通うことで感性が磨かれていくサロン

『Flora Rumi & Ambiente』主宰 向坂留美子さん

インタビュー連載 第2回

今月のサロネーゼは、東京・世田谷区で東京・駒沢の自宅を中心にフラワーサロン『Flora Rumi』(フローラルミ)とおしゃれな暮らしをトータルに提案する美生活サロン『Ambiente』(アンビエンテ)を主宰する向坂留美子さん。センスのよいアーティフィシャルフラワーが学べるレッスンには、全国から生徒さんが通い常に満席が続きます。
「サロネーゼ入門」の著者でもあり、”スーパーサロネーゼ”としても大人気の向坂さんのレッスンの模様とインタビューを4回に渡りご紹介。第2回目はレッスンレポート後半です。

掲載日:2012/2/13(月)

向坂留美子さん

  • プロフィール
  • サロン情報
  • 書籍

レベルに合わせ楽しくスキルアップ

向坂さんによる詳細なレクチャーが終わると、いよいよ生徒さんの作品作りの開始です。 早速封を開けて器を取り出し、花材を片手にデザインを考え、フォームに差していく生徒さん達。和気あいあいの楽しい雰囲気の中、そのまなざしは真剣です。


「私の作品はあくまでも見本なので同じものを作るのではなく、皆さんそれぞれご自分のデザインで作ってくださいね。ポイントは、同じ色の花材や隣り合う花材が同じ高さにならないように高低差をつけこと、あと、中央のどこかに風が通るような空間を残しておくと、窮屈なデザインにならず自然な感じに仕上がります」

向坂さんは一人一人の席を周り、レベルや進み具合に合わせてアドバイスをしていきます。    



初心者も上級者も、それぞれの個性を引き出す指導で楽しみながらスキルアップ


『Flora Rumi』のレッスンは、あえてレベル別のクラス分けをせず、各開催日に自由にお申し込みいただけるスタイル。以前ご自身が仕事をしながら習い事をしていたとき、多忙のため両立に苦労した経験から、なるべく生徒さんが通いやすいように、との思いでレッスンスケジュールやルールが設定されています。

一人一人のレベルと個性に合わせた丁寧な指導



「先生、テーブルのセンターに置こうと思うのですが、これだと高いですか?」

「基本は、テーブルから30cmの高さと言われていますが、最近はいろいろなスタイルがありますから、その高さも良いと思いますよ。ただ、ここの高さが揃ってしまっているので、どちらかを短くするとバランスがよくなりますね。この花材を、もう少しこちらに向けてみてはどうでしょう?」

「先生、これは切り分けて使ったほうがよいですか?」


「そうですね、ミントなどはこうして全部切り分けて使ってもよいです。あと、アートフラワ―の人工的な部分を他の花で隠していく感じにすると自然に仕上がります。アレンジを美しく仕上げるポイントの1つが、器のエッジが見えないように仕上げることです。つまり葉や花などで器の縁を隠すように刺していって下さい。器はくるくる回して、両サイドから見ることを考えて差していくとよいですよ。それから、アートフラワーならではの特長ですが、この花材はこのように・・」

笑いを交えながら気さくに生徒さんの質問に回答。何でも質問できる雰囲気も人気の秘訣



一つの質問にもとても丁寧に答え、一人一人の個性とデザインを活かしながら多くのアドバイスと情報を伝えていきます。
それは、アートフラワーに早くから着目してデザインの研究・開発をし、オリジナルメソッドを培ってきたからこその的確な指導。そこに、ドイツ・ヨーロッパ暮らしで磨いたセンスが融合し、全国の生徒さんから支持されている『Flora Rumi』ならではのスタイルが生み出されています。


“ここでしか学べない”魅力がいっぱい




そろそろ皆さんの作品が出来上がってきました。
同じ花材でも出来上がりは皆さん異なります。作品には性格が表れるとか?

「はい、作品にはその方の性格が表れますね~!大らかにゆったり生ける方、小さめにまとめる方など、本当にそれぞれなんですよ」

そんな違いをお互いに確認できるのもレッスンの楽しいところです。
完成後は撮影タイム。続いての向坂さんによる講評を交えたティータイムも皆さんのお楽しみです。    


ここで生徒さんに『Flora Rumi』の魅力を伺ってみました。

「まずは先生のお人柄ですね、そしてもちろんデザインも。いろいろな教室がありますが、洗練された色遣いとデザインは向坂先生ならでは。ここでしか学べないものだと思います」

「ずっとブログを拝見していて、申し込みました。お部屋も先生もすごく素敵で最初はとても緊張しましたが、先生が気さくな方なのですぐに緊張が解けました。お花だけでなくインテリアやお部屋のコーディネートも毎回勉強になり、日々の暮らしが変わってきました」

「魅力はたくさんありますが、私も仕事をしていますので、先生のプロ意識をとても尊敬しています。お花に対する情熱やデザインもそうですが、生徒さんへのこまめな気配りは素晴らしいです」

