[an error occurred while processing this directive]

エリオットゆかりのイギリス流 心豊かな毎日

2013年3月

簡単サーモンソテークリーム醤油味&ナチュラルセッティング

2013/03/26

 

DSC_4916.JPG

お魚って体にもいいし、もっと取りたい食材ですが食べ方のバリエが少ないと感じることがよくあります。

私は焼き魚をたっぷりの大根おろしとポン酢と一緒にいただくのがシンプルで好き!

でもお客様がいらっしゃるときはちょっと工夫して、どうやって作るの?と聞かれるように驚きのあるお料理を出したいな~と常々思っています☆

イギリス在住ですから、やはりイギリス人をはじめとして外国人のお客さまもいらっしゃいますが、そんな時は和洋折衷でそこにいるみなさんが抵抗なく食べられるものがいいなと言うのもポリシーです。

イギリスでは醤油は普通にスーパーで購入できるのでありがたいです。和風味が食べたくなる時には大活躍です☆

 DSC_4923.JPG

そして、これも手に入ります♪

DSC_4924.JPG

しいたけマッシュルームなんて名前にカッコよく(笑)変身♡

中はちょっと大きさはそろっていませんがしいたけには変わりません♪

お隣フランスからの輸入です。

DSC_4925.JPG

私がイギリスに来たのは12年前。

その時に比べるとかなり和食を作りやすい環境にあります。(笑)

うれしい限りです。

さて!今日はそんな食材を使って和洋ミックスなお料理をご紹介します♪

ソテーした鮭に生クリームとしょうゆでクリーミーなしょうゆ味☆

すりごまで更にコクとうまみをプラスします☆

とにかく作ってみたら簡単なのにこの美味しさと見た目の豪華さにリピしたくなる鮭レシピです☆

ぜひ参考になさってください☆

お友達へのおもてなしにもぴったりです!

材料 2人分】

炊きたてごはん 2人分
 
生鮭 切り身 2切れ
薄力粉 適量
 
バター 15g
 
しいたけ 大 3個
アサツキ又は万能ねぎ 小口切り 15g
酒 大さじ1
 
生クリーム 50ml
しょうゆ 大さじ1
すりごま 大さじ1
 
レタス プチトマト 飾り(オプショナル)

【作り方】

1、フライパンにバターを中火で熱し薄力粉をまぶした生鮭を皮目を下にして強火で焼き焦げ目がこんがりついたらひっくり返し、火を中火にして中まで火を通し、取り出しご飯を盛り付けた上に乗せる。

DSC_4891.JPG

2、1のフライパンに石づきを取り薄くスライスしたしいたけを中火で炒め、しんなりしてきたら酒を加えて火を止める。

DSC_4892.JPG

3、2の中に、しょうゆ、生クリームを加えて火をつけ強火で温め少し煮詰める。

DSC_4894.JPG

4、アサツキ又は万能ねぎの小口切り、すりごまを加え馴染んだら火を止める。

DSC_4897.JPG

5、1の鮭の上に4をかけて、レタスやプチトマトを飾って完成☆

DSC_4913.JPG

【ポイント】

今日のご飯はタイ米にしました。

ソースとの相性もばっちり!(もちろん普通の日本のお米でもOKです♡)

さて!どうぞお座りください☆

 

DSC_4902.JPG

ワイングラスに白いナプキン☆

 

DSC_4917.JPG

その真ん中に造花ですが爽やかなグリーンを飾ります♪

DSC_4907.JPG

まだこちらは寒くて雪がちらつくここ数日です。

早く暖かくならないかなぁ~と願いながら大好きなオレンジや黄色のお花を大きなガラスの器に浮かべて春気分♡

 DSC_4909.JPG

日本は桜がきれいでしょうね♡楽しい気分でどうぞお過ごしくださいね♪

次回もお楽しみに♡

 

今週の動画は娘と一緒にカルボナーラベイクを作りました♡

動画だととっても見やすくて作りやすいです☆お時間あったらぜひこちらもご覧くださいね☆

 ↓楽しく更新中☆よろしかったらぜひ遊びに来て下さいね♪

●エリオットゆかりの美味しい食卓

javascript:void(0);/*1364233708696*/

●レシピブログ連載【動画でレッスン♪エリオットゆかりのおもてなし教室】

javascript:void(0);/*1364233782875*/

●タベラッテ【エリオットゆかりの簡単おしゃれごはん】

javascript:void(0);/*1364233831533*/

●フェイスブック

javascript:void(0);/*1364233851449*/

●ツイッター

javascript:void(0);/*1364233883052*/

コメント(0)トラックバック(0)

かわいい朝パフェと型抜きトースト

2013/03/18

 DSC_4712.JPG

いちごは色も味も大好き! 

