イギリス菓子の新しい魅力との出会い

「洋菓子教室The British Pudding」主宰 砂古玉緒さん

インタビュー連載 第2回

今月のサロネーゼは、大阪・住之江で「英国菓子・欧洋菓子教室The British Puddin(ブリティッシュ プディング)」を主宰する砂古玉緒さん。 イギリスの伝統菓子、地方菓子、宗教の菓子などを日本の材料で美味しく作れるレッスンは、他では学べない魅力が満載で遠方から通う生徒さんも多数です。 満席が続くレッスンのほか、現在放映中のNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」スコットランド料理・菓子の製作指導やレシピ本出版など、教室をベースに幅広くご活躍中です。 今回は、お菓子の歴史や由来なども学べる「英国菓子紀行クラス」の楽しいレッスンの模様と砂古さんのインタビューを4回にわたりご紹介します。 第2回目はレッスンレポート後半です。

掲載日:2014/12/1(月)

砂古玉緒さん

砂古玉緒さん

  • プロフィール
  • サロン情報
  • 書籍

モルドワイン作りも。気分はクリスマス!


伝統的な作り方で学ぶクリスマスプディング。陶器のベイスンで一人一台作り、お持ち帰り用の完成です!包み方についても、昔ながらの伝統的な方法が伝えられました。

「皆さんお疲れ様でした!お持ち帰りいただいたら3時間かけて蒸しあげて、クリスマスまで熟成させてくださいね。では次に、モルドワインを作ります」

モルドワインとは、赤ワインにスパイスを加えて温めて飲む、この時期ならではの飲み物。屋外のクリスマスマーケットやクリスマスディナーでも欠かせないものだとか。

「ドイツではグリューワインといいますが、イギリスではモルドワイン。少し味も違っています。作り方はとても簡単なのでぜひご自宅で作ってください。イギリスでは、スパイスがセットされたものや、スパイスがすでに入った温めるだけのものもありとても便利です。この時期には欠かせないもので、イギリスのお宅に行くと、テーブルにモルドワインを入れたお鍋とウォーマーがあって、来た人は自分でよそって飲みます。
このモルドワインの香りを、イギリスの人はChristmas smellと呼びます。

ハイ、材料を入れましたのでこれでコトコトと温めます。フルーツの渋みが出るので当日に飲み切ります。良い香りが部屋中に広がりますね」


砂古玉緒先生1

スパイスとフルーツを入れてモルドワイン作り。いい香りが広がり気分はクリスマス!


実習前のレクチャーで、モルドワインのためのスパイスセットの実物の紹介もありましたが、イギリスのスーパーや家庭が目の前に思い浮かぶような説明に、皆さんもワクワクしていらっしゃいます。

「わー、いいにおい!」
「では早速いただきましょう!」

早速できたてのモルドワインで乾杯を。スパイスとフルーツの香りが広がり、気分は一足早くクリスマスです。


知識も仲間も増えるレッスン


「それでは次にミンスパイを作りましょう!これもクリスマスには欠かせません。中に詰めるミンスミートは瓶詰めのものも販売されていて便利ですが、ワンボウルで簡単に手作りできます。
昔は名前の通りお肉が入っていましたが、その後肉の代わりに牛脂になり、今では牛脂の代わりに植物性油を使ったものなどヘルシーなミンスミートもあります。余ったらヨーグルトに混ぜたりトーストにのせても美味しいですよ。
では最初に作って休ませておいた生地を型で抜いていきましょう~」

日本ではなかなか入手でない本場の材料の紹介もあり、ここでも必ず現地の情報やお菓子の持つ背景についてお伝えされます。


砂古玉緒先生2

イギリスのクリスマスに欠かせないミンスパイ。手作りの楽しさを皆で共有できる実習タイム


広い作業台で一人ひとり型を抜いてミンスミートをつめ、焼き型へ。こうした作業を共にするのは、生徒さん同士の距離もぐっと縮まるとても楽しい時間です。
初めて会う方同士でも意気投合して仲良くなる生徒さんが多いとか。

