レッスンは、ママが幸せになれる時間

『子連れママのパン教室shuwaiya shuwaiya』主宰 木本 尚子さん

インタビュー連載 第3回

今月のサロネーゼは、都内で「子連れママのパン教室shuwaiya shuwaiya」を主宰する木本尚子さん。 海外出張もバリバリこなすキャリアウーマンを経て結婚後はサウジアラビアで生活。 そこでパン作りに目覚め、その後妊娠出産・・とご自身の体験をいかし、帰国後に子連れで通えるパン教室を開催。 楽しく気さくな雰囲気の中わかりやすくパン作りが学べ、赤ちゃん連れでも安心して通えると評判を呼び、ほぼ毎日開催するレッスンは満席続きで予約が取れない状況が続いています。 他にない魅力たっぷりの人気のレッスンの模様とインタビューを4回にわたりご紹介します。 第3回目はお教室開設のきっかけやレッスンの工夫などをお聞きしたインタビュー前半をお届けします。

掲載日:2014/2/17(月)

木本尚子さん

木本尚子 さん

  • プロフィール
  • サロン情報

生徒さんの家族にも喜んでもらいたい


――作る楽しさと食べる楽しさ満載のレッスンですね!お子さん達がとても美味しそうにパクパクとパンを食べていたのも印象的でした。まずはお教室の情報を教えてください。

木本さん ありがとうございます!
子連れママ向けのパン教室として、月に15~20回開催しています。基本的には10時半~14時のクラスとなりますが、そのうち半分くらいは14時半~17時のクラスも設けて1日2回開催しています。

午後のクラスはランチタイムは設けず、その分、生徒さんがご家族と一緒に夕飯でたっぷりパンを味わっていただけるように、お持ち帰りいただくパンを多めにしています。
定員は午前のクラスが6人、午後のクラスが3人、料金は一律4,000円です。

そのほか3~4ヶ月に1度、おもてなし料理レッスンも開催しています。こちらは定員が8人です。
直近では、クリスマス向けの料理をテーマに去年の10月中旬から1ヶ月間開催しました。

料理レッスンでは、ランチタイムにお出しして好評だったもののほか、お子様のことも考えてヘルシーで、簡単で見栄えがするお料理をご紹介しています。
子どもがいるとなかなか当日に全てのお料理を作るのは難しいので、数日前から作りおきができるお料理を多くしています。

木本尚子先生1

お子さんに安心して食べてもらえるヘルシーなパンが中心。持ち帰って家族にも喜んでもらえます


――子連れママ対象であるほかにも、たくさんの特徴やこだわりがありそうですね。

木本さん はい、レッスンでご紹介するパンは、お子様に安心して食べさせることができるように、国産小麦を使い、油脂不使用のヘルシーなものが中心です。
また、ランチ付きのレッスンで、ご自分で作ったパンは全てお持ち帰りいただいています。

――お子さんに安心して食べさせることができる、そしてパンを持ち帰りできるのは嬉しいですね。

木本さん 私も子どもの離乳食にとても苦労をしたのですが、食べてくれたのが唯一私の手作りパンでした。そんな経験もあり、材料にもこだわり子どもに安心して食べさせることができるパンであることにこだわっています。
同じように離乳食でお困りのママさんや、お子さんがアレルギーをお持ちのママさんからも好評です。

ご自分が作ったパンを全てお持ち帰りいただくことにしているのは、これも私の経験からです。
教室を開く前にたくさんのレッスンに通ったのですが、家族の理解と協力を得て参加したレッスンで作ったパンは、その場で食べるのではなく、持って帰って家族に見せたいし、食べてもらいたいと思ったんです。

生徒さんも、ご自分が頑張って作ったパンを持って帰って、だんな様やお子さんにおいしい!って食べてもらえたら嬉しいですし、励みにもなると思います。ご家族にも喜んでもらうのは私の願いでもあります。

通う楽しみ、作る楽しみが膨らむレッスン


――それにしても山盛りのパンにボリュームたっぷりのお料理で驚きました!

