Looks like you have taken a wrong turn.....
Don't worry... it happens to the best of us.

予約の取れない自宅教室~憧れのサロネーゼ~ | サロネーゼ情報サイト Dreamia Club(ドリーミアクラブ) ページが見つかりませんでした – Dreamia Club

Looks like you have taken a wrong turn.....
Don't worry... it happens to the best of us.

[an error occurred while processing this directive]
ページが見つかりませんでした – Dreamia Club

Looks like you have taken a wrong turn.....
Don't worry... it happens to the best of us.

ページが見つかりませんでした – Dreamia Club

Looks like you have taken a wrong turn.....
Don't worry... it happens to the best of us.

予約の取れない自宅教室~憧れのサロネーゼ~

今月のサロネーゼ クッキングスタジオ「キッチン*コミュニケーション」主宰 鎌倉恵子さん

目指すのは食を通じた「地域のコミュニティ」

コメント(0)トラックバック(0)

インタビュー連載 第1回

今月のサロネーゼは、兵庫県西明石で、「人と人が食を通じて楽しく繋がる場所」をコンセプトに、パンを中心に料理・ワイン等幅広く学べるクッキングスタジオ「キッチン*コミュニケーション」を主宰する鎌倉恵子さん。 ほぼ毎日開催されるレッスンには、初心者~食で起業を目指す方、お子さん連の方など、様々な生徒さんが通います。 単なるお教室ではなく、「地域のコミュニティ」を目指す鎌倉さんの理念に共感し、ここで学んで巣立ち、自宅パン教室を開業した方も多数。 この春リフォームしたばかりのピカピカのキッチンが気持ちいい素敵な空間でのレッスンの模様と、鎌倉さんのインタビューを4回にわたりご紹介します。 第1回目はお教室の紹介とレッスンレポート前半です。

掲載日:2014/6/2(月)

鎌倉恵子さん

鎌倉恵子さん

  • プロフィール
  • サロン情報
  • オススメ商品

西明石発・キッチンからコミュニケーションを


新幹線も止まるJR西明石駅から北へ徒歩4分ほどの明石市松の内町。交通至便で便利な場所にある「キッチン*コミュニケーション」は、料理の世界で長年活躍してきた鎌倉恵子さんが、独立・起業し、8年前に開いたクッキングスタジオ。

料理の仕事と並行して自宅教室も主宰していましたが、受け入れられないほど生徒さんがどんどん増え、思い切って教室専用の場所を借りたそう。そしてその2年後には意を決して自力で購入した、教室専用のスタジオです。

ここでは、パンを中心に、料理、ワインのレッスンや、男性や子供向け、赤ちゃん連れのママ向けレッスンなど多彩な内容でほぼ毎日開催されています。

伺ったこの日は、パンのレッスン。ワクワクしながら伺うと、

「こんにちはー!どうぞどうぞあがってください!」

明るい笑顔と声で鎌倉さんが迎えてくださいました。


鎌倉恵子先生1

キッチンの壁はイタリアから輸入したレンガで。開放的であたたかい、料理が楽しくなる空間


広々とした2LDKの空間は、全てが教室スペース。
生徒さんが「明るい気持ちで楽しくレッスンに参加できるように」と、この春リフォームしたキッチンは、窓から光がたっぷり入りる開放的な雰囲気。ちょうどリフォーム前に訪問したという南イタリアをイメージして空間作りをしたそうです。
風に優しく揺れるベランダの花々も、ここで過ごす時間に彩りを添えています。

キッチンは、教室のキャパシティに合わせて2台設置されています。いろいろ検討した結果、クリナップ製のキッチンを選択したそう。収納スペースがたっぷりあり、幅広いクラスに対応する調理道具もラクラク収納。清掃性も高く、いつも清潔が保てます。

「あと、絶対に食洗機は2台入れたかったので、それはこだわりました。大人数をお迎えするときにこれがあるとないとでは大違いですので。使い勝手も良くて、大満足しています!」

そして素敵なアイデアなのが、キッチンや壁に貼られたウォールステッカー。
壁にはナチュラル感を演出する木々のデザイン、キッチンには収納場所の表示を兼ねておしゃれなキッチンツールのものが。
「真似したい!」と、生徒さんにも大好評です。