「ここで仲良くなった生徒さん同士でイギリス旅行に出かけた方も。どんどんイギリスにはまっていく方も多いです(笑)。生徒さん同士が仲良くなってくださるのはとても嬉しいですね」

お教室に通ううちに興味が深まり、どんどん楽しみが広がっているという生徒さん達。
知識が増え、仲間にも出会えるレッスンです。


何度でも通いたくなるお教室の魅力


「ではそろそろクリスマスプディングが蒸しあがりますので、試食にしましょう!
イギリスでは家族で過ごすクリスマスディナーの最後にこのクリスマスプディングを食べます。
蒸して温めなおして温かいブランデーをかけて火を灯し、そしてブランデークリームをかけていただきます。
ブランデークリームはそれぞれ家庭の味があり、ブランデーと生クリームか、ブランデーとバターであることが多いのですが、ヘビーなので最近はシャンパンクリームが人気だそうです。

今日はラム酒をかけて火を灯しますね。うまく灯せるとよいのですが・・・はい!」

「わぁ!きれい!」

幻想的な青い炎とともに生徒さんから歓声があがります。

「では切り分けますね。クリームもたっぷりかけてお召し上がりください。あとでポマンダーも作りましょう」

早速生徒さんから美味しい!と声があかります。

試食の間も、イギリスのクリスマスにまつわる様々な情報が伝えられ、今日一日でイギリスのクリスマスのお菓子と過ごし方にずいぶん詳しくなりました。

ここで、皆さんにお教室の感想をうかがってみました。


砂古玉緒先生3

ポマンダー作りも学び、お菓子と一緒にお持ち帰り。試食の時もたっぷりイギリス情報を。


「家から近いところで通えるお教室を探していて、ネットで検索して見つけました。私もイギリス留学をしていたので、イギリスのお菓子作りを習ってみたい!と思ったのがきっかけです。実習ができて持ち帰りがあるのも嬉しいです。何より、先生が研究熱心でいらっしゃり毎回たくさん知識を学べるのが魅力です」

「イギリス伝統のお菓子が学べるのは、ほかになくて貴重だと思います。そのうえ、お菓子にまつわる歴史や、テーブルコーディネートなどお菓子作り以外のことも学べるのがよいですね」
「友人に誘われて参加しました。イギリスのお菓子に興味があったのですが、その文化などもわかりやすく教えていただいて、とても楽しかったです。イギリス菓子の印象が変わりました」
と教えてくださいました。
細やかな作り方はもちろん、お菓子の持つ歴史やストーリーもたっぷり学べ、イギリスを一緒に旅しているかのような気分になれるレッスン。砂古さんの気さくなお人柄もあって、楽しい雰囲気の中学べるのも大きな魅力です。
イギリス菓子の新しい魅力に出会える素敵なレッスンでした。
次回は、お教室情報やお教室開講のきっかけを伺ったインタビュー前半です。どうぞお楽しみに!

Q&A人気サロネーゼに7の質問 Question

サロン/教室の特徴、コンセプトは?
本場のイギリスの伝統菓子、地方菓子、宗教の菓子などを、日本の材料で作れるようご紹介しています。

どんな生徒さんが多いですか?
初心者から上級者まで満足いただける内容としています。紅茶、パン・菓子教室の先生も多いです。

レッスン情報(開催頻度やクラス内容、料金、定員など)
基本的な英国菓子クラス12回(修了証あり)と英国紀行クラス(珍しい英国菓子・料理)があり、すべて単発レッスンです。6~8名の少人数制。

レッスン中、心がけていることは?
ご参加の皆様に楽しんで頂けること。

人気の高いメニューは?
イギリスのスコーンレッスン。季節のプディングレッスン。

教室で愛用しているキッチングッズは?
メイソン・キャッシュのミキシングボウル!

