料理は楽しい!と思う人を増やしたい

「広尾料理倶楽部」主宰 松村和夏さん

インタビュー連載 第3回

今月のサロネーゼは、東京都目黒区で「広尾料理倶楽部」を主宰する松村和夏さん。 「管理栄養士」「調理師」「食生活アドバイザー」の知識をいかし、家庭で作れる、簡単で華やか、そしてヘルシーで美味しいお料理を伝えていらっしゃいます。 コンセプトは、「楽しく料理して楽しく食べる!」。気さくで楽しくあたたかい雰囲気に惹かれ、料理初心者からベテランまで幅広い生徒さんが通います。 通い続けたい魅力いっぱいのレッスンの模様と松村さんのインタビューを4回にわたりご紹介します。 第3回目はお教室を開いたきっかけやお教室情報をうかがったインタビュー前半です。

掲載日:2014/9/16(火)

松村和夏さん

松村和夏さん

  • プロフィール
  • サロン情報
  • レシピ

生徒さんと一緒にレッスン作りも


――お疲れ様でした!和気あいあいと楽しいレッスンでしたね。作り方だけでなく、栄養価やお料理の組み合わせも勉強になりました。
まずはお教室情報から教えてください。


松村さん ありがとうございます。レッスンは、1メニューにつき約1か月間行っており、約2週間お休みして1か月間行うというサイクルで、月に20日間ほど開催しています。
夜の開催が基本なのですが、だんだん生徒さんが増えてきてお昼のクラスもリクエストがあれば開催しています。

内容は、毎回テーマを決め、各国の簡単にできる家庭料理をお伝えしていますが、生徒さんからのリクエストで決めることもあります。
レッスンフィーは6,500円で入会金の設定はなく、5名様までの少人数制です。


松村和夏先生1

レッスン内容は生徒さんのリクエストで決めることも。食について何でも聞ける身近さも魅力


――今回はタイ料理、前月はバスク料理でしたよね。バラエティに富んでいて楽しいですね。

松村さん 私が実際に訪問して学んだ現地の食文化を取り入れて、日本の家庭で作りやすいレシピにアレンジしてお伝えしています。
でも各国料理に限定しているのではなく、来月何やるのですか?と聞かれて決まっていないときは、何がいいですか?と聞いて、それにお応えすることもあります(笑)

生徒さんとは本当に気さくな関係で、いろいろおっしゃってくださいますし、私も遠慮なくお話しています。


栄養バランスのよいメニュー作り


――お教室のコンセプトや目指していることを教えてください。

松村さん 料理が好きな方も、全くできない方も、どんな方にも楽しんでもらい、「料理って楽しいんだ!」と思っていただけることをを目指しています。

――どんな生徒さんが多いですか?

松村さん 今日のように主婦の方や以前やっていた料理スクールの生徒さんなどお料理に慣れている方から、全く初めてという方、里田まいさんに憧れてお料理を習いたいという方など、幅広い方にお越しいただいています。年齢層もとても幅広いです。

――里田さんのブログで、ご自身が通っていて「とても楽しい!」とお教室の紹介がされていましたね!

松村さん そうなんです、ありがたいことです。


松村和夏先生2

栄養価と色のバランスを考えた作りやすいレシピ。普段にもおもてなしにも使えて毎回大好評


――毎回5~6品ほどを教えてくださるそうですが、どのようにメニューを決めるのですか?

松村さん たとえばグリーンカレーを作りたいと思いメインを決めたら、それに合うものを考えていきます。どんなお料理でもそうですが、主食があり、副菜があり、という一汁三菜のような構成にしています。

栄養のことを学びたいという生徒さんも多いのでいろいろお伝えするようにしていますが、調理法によって栄養価は違ってくるので、”生のまま””煮る””茹でる”など様々な調理法を取り入れています。そうすると、必然的に栄養素が取れるんです。

また、色のバランスも大切に考えています。バランスがよいと数品あるだけで豪華に見えますし、簡単なお料理でもおもてなし料理に見えます。

――栄養バランスがよくて、おもてなしにもなるお料理が学べるのは嬉しいですね。


初心者の方大歓迎!料理の楽しさに触れてほしい


――お教室を開いて約3年とのことですが、はじめたきっかけを教えてください。

松村さん 以前は会社員だったのですが、退職後英語を教えたり、ちょうど父が会社を立ち上げたので手伝ったりしていたのですが、何か自分の仕事をしたいと思い、かなり迷ったのですが料理が好きなので学校に通うことにしました。

最初は栄養士の資格が取れる専門学校に行ったのすが、やはり管理栄養士の資格まで取りたいと思い、途中で大学に編入したんです。
実は編入は倍率が高くて、編入前の1年は猛勉強しました。無事編入したあとも、1年と2年の分の取れてない単位がたくさんあったのでそれも勉強し、そして管理栄養士受験の勉強もありましたので、すごく猛勉強した数年でした。

そして卒業後、料理スクールに就職しました。


松村和夏先生3

「食べることが好きだったら絶対料理も楽しくできる!」――まずは料理の楽しさを伝えたい


――いろいろな食の仕事がある中で、教える仕事を選んだのはどうしてですか?