今日はコーンフレークと一緒に朝パフェを作りましょう☆

朝からこんなかわいいパフェを食べたら1日幸せに過ごせそうですね♡

ヨーグルとに生クリーム、バニラエッセンスを加えてバニラ風味に仕上げてさわやかな中にマイルド感が漂う女子のみなさんに気に入っていただけるように仕上げました。蜂蜜で好みに甘みを調節できます♪

 真ん中にプルーンの紅茶漬けを乗せたらお腹の調子も整いますね♪

javascript:void(0);/*1363520953329*/プルーンのハニーレモン紅茶漬けのレシピはこちらからご覧くださいね♡

 

~かわいい朝パフェ~

材料 2人分
 

コーンフレーク 山盛り 大さじ6+トッピング用 適量

プルーン紅茶漬けjavascript:void(0);/*1363521074304*/  2個
蜂蜜 適量
いちご 12スライス(カップの大きさや、形によって数は変わります。)

A
ナチュラルヨーグルト 110g
生クリーム 30g
バニラエッセンス 小さじ1/4
 
作り方
1、カップにコーンフレークを大さじ2を入れる。

DSC_4707.JPG

DSC_4708.JPG

2、1の周りにスライスしたイチゴを飾る。

DSC_4709.JPG

3、2の上によく混ぜ合わせたAを1/4を2つのカップに乗せ、コーンフレーク大さじ1を乗せ、好みの量の蜂蜜をかける。

 DSC_4710.JPG

4、3の上に残りのAを半分ずつ乗せプルーンを真ん中に乗せ、コーンフレークを少量飾って完成☆

 

DSC_4717.JPG

 

ポイント

コーンフレークはすぐに水分を吸ってしまうので、作り立てを召し上がってくださいね♪

 

DSC_4716.JPG

ガラスの器だとイチゴの可愛さも見えてラブリー度アップです♡

DSC_4717.JPG

ではでは!さっそくお席に座って食べましょう♪ 

P3140917.JPG

柔らかな日差しで迎える朝はいいですね☆

ミルクティーでスタートが私の1日の始まりです。

一番好きな銘柄です。

Taylors of Harrogateのヨークシャーティー。

javascript:void(0);/*1363530762015*/

 DSC_4724.JPG

こちらの紅茶はあらゆる水を研究して作られたと言われるだけあって人気、実力ともにイギリスでも高い評価を得ています。

イギリスのスーパーの紅茶売り場は種類の多さに目を奪われます。

私がこのヨークシャーティーを知ったのは義理母がいつも飲んでいて、遊びに行くと美味しい紅茶を入れてくれたのがきっかけでした。

こちらはリーフのものとティーバッグのものがあります。

リーフで淹れて紅茶の時間を楽しまれている方ももちろんいらっしゃると思いますが、私の周りにいる普通のイギリス人のお宅ではティーバッグを使われているご家庭が多いようです。

最初私が渡英してきたとき、イギリスで頂く紅茶=リーフで淹れる紅茶と勝手に思い込んでいましたが、実際、マグカップにティバックを入れてお湯を注いでスプーンでぐるぐる~~とかき混ぜ、ミルクを入れてはい!出来上がり~~と出されたときは、ちょっと衝撃だったのを思い出します。(笑)

でも、不思議なことにとっても美味しくてびっくりします。

日本にいるときにも義理母が紅茶を送って来てくれたのですが、水の違いなのか、同じものを飲んでもやっぱり何かが違う。。。って言うのが感想でした。

このヨークシャーティーは普通のティーバックの2倍ぐらいの濃さはあるのではないでしょうか。

それを贅沢に一人1袋でミルクたっぷりで作るミルクティーが大好きです。

こんなゴールデンブラウンのカラーが理想です。(笑)

 