人と人が楽しく繋がる場所


驚くのは、ダイニングにつながった、15、6人はゆったり座れる畳のスペース。

「教室名を「キッチン*コミュニケーション」としたのは、キッチンを真ん中に、食を通じて人と人が楽しく繋がる場所であるように、という希望をこめています。

お店など外で集まるといろいろ気を使ったり時間制限もありますよね。
でもこうした場所があれば、皆さんに気軽に集まっていただけますし、お年寄りや赤ちゃん連れのママたちも気兼ねなく来ていただけます。
レッスンで使うだけでなく、講師向けの勉強会や、異業種交流会など、いろいろな集まりに活用しています。

単に教室であるだけでなく、いろいろな人に食を通じて集まってもらえる「地域のコミュニティ」であることを目指しています」

鎌倉さんの思いがつまったスペースです。


鎌倉恵子先生2

初心者~ベテランの生徒さんが一緒にレッスン。お互いにとって勉強になります


10時半の開始時間が近づき、生徒さんが集まっていらっしゃいました。

今日は、体験教室を経て今日初回参加の方、数回目の方、こちらで講師資格を取得してすでに教えている方など4名と、アシスタントさん1名での開催です。

「キッチンコミュニケーション」のパンレッスンは、初級・中級・上級・インストラクターコースがあり、それぞれカリキュラムがあり、コースにより作るパンのレベル分けがされています。
ユニークなのは、コースごとに生徒さんが別れているのではなく、1回のレッスンにそれぞれのコースの生徒さんが混在し、一緒にレッスンを進めること。
そうすることで、相互に勉強になるそうです。

「初級者の方は、レベルアップしたらあんなパンが作れるんだな、ああいう作り方があるんだ、と勉強になり、上級者の方は、過去に習ったパンの復習になります。

また、上級者の方が初級者の方のサポートをすることもあり、お互いに貴重な勉強の機会になるんです。特にインストラクターコースの方は、初級の方がどういった点がわからないか、どう伝えればわかりやすいかなども学べます」

と、鎌倉さん。なるほど、皆さんにとってプラスになるクラス構成なのですね。


目と手でしっかり確認


さて、その日作るパンは、当日参加している生徒さんで話し合い、カリキュラムの中から選んで決めるのが「キッチン*コミュニケーション」のしくみ。

早速鎌倉さんも入って、皆さんのバランスや過去習ったパンとの重複を考えながらチョイス。
今日は、バターロールとメロンパンに決定しました。

決定したら早速、材料となる粉類の計量の開始です。
先輩の生徒さんが中心となって、手際よく準備が進みます。

手捏ねがベースですが、作るパンやレベルにあわせ、ニーダー(こね機)も活用するそう。今日は両方で作っていきます。


鎌倉恵子先生3

細かなところまでわかりやすい説明がなされ、初心者の方も気負いなく学んでいけます


「では、バターロールを手捏ねで作っていきましょう。まず粉、そしてイースト、塩、砂糖など、このように東西南北と置いていきます。そうすると忘れ物がなくなります。イーストですが、これは生きもので、・・・」

初級コースの生徒さんに、鎌倉さんのレクチャーが始まります。
使う材料、作り方の説明から進みますが、とても明確で覚えやすいコツがいっぱい。なぜこの材料が必要でどういう働きをするか、どうしてこの作業が必要か、などわかりやすく教えてくださいます。

「ハイ、では混ぜていきます。ちょっと触ってみて。べたべたしているのと、この辺に粉が残っているがわかりますか?」

ポイントポイントで、見極めるべき点や理想の状態をしっかり目と手で確認できます。

しっかり学ぼうと真剣なまなざしの生徒さん。
粉と材料が混ざったら、さあ次は手捏ねです。
リズムよく楽しく進むレッスンの模様は引き続き次回ご紹介しますので、どうぞお楽しみに!


