5年後、10年後も通い続けていただける教室を

「料理教室Petit Citron」主宰 Citron ヨーコさん

インタビュー連載 第4回

今月のサロネーゼは、横浜市・たまプラーザのご自宅で『料理教室Petit Citron』を主宰するCitron ヨーコ さん。様々な経験を重ね培った技術と主婦ならではの観点が融合したレッスンは、”おいしくて・楽しくて・わかりやすくて・リーズナブル”と大好評。「身近な食材でレストランのようなお料理が家庭で作れる」と口コミが広がり、オープン3年目ですが早くも予約が取れないほどの人気です。今回は『料理教室Petit Citron』のレッスンの模様とインタビューを4回にわたりご紹介します。
最終回は、教室運営に込めている思いなどを伺ったインタビュー後半です。

掲載日:2012/10/22(月)

Citoronヨーコさん

  • プロフィール
  • サロン情報
  • レシピ

生徒さんに潤いが生まれるレッスンを目指して


──レッスンは説明がとてもわかりやすくて、アレンジやいろいろな情報も教えていただけ、非常に充実していると感じました。心がけていらっしゃることなどありますか?

Citron ヨーコさん ありがとうございます。レッスンでは、ちょっと非日常を感じていただきながら、でもご家庭でまた作っていただけることを大切に、”真似できる雰囲気”にしたいと思っています。
ここで学んでいただいたことで生徒さんの毎日に潤いが生まれたり、それがご家族に伝わって喜んでいただけるととても嬉しいです。

また、毎回6人の生徒さんお一人お一人と少しでもお話して、コミュニケーションを取るように心がけています。
こんな料理教室があったらいいなという内容を実現できる、皆さんにとって身近な教室を目指したいと思っていています。


料理の愉しさが再発見できて心も潤う楽しい時間。こんなレッスンあったらいいなが叶います


──「おうちごはん」と「おもてなし料理」の2コースあって、好きな時に申し込めるというのは、通いやすい方も多そうです。

Citron ヨーコさん 忙しい方もお越しいただきやすいようにと思い、単発参加のスタイルにしました。
でもその分、毎回勝負だと思っています。今月お越しいただいて良かったら来月もお越しいただけると思うので、毎回ご満足いただけることを目指していますが・・でも予約開始日はドキドキします・・。


参加者1名から、月に120名へ


──最初から生徒さんは順調に集まってくださったのですか?

Citron ヨーコさん いえ、最初はお一人だけのクラスもありました。公私混同しないようにと思い、あえて料理研究家名をつけて、友達はこちらからは一切呼ばずにスタートしました。

特に広告などもしていませんが、主にブログとホームページをきっかけに、おかげさまで半年で100人ほど通ってくださるようになり、今は月に120名ほどの生徒さんをお迎えしています。
もっとレッスンを増やしてください、と言っていただくこともあるのですが、それ以上増やすと、自分にとって最適なペースでなくなってしまうんです。
今は、月の約3分の2をレッスン、あとを外部のお仕事やレシピ開発、翌月のレッスンの準備とさせてもらっています。

──生徒さんはもちろんですが、Citron ヨーコさんもとても楽しそうなのが印象的でした。お教室を主宰してみて、良かったと思うことはありますか?

Citron ヨーコさん はい、とても良かったと思います! 生徒さんのお料理の上達を感じたり、ご家族につくって喜んでもらったと聞いたり、毎月のレッスンで生徒さんの顔を見るとそれだけで幸せな気分になります。
中には、親子や、お嫁さんと姑さんがご一緒にきてくださる方もいらして嬉しいです。
教室は、私にとってかけがえのないものになっています。

それに、生徒さん方がとてもいい方ばかりなんです。毎回、どんな方がお越しいただけるかとても楽しみです。

「生徒さんが喜んでくださるのが一番嬉しい。教室は一生続けていきます」


──逆に困ったことなどありましたか?

Citron ヨーコさん 生徒様が増えるにつれ予約が取れない方が出てしまったり、パソコンがあまり得意ではないので、予約日のメールのお返事に時間がかかってしまい生徒さんにご迷惑をおかけしてしまうことがあり申し訳ないと思っています。できるだけ通っている生徒さんが続けられる環境を考えながら改良しています。

──なるほど、パソコンのスキルもいろいろな場面で必要になるのですね。ところで、ワイナリーツアーや親子パン教室もしていらっしゃるのですね。

Citron ヨーコさん はい、私が年に数回訪れている山梨のワイナリーに生徒さんをお連れするワイナリーツアーを毎年行っていて、楽しみにしてくださっている生徒さんも多いです。今年も9月末にバスを借り切って、大人の遠足をしてきました。最後は沢山飲んで楽しいですよ(笑)。

親子パン教室は年に2~3回するのですが、結婚された方が「いつか子どもができたら参加したい」、また、小さいお子さんがいる方が「早く通えるようになりたい」と楽しみにしています、と言ってくださることがあり、それもとても嬉しいです。ママが行っているお教室に行ってみたいと言ってくれているお子さんもいらっしゃるみたいで、私も楽しみです。

──お教室発の素敵なつながりですね!


いつか「すごいおばあちゃんになりたい」


──かなりご多忙かとは思いますが、今も勉強を続けていることはありますか?