P3140903.JPG

いつもはヨークシャーゴールドという、パッケージが金色のものを買うのですが、この缶に惹かれてオリジナルのヨークシャーティーを買いました。

DSC_4724.JPG

冷水の中にこのままティーバッグを入れるだけでアイスティーも出来るそうです。

日本に行くと伺わせていただいている紅茶教室の先生におしえていただきました。

私のお料理イベントの時もヨークシャーゴールドのアイスティーを入れてお客様をお迎えしていただきました。

javascript:void(0);/*1363532602086*/

 

その日の気分でカップも選んで楽しんでいます。

 

P3140904.JPG

まとめて作るときはティーポット登場☆

P3140912.JPG

こちらの水玉模様のティーポットやハートのマグカップははイギリスのカントリーな雰囲気にピッタリ合う私の大好きなブランドエマブリッジウォーターのものです。

javascript:void(0);/*1363535177054*/(日本語)

javascript:void(0);/*1363535555420*/)(英語のホームページ)

 

カップやお皿、キッチン用品などがあってちょっとずつ揃えているところです。

イギリスの母の日は少し早く、3月10日でした。

息子からのプレゼントはこのエマブリッジウォーターのマグカップ☆

こんなメッセージ入りでした☆嬉しい♪

 

DSC_4651.JPG

 

陶器の町ストーク・オン・トレントにあるファクトリーショップではアウトレット品も買えるそうです。

javascript:void(0);/*1363537915606*/

かなり割引されているそうで魅力的!

私はまだ未体験。一度行ってみたい場所です。

 

そして朝食に話を戻しますね^^

朝に欠かせないのはしぼりたてのオレンジジュース☆

これを飲むと今日も1日頑張るぞ~~という気になってきます♡

P3140902.JPG

好きな色はオレンジ!

これで元気が出ないはずがありません♪

 

ハートの刺繍の入ったナプキンは可愛くて品があってお気に入りです。

P3140899.JPG

茹で卵もお腹が膨れて空腹防止に食べてます♡

P3140911.JPG

トーストを型で抜くと一口サイズで食べやすい♪

 

DSC_4721.JPG

こちら、マーマイトと言うものです。

javascript:void(0);/*1363533432283*/

 

DSC_4722.JPG

日本で言うと納豆のような存在で、好き嫌いがはっきり分かれます。

ビタミンBを多く含んでいるそうなので体にもいいし私は朝はしょっぱいものも食べたい方なので好んで食べています♪

P3140909.JPG

そしてイギリスのうす~~~いかりかりのトーストにバターを塗って・・・

一番よく合うと思うのがマーマレードジャム☆

思う以上にみなさんご家庭で手作りされています。

一度にたくさん作って近い友人におすそ分けなんていうこともよくあります。

こちらはお友達の旦那様作。(笑)

厚めの皮が食感や香りを楽しめてとってもおいしい!

 

P3140908.JPG

市販品は薄切りのものから厚切りの皮まで同じマーマレードでもいろいろな種類を選べます。

こちらは自家製ストロベリージャム☆

P3140910.JPG

少し甘さ控えめで作っています。

フレッシュストロベリーを添えて更にいちごフレイバーがお口に広がります♪

お行儀よく並べて・・・

はいチーズ!

P3140907.JPG

そして季節のお花、チューリップ☆

ふつうの形もほっこりで好きですが、ちょっと変わったチューリップもよく見られます。

花びらがフリルのようでラブリー♡

P3140913.JPG

 DSC_4725.JPG

朝はなんとなくバタバタとしてしまいがちですが、ゆっくりスタートする朝はやはり心に余裕もできて素敵な1日が過ごせそうですよね。

 

P3140905.JPG

 

毎日はムリでも、ちょっと早起きしてこんな朝を積極的に過ごしていきたいなと思います♡

今週も楽しい1週間お過ごしください♪

 

こちらも楽しく更新中です!よかったら遊びにいらしてくださいね♪

☆エリオットゆかりの美味しい食卓

javascript:void(0);/*1363536020449*/

☆レシピブログ連載【動画でレッスン♪エリオットゆかりのおもてなし教室】

javascript:void(0);/*1363536305632*/

こんな感じで進めてます☆

 

 

☆タベラッテ【エリオットゆかりの簡単おしゃれごはん】

javascript:void(0);/*1363536349622*/

☆フェイスブック

javascript:void(0);/*1363536382447*/

☆ツイッター

javascript:void(0);/*1363536408533*/

 

コメント(2)トラックバック(0)

甘辛手羽先&チューリップのテーブルコーディネート

2013/03/12

DSC_4611.JPG

素揚げした手羽先にお酢を効かせたコクのある甘辛たれをジュワっとかけてパーティーにピッタリの1品ができました☆

 手羽先や手羽元ってお値段も手ごろで+美味しい!