松村さん そうですね・・。私は食べることも料理も大好きなのですが、周りで「食べることは大好きだけど料理はできないんです」という声を聞くうちに、「食べることが好きだったら絶対料理も楽しくできるよ!」ということを伝えたいと思ったんです。
そこで料理スクールでは、どうしたら楽しく伝えることができるかという教え方を働きながら学び、その後自宅教室を始めました。

――そうだったのですね。何事も「楽しい!」と思うことからスタートですね。

松村さん そう思います。ここに通ううちに料理が楽しくなって得意になっていく生徒さんを見ると、とても嬉しいです。


==========================================

お料理初心者の方にこそ来ていただき、料理の楽しさを伝えたい!と話す松村さん。初めての生徒さんも通っているうちにみるみる料理好きになり腕を上げていく方が多いというのも納得です。

次回は、お教室運営にこめている思いやこれからの夢などをうかがったインタビュー後半をお届けします。どうぞお楽しみに!

インタビュー・テキスト=窪田みゆき
写真=菊池友里



プロフィール

松村和夏さん

松村和夏さん (まつむら わか)
OL経験やオーストラリア留学を経たのち、女子栄養大学へ入学。
「臨床栄養医学研究室」にて生活習慣病の研究に携わる。
管理栄養士免許、調理師免許、食生活アドバイザー等、食に関する資格を取得。
その後、料理教室にて講師として勤務するかたわら、料理研究家として活動。
2011年より料理教室を開催。
家庭でも簡単に華やかな演出ができるレシピ、女性のためのヘルシーかつおいしい料理、マラソンランナー、野球選手をはじめスポーツ選手への栄養指導など勝つための食事法や、おいしく楽しく生活習慣病を予防するレシピなど多数考案中。

サロン情報

「広尾料理倶楽部」

いくらヘルシーでも美味しくなかったら食事の時間がしょんぼり。。。
「広尾料理倶楽部」ではヘルシーかつ美味しいものを追求し、なおかつご家庭でも簡単に、そして見た目を華やかに飾れるよう、レシピを考えています。
そして、なんと言っても大切なことは、楽しくお料理して楽しく食べる!
これに尽きます。
はじめての方やお料理が苦手な方も、お気軽にいらしてくださいね。


ジャンル:

家庭料理、日本料理、イタリアン、フレンチ、中華、スペイン、おもてなし

サロン特長:

初心者歓迎、平日開催、夜間開催、土日開催、お友達同士歓迎、予約制、駅近(徒歩10分以内)、お酒の提供あり

所在地:

東京都渋谷駅、神泉駅、池尻大橋より徒歩圏内

ホームページ、ブログ:

http://ameblo.jp/healthy-gourmet/

マイサロンはこちら

レシピ

揚げ春巻き
揚げ春巻き

材料
材料 4人分
・ライスペーパー 4枚
・油 適宜

・豚挽き肉 250g
・春雨 20g
・干し椎茸 中2個
・玉ねぎ 1/2個
・醤油 小さじ1
・オイスターソース 小さじ1
・塩こしょう 少々

つけだれ *以下を全て混ぜる
・ナンプラー 大さじ2
・ライムの絞り汁 1/4個分
・酢 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・醤油 大さじ 1/2
・唐辛子の輪切り 適宜
付け合せ
レタス、プチトマト、コリアンダー

作り方
  1. 海老は殻をむき、背わたをとり包丁でたたき、すり身状にする。春雨は熱湯に入れやわらかくし、2cmの長さに切る。干し椎茸は水で戻してみじん切り、玉ねぎ、人参はみじん切りにする。
  2. 具の材料をボウルの中で混ぜる。
  3. ライスペーパーを水に浸し包丁で3等分に切る。(平行に3等分)
  4. 2を3にのせ、くるくる巻く。
  5. フライパンに1cmほど油を入れ加熱し、4を揚げ焼きする。
    ※皮同士がくっつきやすいので注意