次回へつづく

インタビュー・テキスト=窪田みゆき
写真=伊藤裕司



サロネーゼから皆さまへメッセージ

パンコースは独自のカリキュラムでインストラクターコースを設けています。 初級コース6回、中級コース9回、上級コース6回+講師認定試験です。

生徒さんの声 Voice

  • Aさん
    パン作りをしたくてネットで教室を探し、体験レッスンに参加してとても良かったので本申し込みをしました。 魅力はやはり先生のお人柄です。 経験豊富で教えてくださる内容もとてもわかりやすいですし、福祉のことなど、お考えが素晴らしくて、パン以外のことも学べます。
  • Bさん
    まだ通い始めて数回ですが、実はそれまで大手料理スクールのパンのコースに通っていました。 でもそちらでは細かいところまで学べず、パンもうまく焼けなかったのですが、こちらで習ってからやっとおいしいパンが自宅で焼けるようになりました! 先生は、「育てよう」という意識をもって教えてくださるので、素晴らしいと思います。
  • Cさん
    通い始めて3年目ですが、先生から学ばせていただき、すでに講師の資格を取得して教室を開業しました。 こちらに通うまでは育児だけの生活で、パン作りも得意ではなかったので、まさか自分が講師になれるなんて思ってもいませんでした。 いまはやりがいもあり、とても楽しいです。 こうして勉強のために月に何日か参加しています。 講師向けのスキルアップ講座も月に1回あり、スキルのほか運営についてもフォローしていただけるのが嬉しいです。
  • Dさん
    4年前位から通っています。これまで長年仕事をしてきましたが退職し、老後は料理を囲んで自宅に皆が集まるような機会を作りたいと思っていました。 そんなとき、パンも学べて理想の空間があるこちらに出会いました。 今はこちらで子ども向けクラスの講師もしており、世界が広がりました。


プロフィール

鎌倉恵子さん

鎌倉恵子さん
クッキングスタジオキッチンコミュニケーション代表
(パン教室 認定サテライトスタジオ10校)

社団法人日本ソムリエ協会公認 ワインエキスパート
国家資格歯科衛生士免許有
食品衛生責任者 事業認可

日本料理「茶道家(裏千家)堤宗美師」の懐石料理教室チーフアシスタントを7年間、神戸ベイシェラトンホテル「翠亨園 中出料理長」(日本中国料理協会理事)の教室を6年間受講。
本格日本料理から中国料理まで幅広く手掛ける。
コープカルチャー料理教室講師15年、受講生総数1万人以上。
同組合クッキングカード作成歴20年、主婦目線からの家庭料理レシピを発信。
独自のパンカリキュラムで講師認定制度を有しサテライトスタジオ(分校)現在10校認定。
女性の起業支援にも取り組んでいます。
335-A地区神戸テイアライオンズクラブ 2012年幹事、2013年副会長、2014年7月~会長。

サロン情報

「キッチン*コミュニケーション」

私がスタジオ運営を始めた理由は、生きる基本である【食】を中心に、さまざまな業種・世代を越えて、人と人の心が繋がり、温かい気持ちになれる場所を提供したいという思いからです。
ひとりひとりが毎日を元気に過ごすためには、楽しみながら、きちんと食べること。そして、心の温まる場所の存在が必要です。
食べることは、自身の健康管理に欠かせませんが、さらに身体の栄養だけでなく、心の栄養にもなるのです。
美味しい食事を頂くと元気が出ますよね。そして、人と人の関係を築き上げる力があります。
作ってもらったり作ってあげたりすることは、とってもステキなことでどちらも元気の源になります。
私がスタジオでお伝えした料理を受講生の方々が友人や恋人や家族のために作り、その相手が喜んでくださって、さらにその温かい気持ちの輪=和が少しずつ大きくなっていく・・・
高級なサロンではなく、普通のキッチンでしっかりとコミュニケーションの輪を広げて欲しいという願いを持ち活動しています。
日本の巡り来る四季、その季節の恵みに感謝しながらクッキングスタジオ キッチンコミュニケーションに歴史を綴って行きたいと思っています。


ジャンル:

家庭料理、日本料理、中華、韓国、パン、洋菓子、ワイン、おもてなし、テーブルコーディネート

サロン特長:

初心者歓迎、平日開催、夜間開催、土日開催、お友達同士歓迎、子連れOK、男性参加OK、体験教室あり、子供教室あり、予約制、各種イベントあり、レンタルあり、駅近(徒歩10分以内)、お酒の提供あり

所在地:

兵庫県明石市松の内

ホームページ、ブログ:

http://kamakurakeiko.com/

マイサロンはこちら

オススメ商品

チェック! 先生のオススメ商品

  • RIEDEL ヴィノムシリーズ シャブリ(シャルドネ)

    ご購入はこちら

  • RIEDEL ヴィノムシリーズ シャンパーニュ

    ご購入はこちら

コメント(0)トラックバック(0)

トラックバックURL:http://dreamiaclub.jp/mt/mt-tb.cgi/3935

トラックバック(0)

ページが見つかりませんでした – Dreamia Club

Looks like you have taken a wrong turn.....
Don't worry... it happens to the best of us.

ページが見つかりませんでした – Dreamia Club

Looks like you have taken a wrong turn.....
Don't worry... it happens to the best of us.

ページが見つかりませんでした – Dreamia Club

Looks like you have taken a wrong turn.....
Don't worry... it happens to the best of us.