[an error occurred while processing this directive]

Junko's Cute Sweets Style

2014年5月

ボタンを使ったクッキーのラッピング

2014/05/31

20140531.JPG

 

ビールとソーダのステンドグラスクッキーを、こんなふうにラッピングしました。

この夏流行りのマリンを意識して、100円ショップのリボンと300円ショップのマリンボタンを使ったラッピングです。

 

 

2014531-1.JPG

 

 

キャンドゥで購入したトリコロール柄の紙リボンと、3COINSで半額になっていたイカリ柄のボタンです。

 

クッキーを透明なOPP袋(Cottaで購入しました)に入れたら、ボタンの穴に紙リボンを通します。

 

 

20140531-2.JPG

 

 

袋の上部をこのリボンで結び、両端を切ったらできあがり♪

 

 

2014531-4.JPG

 

 

ボタンがあるとリボンだけよりも目をひく気がします。

 

紙リボンでなく布のリボンの場合はちょうちょ結びにしても華やかです。

かわいいボタンを見つけたら、洋服だけでなくラッピングに使うのもいいですね(^^)

 

コメント(0)トラックバック(0)

ビールとソーダのステンドグラスクッキー・レシピ

2014/05/30


2014530.JPG

  

ここ数日ですっかり暑くなりましたね。

6月前というのにもう真夏のようです。

夏といえばビール、というわけで、ビールとソーダに見立てたこんなクッキーを作ってみました。

クッキーの中に飴を入れて焼いたステンドグラスクッキーです。

自著「デコ♡クッキーの本」に掲載したレシピです。

 

 

2014530-1.JPG

  

飴が溶ける時に出来た気泡がビールの炭酸のよう(^^)

光にあてるとキラキラして、目でも楽しめるクッキーです。

 

まずプレーンなクッキー生地を作り、生地を延ばします。

型紙1個分を切り抜いて、残りの生地は常に冷蔵庫で冷やしておくのがコツです。

生地をしっかり冷やすと切り取りやすくなります。

 

 

2014530-2.JPG

  

ナイフで型紙のように切り抜きます。(型紙は本に掲載しています)

 

生地を切り抜いたら、まず枠の生地だけ10分ほど下焼きします。

 

 

2014530-3.JPG

 

その後枠の中にくだいた飴を入れてさらに2~5分ほど、飴が溶けてクッキーに焦げ目が付くまで焼きます。

飴は丈夫なジッパー付き袋に2重にして入れ、シャンパンボトルなど重い瓶の底で叩くと砕きやすいです。

 

 

2014530-4.JPG

 

黄色い部分にはべっこうあめ、青い部分はソーダの飴、白い部分は塩飴を入れました。

 

 

2014530-5.JPG

 

飴が溶けて焼き上がったら、さらに砕いた白い飴を上に載せるとビールの泡っぽくなります。

シュワシュワとしたビールクッキーにソーダクッキーができました♪

 

 

2014530-6.JPG

 

クッキー部分は甘さ控えめ、中身の飴と食べてちょうど良い甘さです。

 

ところでこうした型抜きクッキーを作る際、生地を均一に延ばすのって結構大変です。

私はいつも100円ショップの定規2つを使ってこんなふうに延ばしています。

 

 

2014530-7.jpg

 

定規を台にすると簡単に均一な厚みにすることができます。

詳しくはこちら→100円クッキー型と定規でクッキー作り

 

 

このクッキーはこのあと夏らしいラッピングにしました。

ラッピングはまた次の記事でご紹介します(^^)

 

 

 

◆◆◆ ビール&ソーダのステンドグラスクッキー ◆◆◆

 

【材料】各3枚分

 バター(食塩不使用)    50g

 粉砂糖           40g

 塩          ひとつまみ

 溶き卵         大さじ1

 薄力粉          120g

 飴(青・黄・白)   各5~6個

 