初めて通ってみたい方へ、申込方法や持参するものは?
HPより気軽にお申し込みください。最初の一回は体験レッスンとなります。ご自由にお好きなレッスンを選んでください。



インタビュー・テキスト=窪田みゆき
写真=伊藤裕司



プロフィール

砂古玉緒さん

砂古玉緒さん
洋菓子研究家。製菓衛生師。
在英10年の間に、イギリス・ヨーロッパの菓子・料理を学ぶ。
2004年より大阪にて教室(トロワ・フィーユ)を主宰。英国に転勤後も教室を続ける。
再び大阪へ帰国後、2013年に洋菓子教室を再開。

UK Food Safety Hygiene Certificate取得
UK Tea Council Tea Masterclass 修了
Bettys Cookery School Certificate取得
在英中、Bracknell Cooking coursesにてイギリス菓子、その他でシュガークラフト、紅茶を学ぶ。

ロンドン、東京、大阪にて、洋菓子セミナーを開催。企業へのレシピ提供等、幅広く活動。

略歴
1996 イギリスへ駐在 イギリスの伝統菓子に魅せられる
1999 帰国
2000 京都製菓専門学校 入学 製菓を学ぶ
2001 国家資格 製菓衛生師 免許取得
2002 洋菓子店勤務
2004 洋菓子教室(トロワ・フィーユ)開講。イギリスの伝統菓子、欧州菓子を教える。
2006 再びイギリス駐在。イギリスの自宅にて洋菓子教室を再スタート。
2007~2011 毎年3月、一時帰国時には大阪自宅にてイギリス菓子教室開催。
2012.12 帰国
2013.3 新たに洋菓子教室再開。The British Puddingスタート。

日本の材料を使って、ご家庭で美味しく簡単に作れるようご指導いたします。

サロン情報

「洋菓子教室The British Pudding」

洋菓子研究家 砂古玉緒の 教室「The British Pudding」 へようこそ。
英国菓子クラスと欧州のお菓子のクラスをもつ自宅教室です。日本の材料を使ってご家庭でやさしく美味しく作ることができるようご指導いたします。
ロンドンの正統派アフタヌーンティの流行菓子から、田舎のティールームの素朴な焼き菓子まで、日本でまだあまり知られていない英国菓子を楽しく作って食べて!楽しみます。
さらにそのお菓子にあうテーブルセッティングもご提案。英国のティールームの雰囲気をそのままに、アンティークや普段の食器を使って。楽しいお菓子の魅力をトータルで学んで頂けます。
また欧州の菓子のクラスでは、季節感あふれるメニューを製作。各国の文化とお菓子に触れつつ、ケーキ店に並ぶようなお菓子を作ります。家庭で作る洋菓子をワンランクアップさせましょう。
初心者から上級者の方まで、皆様にご満足頂けるレッスンとなるよう心がけております。
まずはお好きなクラスに体験レッスンでご参加下さい。
お待ちしています。


ジャンル:

洋菓子、おもてなし、紅茶、テーブルコーディネート

サロン特長:

初心者歓迎、平日開催、土日開催、お友達同士歓迎、少人数制(6人以下)、体験教室あり、予約制、駐車場あり、各種イベントあり、駅近(徒歩10分以内)

所在地:

大阪府大阪市住之江区西住之江

ホームページ、ブログ:

http://www.britishpudding.com/

マイサロンはこちら

書籍

「お茶の時間のイギリス菓子」 砂古玉緒(世界文化社)

お茶の時間のイギリス菓子

イギリスの菓子レシピと共に、コラムがたっぷりの1冊です。

著者 砂古玉緒
出版社 世界文化社

ご購入はこちら

書籍

「イギリスのお菓子教室ビスケットとスコーン」 砂古玉緒(講談社)

イギリスのお菓子教室ビスケットとスコーン

イギリスの焼き菓子レシピ集。焼きたてお菓子で素敵なティータイムをして下さい。

著者 砂古玉緒
出版社 講談社

ご購入はこちら

書籍

「ENGLANDティールームさんぽ」 砂古玉緒(双葉社)

ENGLANDティールームさんぽ

ロンドン、コッツウォルズのティールームをぎっしり1冊ご紹介。アフタヌーンティ、クリームティーのためのガイド本です。

著者 砂古玉緒
出版社 双葉社

ご購入はこちら