料理への情熱と伝えたい思いが活動の源

「おもサロンドキュイジヌ」主宰 表洋子さん

インタビュー連載 第3回

今月のサロネーゼは、東京・足立区で自宅料理教室「おもサロンドキュイジヌ」を主宰する表 洋子さん。 季節とテーマに合わせた世界の料理とテーブルコーディネートだけでなく、調理師・料理講師としての豊富な経験に基づく調理理論も学べるレッスンは大人気で満席が続きます。 4月のある日に開催されたレッスンに伺った模様と表さんのインタビューを4回にわたりご紹介します。 第3回目はお教室の情報や、料理の世界に入り料理教室を開いたきっかけと軌跡をうかがったインタビュー前半です。

掲載日:2016/5/23(月)

表 洋子さん

表 洋子さん

  • プロフィール
  • サロン情報
  • レシピ

料理で世界旅行!バラエティ豊かなレッスン


――お料理、テーブルコーディネートだけでなく衛生管理やマナーまで学べる充実のレッスンでした!終始楽しくアットホームな雰囲気も魅力ですね。たくさんお聞きしたいですが、まずはお教室のコンセプトや開催情報を教えてください。

表さん ありがとうございます!教室では、季節とテーマに合わせた世界の料理とテーブルコーディネートを紹介しており、調理師として調理現場勤務、料理講師として料理教室勤務の経験に基づく、作り方だけではなく調理理論やテーブルコーディネート、マナーを含めたトータルで知識が身につく内容をコンセプトにしております。

私自身が料理に苦手意識があった経験から、自信のない方、苦手な方の気持ちがよくわかるため、少人数制でわかりやすい説明と質問しやすい雰囲気なのが特徴です。

開催は月に平均8回、定員は4~6名様、参加費は1回5,000円~7,000円でレッスン内容により毎回異なりますので、その都度明記しております。参加費は、学生割引、ご紹介割引も設定しています。


表 洋子先生1

毎回がらっと変わる料理とテーブルコーディネート。トータルで学べおもてなしの力がつきます


――今日のレッスンのテーマは「資生堂パーラーをイメージした”基本の洋食”」でしたが、毎回様々なテーマでバラエティ豊かですね。

表さん レッスンのテーマは季節を意識して、良いもの、流行っているもの、生徒様からのリクエスト、そして、これまで世界35か国以上を訪れて本場の味を体験してきたことも取り入れて、日本はもちろん、世界の料理をテーマに毎回異なる様々な内容を設定しています。

これまで、エキゾチックなモロッコ料理やハワイの高級リゾートホテル風の朝食、ベルギー料理で祝うイースター、暑い夏を乗り切るタイ料理や南フランス料理でホームパーティ、ー、夜の森をイメージしたクリスマス料理などもテーマにして開催してきました。

私は北海道出身なのですが、札幌のスープカレーやいか飯をテーマにしたこともあり、とても好評でした。そのほか、洋風おせち料理のレッスンもおかげさまで人気のレッスンでした。

――料理をテーマに世界旅行ができるかのようですね!とても魅力的です。

表さん そのほか、フラアワーアレンジメントや紅茶など、食空間をトータルで学べるように外部講師をお招きして特別講座を開催したり、課外レッスンとして合羽橋や表参道で調理器具屋や食器屋を巡るツアー、ホテルでアフターヌーンティーをいただきながらマナーを学ぶ講座も不定期で開催しています。


分野の違うプロ仲間との貴重なつながり


――バラエティ豊かなお料理が学べることに加えて、それに合わせたテーブルコーディネートが学べることも喜ばれています。

表さん テーブルコーディネートは、「花・芸術文化協会」を主宰する鬼頭郁子先生に師事しています。お料理を美味しく召し上がっていただくには、器、花、カトラリー、テーブルクロスなども含め、トータルなコーディネートが大切だと思っています。

協会にはたくさんの素晴らしい方々がいらっしゃり、当教室でも同じく協会にご登録の大野奈津子先生に毎回のレッスンテーマに合わせたテーブルフラワーをお願いしているほか、先生を講師にお迎えして、フラワーアレンジメント特別講座も開催しています。