イギリスでも手に入る食材の一つです。

↓wingsという名まえで売られています。

DSC_4597.JPG

 

こちらは手羽元と手羽先が繋がったまま売られています。

 

DSC_4598.JPG

 

なので骨と骨の間を指で探りながら包丁で切り分けます。

まるでお肉屋さんになったような心境です。(笑)

 

DSC_4599.JPG

 

鶏もも肉も骨付きで売られていることが多いので、骨を取り除く作業が必要だったり。

豚や牛の薄切り肉も普通のスーパーでは買えず、やはり日系やアジア系のスーパーで購入。

日本では普通に調理しやすい形で売られているのはちょっぴりうらやましいです。(笑)

とはいえ、最近は和食に使う様な食材も続々見かけるようになってきて私がイギリスに来た12年前に比べるととても生活しやすくなりました。

そう思うと、気軽に今日は和食を食べようなんて言える環境に感謝しなければいけないな~と思うのです。

なので!この手羽先と手羽元解体も楽しまなければ!(笑)

とっても簡単でリピしたくなる美味しい1品ですのでぜひぜひお試しくださいね♪

~甘辛手羽先~

材料 8本分

 
鶏手羽先 8本
 
揚げ油 適量
 
A
しょうゆ 大さじ1
砂糖 大さじ1
酢 大さじ1
すりごま 大さじ1
にんにくすりおろし 小1かけ
しょうがすりおろし  小1かけ
 
飾り(オプショナル)
プチトマト 
パクチー
 
作り方
1、鶏手羽先は約170℃の中温に熱した揚げ油の中で素揚げする。
菜箸を入れてみて、やや大きめの泡が上がってくる状態です。

DSC_4600.JPG

こんな感じにいい色になります♡

DSC_4602.JPG

こんがり☆

DSC_4603.JPG

2、揚げたての鶏手羽先を耐熱ボウルに入れ、よく混ぜ合わせたAをかけて混ぜて味をなじませる。

 

DSC_4608.JPG

3、器に盛り付け、ボウルに残った汁を上から回しかけ、プチトマトとパセリを飾って完成。

 

DSC_4615.JPG

すりごまを使用していますが、かなりしっかりした粒が残ってますね^^

やはり香りがいいのですりごまをお使いくださいね。

子供も大人も本気で取り合ってしまうかもしれません。(笑)

簡単でお勧めです♪

さてこんな美味しいお料理ができたので今日は春を感じるテーブルセッティングをご紹介したいと思います♪

DSC_4620.JPG

今日はテーブルクロスは無しで、木のぬくもりを大切にしてみます♪

ガラスのキラキラと自然な木の色合いって案外好きな組合せです。

DSC_0345.JPG

今日はチューリップとテーブルマットを赤で統一感を出します♪

さし色にブルーのお花を添えて・・・

 

DSC_0350.JPG

 

お花も決して豪華である必要はなく、かわいいカラフルなグラスを花瓶に代わりに代用していくつかに分けて生けてみると華やかになりますね♪

 

DSC_0334.JPG

ナプキンは縁にフリルのついたものだとどんな風に置いても形が作りやすいので便利。

今日はお皿とおそろいのキャンドルスタンドの中に差し込んでお花に見立ててみました。

DSC_0336.JPG

テーブルに動きが出てきてイキイキしてきます。

こんなラウンド型のグリーンはシャンパングラスに乗せて高さを出して♪

 

DSC_0324.JPG

外のグリーンを時々眺めて・・・

DSC_0313.JPG

 

大好きな女友達と楽しい時間。

 

 

DSC_0308.JPG

 

テーブル次第でこんなにもわくわく度アップしちゃいます。

ぜひぜひ皆さんもお友達と一緒に心豊かな時間お過ごしくださいね^^

DSC_4617.JPG

 

動画も公開中です♪

日本でも海外でも作りやすい【洋風ちらし寿司】よかったらご覧ください☆

 

 