木本さん 生徒さんにもよく、「先生、もっと少なくて大丈夫ですよ!」と言われます(笑)。
私のこだわりなのですが、食べきれないほどの量でもてなして、おなかいっぱい召し上がって満足していただきたい、「行ってよかったな、得したな」と思ってもらいたいと思っています。

お出しするパンは、今日のように同じ生地を使って違う具材を入れてアレンジするなど、生徒さんのレパートリーが広がるようなものにしています。
お料理も同じように、これまでのおもてなし料理レッスンでご紹介したメニューをアレンジしたり、生徒さんがこれなら家でできる、見ただけでもまねができる、と思ってもらえるものを心がけています。

例えば、今日はピタパンにチキンコンフィを挟んだものをお出ししましたが、チキンコンフィは前回の料理レッスンでご紹介したものなんです。こんなふうにピタパンに挟んでアレンジできますよ~ということをお伝えしました。

――盛り付けもおしゃれで、まねしたくなるおもてなしアイデアが満載で素敵でした。

木本さん ありがとうございます。レッスンのあと、「作りましたよー!」と、写真付きで教えてくださる方も多くて、そんなご報告を聞くと励みになります。

木本尚子先生2

パン作りだけでなく、料理と食卓のおもてなしアイデアも学べて満足度200%!


――教室に通い始めてからお料理が好きになったという方も多いとか。

木本さん はい、生徒さんの中には、そんなにお料理が得意ではなかったけれど通い続けていくうちに楽しくなって家でもどんどん作るようになったという方がたくさんいらっしゃいます。

ほかにも、「先生のところに通うようになって良いママ度があがった」「自分がこんなに料理するようになったなんて驚いている」「だんなさんのご両親をこれまで呼んだことがなかったけどおもてなしするようになった」などとお聞きすると、すごく嬉しいです。

――レッスンに通ってパンや料理を作る楽しみができると、気持ちに余裕も生まれますよね。

木本さん そうですね、それに、自分の時間が持てることもとても大きいと思います。子育て中のママはなかなか自分の時間が持てませんし、何か習いに行きたくても子どもを預けてまではいけない方が多数です。

私も経験しましたが、子連れ可というお教室でも、お子さん連れでない生徒さんが多い場合は申し訳ない気持ちになってしまいます。でもここは子連れママのためのパン教室なので、皆さん安心してお越しいただけます。
同じママ達と、「本当に大変だよね~」と愚痴もいえますし、リラックスして楽しんで欲しいと思っています。

幸せな働き方を模索し自宅教室を選択


――お教室をはじめたきっかけを教えてくだださい。

木本さん 結婚前は海外出張の多い仕事をしていたのですが、あるときサウジアラビアに出張したとき、駐在していた今の主人に出会い大恋愛をして(笑)、結婚し、サウジアラビアで暮らしました。

サウジではメイドさんがいて家事は何でもしてくれる生活で、一見優雅ですが、だんだんと何もすることがなくておかしくなりそうになってしまいました。それで、それまで苦手だった料理に取り組みことにしたんです。

実はそれまで料理は大の苦手で、カレーですら焦がしてしまうほどでした。それが、すっかり料理に夢中になり、中でもパン作りにはまり、サウジ中の小麦粉を集めて研究までしていました。フランスまでパンの勉強に行ったり、日本に戻ってパンの資格を取得したりもしました。

また、あちらではなかなか美味しいパン屋さんがなくて、まわりの欧米人達に私のパンが大好評で、頼まれて週に何百個と焼いて販売もしていました。

木本尚子 先生3

培ってきたパン作りのスキルをいかし、自分も家族も幸せな働き方を考えて自宅教室開業を選択


――すごいですね!