Citron ヨーコさん 以前はいろいろな料理教室に通っていましたが、今はなるべく旅に出てその土地ならではの料理や文化を学んで、感じたことを日本でできるお料理に工夫してお伝えしたいと思っています。
世界の料理を知りたいので、大の苦手なのですが語学も学んでいます。また、日本料理から日本文化に興味が深まり、着付けに通っています。次はお茶を始める予定です。


「生徒さんが通い続けてくださるように、自分自身も成長していきたいです」



──幅広い知識はお料理やレッスンに反映されそうですね!学び続ける姿勢を尊敬します。このコーナーは、これからお教室を開きたい方もよくご覧くださっているのですが、アドバイスがありましたらお願いします。

Citron ヨーコさん そうですね、夢を夢で終わらせないために、きちんと目標にして、そのための努力をしっかりしていけば必ず叶うと思います。
あと、お料理の基礎ですね。だんだん年数が経ってくるとあとから教えてもらえなくなってくるので、早いうちに基礎をきちんと身につけておくことも大切だと思います。

──ありがとうございます。最後に、これからの夢やお教室の展望を教えてください。

Citron ヨーコさん 規模はこのままで、今いる生徒さんが5年後、10年後も飽きずに通っていただけるように、自分自身も成長していきたいです。
そしていつか、すごいおばあちゃんになりたいです(笑)。

──おばあちゃんですか!?

Citron ヨーコさん 例えば、きちんと着物を着て季節の保存食を教えるなど、日本人としての文化もきちんと伝えられるような、すごいおばあちゃんになりたいと思います。

──きっと素敵に年齢を重ねていかれると思います。これからのご活躍もますます楽しみですね。今日は本当にありがとうございました!

Citron ヨーコさん こちらこそありがとうございました!

インタビュー・テキスト=窪田みゆき
写真=原田圭介

プロフィール

Citoronヨーコさん
『料理教室Petit Citron』主宰

料理研究家。飲食店の夫との結婚を機に食の世界へ。
本場での経験にこだわり、レストランに勤め、料理教室で勤務し、休みの日には料理教室に通い続ける日々を続けるなかで多くの学びを得る。
2009年春。横浜市たまプラーザに料理教室Petit Citronを開設。家庭料理と身近な素材を使用したおもてなし料理のレッスンは主婦ならではの視線とレストランの経験を生かした内容が好評。
現在は毎月の20レッスンに加え、企業の商品開発・レシピ提案・外部講師と幅広く活躍。
積極的に畑や食品加工会社を訪問したり、国内外の旅に出かけ、その風土ならではの料理を研究し続けている。将来は梅干し名人のおばあちゃんを目指しています。

サロン情報

料理教室Petit Citron

料理教室プチシトロンはたまプラーザの自宅マンションの小さな料理教室です。
こんな料理教室あったらいいなを実現できるみなさんの身近なサロンを目指しています。

身近な素材を使ったおもてなし料理。
手間暇かけたおうちごはん。
ワインとワインのおつまみ。

コースは3つ。
1回完結レッスンですので毎回お好きな時間・お好きなメニューを組み合わせてお申込みいただけます。
忙しい女性の声に耳を傾けたらこんなスタイルになりました。

ジャンル:

家庭料理、イタリアン、フレンチ、おもてなし

サロン特長:

初心者歓迎、平日開催、夜間開催、土日開催、お友達同士歓迎、少人数制(6人以下)、体験教室あり、予約制、各種イベントあり、駅近(徒歩10分以内)、お酒の提供あり

所在地:

神奈川県横浜市青葉区美しが丘

ホームページ、ブログ:

http://www.petit-citron.com/
http://citronkami.exblog.jp/

レッスン情報:

◆おうちごはん
帰ったらすぐに作りたくなるお料理をご提案。ひと手間かけたお料理は食べる人の心を温かくしてくれます。いつもの野菜が、いつものお肉がこんなお料理に!こんなにおいしく!そんな喜びをお伝えできたらと思っています。初心者~レパートリーを増やしたい主婦の方まで幅広くお通いいただいています。

◆おもてなし料理
こちらのコースもできるだけ身近な素材を使ってレストランのようなお料理に仕上げていきます。身近な素材でレストランのようなお料理ができたら嬉しいですよね。
プチシトロンではできる限り身近な素材をおいしくお料理する気持ちと技術と工夫をお伝えしています。

◆ワイン会
2か月縫に一度、ソムリエをお招きしてのワイン会を開催しています。料理教室ならではのワイン会ですので、デモンストレーションでおつまみ3品を20分でお伝えしています。ワインのラインナップは毎回テーマを決めて。ご家庭でのお料理にあうよう、そして気軽にワインを楽しめるような会目指しています。

マイサロンはこちら

レシピ

グリーンサラダ セルヴェル ド カニュを添えて
グリーンサラダ セルヴェル ド カニュを添えて

材料
(4人分)
・ベビーリーフ 1PC
・グリンピースさやなし 80g
・チキンブイヨン 200cc
・塩、オリーブオイル 適量

【セルヴェル ド カニュ】
・クリームチーズ 80g
・エシャロット 15g
・レモン汁  小さじ1
・オリーブオイル 大さじ1
・セルフィーユ 2枝
・シブレット 適宜
作り方

  1. チキンブイヨンを沸騰させ、グリンピースをゆで、冷ましておく。
  2. セルヴェル ド カニュを作る。
    エシャロットはみじん切りにして水にさらし、水を切っておく。セルフィーユは飾り用に少し残し、みじん切りにする。ボールにクリームチーズ・レモン汁・オリーブオイルを入れ、よく混ぜる。エシャロット・セルフィーユを加えて軽く混ぜ、塩・こしょうで味を調える。
  3. 鍋ベビーリーフは塩・オリーブオイルを適量合わせる。皿にグリンピースをのせ、その上にベビーリーフをのせ、セルヴェル ド カニュを添える。
※セルヴェル ド カニュとは、フロマージュブランにセルフィーユやシブレット・エシャロット・オリーブオイル・にんにく・ワインビネガーなどを合わせたもの。サラダに添えたり、パンやクラッカーにつけて食べます。日本ではフロマージュブランが入手しにくいので、クリームチーズで代用。