロン特長:

初心者歓迎、平日開催、夜間開催、土日開催、お友達同士歓迎、男性参加OK、少人数制(6人以下)、体験教室あり、予約制、各種イベントあり、駅近(徒歩10分以内)

所在地:

東京都世田谷区代沢

プロフィールはこちら