毎回その時々に開催している料理レッスンにリンクしたテーブルフラワーを習えることが特徴で、例えば、ハーブを使う料理レッスンの月はフラワーアレンジの中にミントが入っていたり、春野菜の時期はアスパラガスやスナップエンドウといった野菜とフラワーを組み合わせたアレンジです。

直近ですと、今月の料理レッスンテーマである資生堂パーラーのテーブルに合わせたフラワーアレンジを教えていただきました。あくまでも料理が載るテーブルが前提なので、フラワーだけで華美にするのではなく料理を載せたときをイメージして、テーブル全体のバランスを取ったデザインを考えてくださっています。

レッスン後は、その時々のフラワーアレンジのテーマに合わせてテーブルコーディネートとティーフードを私が用意し、選び方までトータルで提案しています。撮影映えするようにセッティングをしますので、記念に残ると生徒さんから喜ばれています。

――お花までトータルでコーディネートできるように考えられているのですね!


表 洋子先生2

信頼できるプロとコラボし、フラワーアレンジメントのレッスンも。生徒さんにとって大きな魅力です


表さん とても評判がよく、安心して大事な生徒さんに紹介することができ、なんとリピート率100%です!毎月料理レッスンに飾るテーブルフラワーも、イメージを伝えるだけで毎回期待以上の作品を用意してくださっているので、生徒さんからの評判もよく、私の料理とテーブルがワンランクアップし、鼻高々です(笑)

「花・芸術文化協会」を通して、このように信頼をおけるプロ意識の高い仲間に出会えたことは大きな財産となっています。主宰の鬼頭先生からは、知識やスキルのみならず、一流の仕事人としてのあり方や意識の部分をアシスタントの仕事をしながら学ばせていただいていており、心から感謝申し上げています。

また、紅茶やマナーの講座でも紅茶講師、ホテル勤務の友人・知人の協力を得て、生徒さんの食空間が更に充実するようにこのような講座を開催しており、その道のプロとのつながりをいただいているのもありがたいことです。


苦手だったお料理がライフワークに


――お料理が苦手だったとのことですが、お教室を主宰するにいたったきっかけと経緯はどのようなことでしょう。

表さん 元々料理に苦手意識があり、実は24歳まで料理がほとんどできませんでした。
そんななか、友人に誘われて初めて行った料理教室の体験レッスンでチーズケーキを作ったのですが、先生のご指導の通りにしたところ自分でも美味しく作ることができたことに感動!その場で将来は自分も料理の先生として教室を開きたいという目標を持ちました。

――え!それはすごいきっかけですね。しかもその場で将来お料理の先生になりたいと思ったこともすごいです(笑)

表さん このお話をするとみなさんに驚かれます(笑)。学校を卒業したあと札幌で会社に勤めていたのですが、この体験以降どんどんお料理を学ぶようになり、製菓は東京の学校に通い、国家資格も取りました。でもそのうちどうしても本場のフランスで学びたくなったんです。

会社を辞めそれまでの貯金をはたいて、フランスに料理留学し1年間滞在しました。その間パリの五つ星ホテルの厨房や有名ブーランジュリー・パティスリーで修行をして研鑽を積みました。

帰国後は母が背中を押してくれたこともあり、上京して一旦前職の経験をいかした仕事に就きましたが、30歳を機に料理の仕事を生業にすることを決意して脱サラし、料理教室で講師として勤めながら、厨房で調理師としても働き、本格的に活動を開始しました。
屋号の「おもサロンドキュイジヌ」で料理講師を始めたのが2010年ですので、料理を教える仕事は約6年になります。

――見事な行動力ですね!


表 洋子先生3

苦手な料理が今ではライフワークに。これまでの体験をいかしたわかりやすいレッスンは大好評


最初は友人、知人を対象に始め、少ししてからブログで募集を開始しました。
だんだんとお申し込みが増え、一度来てくださった方のリピートやご紹介も多くなり、教室開始から2年になりますが、約130名の生徒さんにお越しいただいています。

――2年でそんなに多くの方にお越しいただいているのですね。「口コミ」「紹介」「リピート」が多いのは、ご満足のあらわれですので、素晴らしいことだと思います。


==========================================

穏やかで包み込むような優しい雰囲気の表さんですが、料理とお仕事への情熱と、料理とテーブルコーディネートの楽しさ、そこから広がる心の豊かさを伝えたい、という熱い思いを感じました。
それこそが、表さんが前進し続ける原動力になっているのかもしれません。

次回最終回は「料理が苦手だった」からこそできる伝え方や、お教室運営で心がけていること、これからの夢を伺ったインタビュー後半をお届けします。
どうぞお楽しみに!