こちらも楽しく更新中♪

●エリオットゆかりの美味しい食卓

javascript:void(0);/*1363002112913*/

●レシピブログ連載【動画でレッスン♪エリオットゆかりのおもてなし教室】

javascript:void(0);/*1363002231900*/ 

●タベラッテ【エリオットゆかりの簡単おしゃれごはん】

javascript:void(0);/*1363002286745*/

●フェイスブック

javascript:void(0);/*1363002315546*/

●ツイッター

javascript:void(0);/*1363002354338*/

 

 

コメント(0)トラックバック(0)

フォートナム&メイソンで紅茶の楽しい買い方

2013/03/04

 イギリスと言えば紅茶♪

紅茶の老舗と言えばフォートナム&メイソンという名前が出てきます。

P2170524.JPG

javascript:void(0);/*1362305276608*/←英語

javascript:void(0);/*1362305111869*/←日本語

ピカデリーサーカスの近くにありとても行きやすい場所にあります。(方向音痴な私でも迷いません。笑)

 

P2170544.JPG

 

ウィリアム・フォートナムとヒューメイソンによって1707年に創業された英国王室御用達の有名な老舗デパートです。

日本では紅茶でおなじみだと思いますが、ほかにも選び抜かれた、食料品、雑貨、キッチン用品など女性の皆さんのハートをくすぐるグッズが勢ぞろい。

さすが気品のある店内。赤いカーペットときらめくシャンデリア。

まるでおとぎの国のようで現実を忘れてしまいます。

このお店は連日観光客のみなさんで賑わっています。

品格があり店員さんの親切な対応に気軽に立ち寄りたい気分にさせていただける私の大好きなお店です。

今回は日本でのお料理イベントのための紅茶を入手したいと思いお店に伺いました。

紅茶だけではなく、コーヒーの種類も充実です。

P2170527.JPG

 今回のお目当てはやっぱり紅茶♡

P2170528.JPG

種類の豊富さに驚きとわくわく♪

P2170530.JPG

お店の方にアドバイスをいただき納得いくお買いものができたら満足感も倍増ですね^^

イギリスに住み始めて13年、こうした楽しみも覚えました。

お店の方にちょっと変わったお茶をご紹介してくださいとお願いしてみました。

 

P2170533.JPG

たくさんの缶のある中からいくつか選んでくれました。

私自身は特に紅茶の勉強などはしていないので、ここからはごくごく一般人としての感想ですのでご理解くださいね。(笑)

こちら、スモーキーアールグレイです。(100g 3ポンド30ペンス)2013年 2月

缶を開けた瞬間からスモーキーな深みのある更に進化したアールグレイの香りが漂います。

P2170535.JPG

こちらはオレンジ風味のティー。(100g 3ポンド30ペンス)2013年 2月

爽やかな香りで昼でも夜でも飲みたくなる感じ。

P2170536.JPG

そして最後はとっても不思議な組合せ。

いちごとパクチーのティーです。(100g 10ポンド)2013年 2月

想像できない風味だと思いますが、絶妙な配合で思った以上に飲みやすい。

蜂蜜や少量のお砂糖を加えて飲んだらさらに飲みやすそうです。

P2170537.JPG

こちらはイベントに来て下さったみなさんにウエルカムドリンクとして飲んで頂きました。美味しいと気に入っていただいたようで私も嬉しかったです。

量り売りは初めての経験。

感想は、缶は置いておくだけでカワイイので大好きですが、量り売りは物によってはかなりお手頃価格で買えるのがいいですね。

P2170539.JPG

パッケージに書かれている説明書きだけではなく、お店の方にそれぞれの紅茶についての特徴を伺えるのも特別感がありました。

イギリスにはハロッズ、リバティーなど沢山の魅力的なデパートがあります♪

またそんなこともご紹介していけたらと思ってます♪

 

こちらも楽しく更新中♪よかったらぜひ遊びにいらしてくださいね♡

●エリオットゆかりの美味しい食卓

javascript:void(0);/*1362309422102*/

●レシピブログ連載【動画でレッスン♪エリオットゆかりのおもてなし教室】

javascript:void(0);/*1362309475010*/

 ●タベラッテ【エリオットゆかりの簡単おしゃれごはん】

javascript:void(0);/*1362309530187*/

●フェイスブック

javascript:void(0);/*1362309552325*/

●ツイッター

javascript:void(0);/*1362309580694*/

コメント(0)トラックバック(0)