食の世界でビジネスをするということ

「パンとくらし」主宰 竹内絢香さん

インタビュー連載 第3回

今月のサロネーゼは、東京都板橋区で、「パンとくらし」を主宰する竹内絢香さん。株式会社パンとくらしの代表取締役、料理家でもいらっしゃいます。竹内さんは2012年に低温長時間発酵のパン教室をスタート、2年目にはキャンセル待ちが出るほどの人気教室になります。同時に料理家としての活動も開始し、様々な企業や行政とのコラボ事業や地方再生など、精力的に活動の幅を広げられています。
今回取材したのは今年の4月に新設された「おもてなしパーティーアドバイザー講座」です。そのレッスンの様子とインタビューを4回にわたりご紹介します。第3回目はインタビュー前半です。

掲載日:2018/6/18(月)

竹内絢香さん

竹内絢香さん

  • プロフィール
  • サロン情報

ニーズに合わせて新設されていく講座


――本日はレッスン取材をさせていただき、ありがとうございます。
自分でもこんなパーティーができたらいいなと、楽しく拝見させていただきました!
まずはこちらの教室のコンセプトをお聞かせください。


竹内さん 私は元々パン職人だったのですが、パンをオーブンに入れている間に次々と料理が完成していくような教室ができたらいいなと思っていました。

竹内絢香先生1

竹内さんの原点のパン作り。教室の形態は変わっても軸はぶれません


今まではパン中心のレッスンが多く、小さいお子さんを持つママ向けのパン教室や、「パン講師養成講座」を行ってきました。
レッスンには、教室運営をされている方も通ってくださっていたのですが、パンだけではなく、料理を出す教室が増えていく中、メニュー選びに苦戦されているという声もいただくようになりました。

そこで同時調理や段取りも学べるようなレッスンとして、今年の4月から、毎回2時間で10品の料理を作る「おもてなしパーティーアドバイザー講座」というものをスタートさせました。
受講生には、おもてなしパーティーアドバイザーとして各教室でレッスンを行ってもらうことで、フランチャイズ化を目指しています。

―具体的にはどのようなことが学べるのでしょうか?

竹内さん 全8回のレッスンで、8種類のパーティーがマスターできます。
今日のレッスンはキッズがテーマだったのでかわいらしいパーティーでしたが、ピクニックや大人向けのパーティーがテーマの時は、ハードパンを焼いて、白ワインに合うようなおつまみを作っていきます。
第一期生は10名でスタート。
教室運営されている方から、これから教室を開こうとしている方までいらっしゃいます。

――楽しそうですね!パーティーの手順を学べる教室はなかなかありません。 この他にどのようなレッスンがありますか?

竹内さん 自宅料理教室ではこちらのパーティーレッスンのみ開設しています。
この他には外部講師としてクックパッド代官山スタジオにて、動画の撮り方や、世界のパンを学べる講座をスタートさせます。

幅広い食のビジネス展開


――竹内さんは教室運営以外にどのような活動をなさってますか?

竹内さん 私の活動は大きく分けて5つあります。

1.パンの先生の先生
2.料理家
3.企業・行政とのコラボ事業
4.地方再生
5.田舎起業

竹内絢香先生2

食のビジネスを展開されている竹内さん、それぞれの仕事から相乗効果が生まれます


――食を通して様々な活動をなさっていらっしゃるんですね! 料理やスタイリングの技術はどちらで学ばれたのでしょう?

竹内さん フードスタイリングの学校に通っていました。
写真や動画については自己流です。
パン作りについては、パン屋さんで修業して習得しました。オーナーと二人でお店をやっていたので、メニューの開発からカフェプレート作りまで、様々なことを実践的に学ぶことができました。

――現場で身に付けた技術なんですね。実践的な知識や経験は、幅広い活動に活かされているのでしょうね。
子育てもされながら様々な仕事に取り組まれている中で、どのように時間を作っていらっしゃるのか気になります。


竹内さん 朝4時に起きて、二人の子供が起きるまでの2時間で各方面の仕事のメール配信等パソコン作業を行います。
朝のうちに夕飯も作ってしまうことで手間を省き、夕方は子供と過ごす時間を大切にしています。

料理教室の先生から起業へ


――竹内さんが育った環境について教えてください。

竹内さん 父の仕事の関係で5歳から10歳までアメリカで生活していました。
カラフルなカップケーキなどにも本場ならではの料理のこともよく覚えていますし、反対に日本料理って本当においしいんだなと思いましたね。

中学高校時代は体育会系の部活に夢中で、とにかく食べること専門!

社会人のスタートは、語学を活かせる仕事として、ホテルのサービスを選びました。
会員制の高級ホテルで、懐石料理もちょっと斬新な盛り付けだったりして、料理の世界っておもしろいなと思ったんです。
そこで転職を考え始めた時、手に職をつけて長く続けられる仕事がいいなと思い、クッキングスクールの講師に転職します。

竹内絢香先生3

クッキングスクールの講師として入った食の業界にビジネスチャンスを見つけます


――そこからどういう経緯で独立されたのでしょう?