インタビュー・テキスト=窪田みゆき
写真=原田圭介



プロフィール

表 洋子さん

表 洋子さん
世界の料理研究家/
調理師/製菓衛生師/食育インストラクター/
花・芸術文化協会テーブルコーディネート認定教室

フランス留学時にエコール・リッツ・エスコフィエ・パリで学んだ後、パリの五つ星ホテルの厨房や有名ブーランジュリー・パティスリーにて修行。
帰国後、自治体や企業主催の料理・パン・食育教室講師、調理師、飲食店のメニュー・レシピ開発、執筆、講演、ラジオ出演、テーブルコーディネート教室のアシスタント等多数の仕事に携わる。
本場の味を体験することをライフワークとし、これまで訪れた国は35ヶ国以上。

2014年東京・北千住/北海道・札幌にて、料理とテーブルコーディネートの教室「おもサロンドキュイジヌ」をスタート。

サロン情報

「おもサロンドキュイジヌ」

レッスンでは季節とテーマに合わせた世界の料理とテーブルコーディネートを提案しております。
日々の食卓からおもてなしまで、手軽に作ることができ、かつ華やかに見せるアイデアが満載で生徒様から喜ばれています。

調理師として調理現場勤務、料理講師として料理教室勤務の経験に基づく、作り方だけではなく調理理論やテーブルコーディネート、マナーを含めたトータルで知識が身につく内容をコンセプトにしております。

自分が提供できる情報は出し惜しみなくお伝えしているため、生徒様からは「聞き漏らせないポイントや豆知識が盛りだくさんなので、レシピはメモ書きでいつも真っ黒になります」と言われます。

元々料理に苦手意識があった経験から、自信のない方、苦手な方の気持ちがよくわかるため、少人数制でわかりやすい説明と質問しやすい雰囲気作りを心がけております。

生徒様には料理初心者の方から料理教室開業を目標にされている方、ベテラン主婦の方までいらっしゃり、違った立場や目的でもそれぞれの方にご満足いただけるようなレッスンを目指して日々精進しております。

ジャンル:

家庭料理、日本料理、イタリアン、フレンチ、中華、韓国、スペイン、インド、エスニック、健康食、パン、チーズ、おもてなし、テーブルコーディネート

サロン特長:

初心者歓迎、平日開催、夜間開催、土日開催、お友達同士歓迎、男性参加OK、少人数制(6人以下)、体験教室あり、予約制、各種イベントあり、駅近(徒歩10分以内)

所在地:

東京都足立区千住

ホームページ、ブログ:

http://ameblo.jp/bienetre101010/

マイサロンはこちら

レシピ

カニクリームコロッケ トマトソース添え
カニクリームコロッケ トマトソース添え
材料
(8個分)
・ベシャメルソース 400g
・玉ねぎ(みじん切り) 1/2個
・カニのほぐし身 100g
・白ワイン 大さじ2
・白胡椒 少々
・バター 10g

・小麦粉・溶き卵・パン粉 適量
・揚げ油 適量

・トマトソース 適量
・パセリ 適量

作り方
  1. フライパンにバターを熱し、玉ねぎが柔らかくなるまで炒める。カニのほぐし身、白ワインを加えて水気がなくなるまで炒め、白胡椒で味を調える。ベシャメルソースを混ぜ合わせる。バットに移して冷凍庫で冷やし、半冷凍状態にする。
  2. 1のたねを8等分し、俵型に形を整える。小麦粉→溶き卵→パン粉の順に衣をつけて、170~180℃の油できつね色になるまで揚げる。パセリは素揚げする。
  3. 皿にトマトソースを敷き、カニクリームコロッケをのせて、パセリを飾る。