「ここに通うことで感性までも磨かれていくように思います」そんな生徒さんが全国から



他にはない洗練されたフラワーデザイン、先生のお人柄と気配り、そしてサロンのしつらえがとても魅力的で、それら全てが”ここでしか学べない”とおっしゃいます。

まさに、通っているうちにセンスが高まるサロンと言えそうです。初心者からプロを目指す方まで、デザインや技術だけでなく、五感で感性を磨きたい方にはぜひ通っていただきたいフラワーサロンです。


次回は、向坂さんのサロン開設のきっかけや軌跡など、レッスン後に伺ったインタビューをお届けします。どうぞお楽しみに。

生徒さんの声 Voice

  • Aさん
    「友人への贈物にお花を探していたときにネットで先生のブログを拝見したのがきっかけです。他にはない、洗練されたデザインと色遣いに一目で魅了されて申し込みました。先生のセンスは本当に素敵だと思います」
  • Bさん
    「全くの初心者で最初は緊張しましたが、先生がとても気さくで丁寧に教えてくださるので安心しました。こんな作品が作れるようになって嬉しいです。家に飾っていますが、家族も部屋の雰囲気が変わるね、と喜んでくれています」
  • Cさん
    「お花だけでなく、インテリアや季節ごとの部屋のデコレーションもすごく参考になりますし、他の生徒さんも皆さん美意識が高い方が多くて勉強になります。素敵な雰囲気で学べることも、スキルアップにつながっているように思います」

インタビュー・テキスト=窪田みゆき
写真=原田圭介

プロフィール

向坂留美子さん
『Flora Rumi & Ambiente』主宰

逗子生まれ。東京女子大卒業後、フラワーデザインスクールにて講師資格取得。
夫の転勤で3年ドイツに滞在。その間、ドイツ&イギリスにてヨーロッパのフラワーデザイン、おもてなし料理&テーブルセッティングなどを学ぶ。

現在、世田谷の自宅マンションでフラワー&美生活サロン「Flora Rumi & Ambiente」を主宰。2010年4月、サロン10年の節目に、ハリーポッターを出版している株式会社静山社から「向坂留美子のサロネーゼ入門」を出版。

ナチュラル&シックな「Rumi’s Style」アーティフィシャルフラワーのコースが人気でサロンは全国から通う参加者で賑わっている。
この他、サロネーゼ&ブログセミナー、インテリアレッスン、イベント企画なども行う。
玉川高島屋SCカルチャーサロン講師

サロン情報

Flora Rumi & Ambiente

フラワーサロンでは、花を通して季節感のあるお洒落な生活を・・、そして美生活サロンでは、それぞれの専門分野のサロネーゼさんをゲストに迎え、食と花、香りと花、音楽と花・・と五感で楽しむライフスタイルを提案しています。

ジャンル:

おもてなし、テーブルコーディネート、フラワーコーディネート

サロン特長:

初心者歓迎、平日開催、夜間開催、土日開催、お友達同士歓迎、少人数制(6人以下)、体験教室あり、予約制、駐車場あり、各種イベントあり、駅近(徒歩10分以内)

所在地:

東京都世田谷区野沢

ホームページ、ブログ:

http://www.flora-rumi.com
http://ameblo.jp/flora-rumi

レッスン情報:

★Interior Flower Course★
日々の暮らしをお洒落に、心豊かに過ごすためにお花をデザインするコースです。
ホームパーティーなどに自分でアレンジしたお花を飾ってみたい・・・、自作の花束をプレゼントとして差し上げられたら・・・、クリスマスリース、お正月の飾りをセンス良く手作りしたい・・・そんな希望を持っている方は結構多いと思います。このコースはそんな方たちのために作られたコースです。
季節感を大切にしたアレンジメント、行事に合わせたデザインを、生花、ドライ、プリザーブド(葉ものを中心に)、アーティフィシャルフラワーで作ります。また、フラワーデザインの基本形であるジオメトリックフォームや花束の作り方、コサージ などのデザインを織り交ぜたカリキュラムになっています。

マイサロンはこちら

書籍

向坂留美子のサロネーゼ入門

『向坂留美子のサロネーゼ入門』

「好き」を仕事にしたいあなたへ! サロネーゼ歴10年の著者が、サロンをオープンする、サロンを運営するノウハウをすべて明かします!

「サロネーゼ」とは、自宅で料理、手芸、フラワーデザインなどをメインにサロン(教室)を主宰して人気を博している女性のこと。結婚して子どもができて家庭に入っても、好きなことを教えることで社会とのつながりが持てる、それが「サロネーゼ」という生き方。そして、自宅サロンは、そのとき、そのときの家庭の事情に応じて、リスクをほとんど負うことなく、拡大することも、縮小することも可能です。これまでにない、女性が自分の仕事をしていくヒント満載!

著者 向坂留美子
出版社 静山社
価格 税込1,365円

ご購入はこちら