上の子を妊娠した時に、食べ物の匂いを受け付けなくなり、クッキングスクールを退職します。
出産後、パン屋さんで働き始め、修業をしながら2012年に自宅で子連れパン教室をスタートさせました。
その当時は東京の葛西に住んでいて、ディズニーランドが近かったこともあり、ウェディング部門でアルバイトもしていました。
華やかなパーティー料理からはスタイリングも学べましたね。

2015年、主人の仕事の関係で神奈川県小田原市に引っ越します。
このタイミングで教室のスタイルを見直し、3か月でパン教室が開ける「パン講師養成講座」をスタートさせました。
必要としてくださる方のために東京にも教室を持ち、東京と小田原を行き来する生活になります。
また、これから教室開設を目指す方向けにホームページやブログも変えることで、より多くの方にお越しいただくようになりました。

その時に企業とのタイアップや、地方再生の仕事を始めます。
教室運営をされている方からも、教室運営のその先の仕事にどうつなげていくのかなど、料理技術以外の相談を受けるようになります。

今回のパーティー講座の中にも、ホームページの作り方など、自分のブランディングについての座学も設けています。

――着実にスキルアップなさってきたんですね。すごい行動力です!

竹内さん 仕事が増えてきたこともあり、2017年1月に株式会社パンとくらしを設立します。
会社設立後は、株式会社リクルートが運営しているゼクシィ縁結びパーティーとコラボして婚活パン教室を始めました。

――それはリクルート側から仕事依頼ですか?

竹内さん いいえ。婚活とパン作りをコラボさせたらおもしろいんじゃないかなと思い、私からリクルートさんにお電話したんです。
今日の生徒さんの中にも、この教室きっかけでご結婚された方がいらっしゃるんですよ!
現在は全国9拠点で展開しており、お嫁さんに来てほしい地域で開催することで、地方再生にもつながっています。

その他には、一般社団法人日本ホームパーティー協会での仕事があります。
友人の紹介で知り合った同協会の会長の方が、「パンが焼けるパーティーっておもしろい!」と目をつけてくださり、はまくまさんという横浜で人気のパン教室の先生と組んで、「あやクマ」というフードユニットとして活動しています。

=============

時代やニーズをキャッチしながら、食の世界でビジネス展開をされてきた竹内さん。
次回は魅力的な教室を作るポイントや、これからの夢についてうかがったインタビューの後半をお届けします。

インタビュー・テキスト=阿部麻里子、窪田みゆき
写真=原田圭介



プロフィール

竹内絢香さん

竹内絢香さん

・奈良県香芝市出身。
・関西外国語大学卒業後、リゾートトラスト㈱入社。会員制ホテル東京ベイコート倶楽部にてレストランやフロントでの接客を経験。
・就業中にABC Cooking Studio料理・パン・ケーキ・和菓子の講師資格取得し、結婚を機に退職。
・㈱ABC Cooking Studio東京ミッドタウンplus internationalにて英語レッスンも担当。
・元気な男の子を2012年1月に出産。友人向けに東雲キャナルコートにてパン教室を開く。 口コミでメンバーが広がり、場所をグランチャ東雲へ。2013年5月現在、サークルメンバーは150名に。
・2013年2月よりパパママ大学のパン講師として着任。 パン教室を開催中。
・他、雑誌『Mart』へのレシピ提供等、活動中。

サロン情報

「パンとくらし」

おうちでママと子供が一緒に焼くパン。
みんなに美味しいおかわり!と喜んでもらえる無添加パンつくり。

『忙しい子育ての合間にも、これなら私にも出来そう』をコンセプトに、おうちに帰ったら大好きな人に作ってあげたい!そんなパン作りをお伝えしています。

教室の名前は『パンとくらし』。
ママだってたまには息抜きしたいですよね。
それが家族や自分のためになれば素敵だなと思ってスタートしました★

カフェにいるようにリラックスしながら、
パンと向き合う幸せな時間…
みんな帰る頃にはすっかり友達になっています!

口コミから初めた小さな子連れパン教室。
今はたくさんのママがおうちでパン作りを楽しんでいます

私自身もこの教室を通して成長しながら、
皆さんのサポートをしていきたいと思います。

ジャンル:

家庭料理、イタリアン、フレンチ、インド、健康食、パン、和菓子、洋菓子、おもてなし

サロン特長:

初心者歓迎、平日開催、夜間開催、お友達同士歓迎、子連れOK、少人数制(6人以下)、体験教室あり、子供教室あり、予約制、駅近(徒歩10分以内)

所在地:

東京都

ホームページ、ブログ:

http://s.ameblo.jp/ayapan39

プロフィールはこちら