木本さん 2009年に日本に帰国し、二人目の出産後、どうしても仕事をしたかったのですが0歳と2歳の子供達を抱えての就職はとても現実的ではなく、すごく悩みました。

以前の会社に復職しないかと声をかけてもらったのですが、仕事をするからには独身時代と同じようにフルタイムで働き、海外出張もこなしたい。でも今戻ってもこういう仕事しかできないだろうな、というのが見え、以前より仕事量を減らしたり制限のある働き方は満足できなくて、自分が苦しくなるだろうと思ったんです。
もしそれでも勤めたら、夫に対して「あなたはいいわね」と思って夫婦関係もうまくいかなくなり、子どもには「子どものせいで」と思って辛くなる自分が想像できました。

だったら自分で何かしたほうが私に向いているかもしれない、家でできる仕事をしよう、好きなパンを教える教室を開こう、と思ったんです。

――そうでしたか・・、その葛藤ものすごくわかります。

木本さん パン屋を開業するという道も考えましたが、子育てしながらはなかなか難しいですよね。自宅教室であれば、ビルの一室を借りるわけでも、人を雇うなど投資がたくさん要るわけでもありません。実際、オーブンを一台買い足したくらいです。
そして、2010年6月にパン教室をオープンしました。

もしダメだったらやめればいい、と思って始めたのですが、これが楽しくて楽しくて!
いろいろな生徒さんにお会いできますし、子ども達も本当に可愛くて・・・。
自宅教室をやってよかったと思っています。

==========================================

自分自身のためにも、子ども達のためにも、自宅パン教室開業を決めたという木本さん。ご自身の体験をいかし、子育て中のママ達が楽しみに通い、心から満足してくれる時間になるよう、レッスンには様々な工夫と思いが詰め込まれています。それこそが他にないお教室の魅力と強みになっているようです。

次回は、お教室運営にこめている思いやこれからの夢をお聞きしたインタビュー後半をお届けします。どうぞお楽しみに!

インタビュー・テキスト=窪田みゆき
写真=原田圭介



プロフィール

木本尚子 さん

木本尚子 さん
大学卒業後、幼少時代をアメリカで過ごした時に身につけた語学力を活かすべく、化粧品会社に入社し、海外営業部に所属。仕事一筋で、年の半分以上は海外を飛び回ってばかりで、キッチンは寄り付く場所ではなかった私は、ルーを使ってでさえ、カレーさえ作ることが出来ませんでした。

そんな私が、出張先で出会った主人との結婚を機にサウジアラビアへ。
友人もいない、家事はメイドがしてくれて、仕事も出来ない・・・あまりに時間を持て余してしまう生活の中、異国の地で出会ったのが、今まで興味すらなかった「料理」でした。
来客が多かったこともあり、現地での限られた材料を使って試行錯誤。その中でもパン作りに凝り始め、没頭していました。サウジアラビアの市中で買うことの出来る全ての粉を研究し尽くす程でした。

独学でのパン作りに限界を感じ、サウジアラビアを飛び出し、フランスへ短期留学(修行?)。
また、日本に一時帰国した時間を使って、茨木久美子先生に師事し、パンの認定を取得。
サウジアラビアに戻ると、現地の日本人の奥様方にパンのレッスンを開講。また、現地に住むフランス人ら、美味しいパンを求めていた外国人に一週間に何百個というパンを焼いて、販売していました。
2009年5月に本帰国。
次女出産後、2010年6月に生後半年の次女を背負いながら、自宅でのパン教室を開講。

サロン情報

「子連れママのパン教室shuwaiya shuwaiya」

子育てをしながら自分も何かをしたい!!というママさん向けのパン教室です。
油脂を使用しない、アレルギー対応のヘルシーなパンを多数ご用意させて頂いております。

ご自身のペースにあわせて、お子様の機嫌をみながらそれぞれパンを生地からこねていきます。
焼いている間に講師作成のパンランチ。
レストランでもゆっくり食事が出来ないママさん達に外食気分を味わって頂きたいという私自身の想いをこめて、ランチはデザートまでご用意しております。
そしてご自分で作ったパンは、すべてお持ち帰りです。ママが作ったパンはご家族と食べてもらいたい・・・というこちらも私のこだわりです。

子連れではない方も沢山いらっしゃいます。

ジャンル:

パン

サロン特長:

初心者歓迎、平日開催、お友達同士歓迎、子連れOK、少人数制(6人以下)、駐車場あり、駅近(徒歩10分以内)

所在地:

東京都江戸川区東葛西

ホームページ、ブログ:

http://shuwaiya.com

マイサロンはこちら