※下準備

●バターは室温に戻す。

●粉砂糖、薄力粉はそれぞれふるう。

●オーブンを170℃に予熱する。

●飴はそれぞれ、細かくくだく。

 

【作り方】

1、クッキー生地を作る。

ボウルにバターを入れ、泡立て器でクリーム状になるまで練る。

粉砂糖を3回に分けて加え、白っぽくなるまですり混ぜる。

 

2、塩を加え、溶き卵を3回に分けて加えて、そのつどよく混ぜる。

 

3、薄力粉を加え、ゴムべらで切るように混ぜる。

粉がなじんできたらゴムべらをボウルにすりつけるようにしてさらに混ぜ、

ひとまとめにしてラップで包み冷蔵庫で1時間休ませる。

 

4、3を打ち粉(薄力粉・分量外)をした台に取り出し、めん棒で4mm厚さにのばす。

(生地の両脇に4mm厚さの板や定規を置いてめん棒を転がすと、均一な厚みになります)

 

5、型抜きする。

4に型紙を載せ、1個分をナイフで切り取る。残りの生地は冷蔵庫に入れておく。

(※生地がだれやすいので、作業中の生地以外は冷蔵庫に入れる)

 

6、型紙にそって生地をナイフで切り抜く。

 

7、オーブンシートを敷いた天板に並べ、170℃のオーブンで10分下焼きする。

 

8、7を取り出し、内側にくだいた飴を入れる。

ビール、ソーダとも上1/3程度には白い飴を、残り2/3にはビールは黄色の飴、ソーダは青い飴をすき間なく並べ入れる。

170℃のオーブンでさらに2~5分、飴が完全に溶けるまで焼く。

 

9、焼き上がったら白い部分にさらに白い飴を少量のせ、余熱で溶かす。

天板にのせたまま冷まし、完全に冷めたらオーブンシートをはがす。

 

 

51nnzRKn9NL._SL500_AA300_.jpg

 

 

 

デコ ♥クッキーの本 

Junko (著)/主婦と生活社 ¥1,008 

 

 

 

コメント(0)トラックバック(0)

タピオカマンゴープリン・レシピ

2014/05/20

IMG_9661.JPG

撮影/寺岡みゆき

新刊「デコ★ゼリーの本」を作るにあたって、冬から数えきれないくらいのゼリーの試作をしました。

本に掲載した中でも、私が一番気に入っているレシピをひとつご紹介します。

 

これから暑くなる季節にさっぱりとおいしい「タピオカマンゴープリン」です。

マンゴーは冷凍のピューレ状のものを使いました。

 

 

00023449_2.jpg

 

 

富澤商店やCottaで購入できます。

冷凍ピューレですと、季節に関係なく1年中手作りマンゴープリンを楽しめますね。

 

今回はマンゴープリンと、タピオカココナッツゼリーを交互に重ねて行きます。

タピオカココナッツゼリーには、1時間ゆでたミニタピオカを使います。

少量のタピオカのために1時間もゆでるのが面倒な時は、Cottaの「タピオカデザート」を使うと便利です。

 

00021332_2.jpg

あらかじめタピオカがゆでてあり、余った分はタピオカヨーグルトやタピオカドリンクにしていただきました。

 

まずは容器にココナッツミクルクプリンを流し、冷蔵庫で冷やし固めます。

固まったらマンゴープリンを流します。

 

 

P43-7.JPG

 

 

マンゴープリンが固まったら、さらにココナッツミルクプリンを流します。

 

P43-8.JPG

 

 

最後に上面にマンゴーソースをかけてセルフィーユを飾ったらできあがり。

ホームパーティーの手みやげにもぴったりなデザートです。

 

撮影時試食をしていただいたデザイナーさんに

「Junkoさん、これ480円くらいで売れるよ!」と嬉しい褒め言葉をいただきました。

自信作のマンゴープリン、よろしかったらどうぞお試しくださいませ(^^)

 

  

◆◆◆ タピオカマンゴープリン ◆◆

 

【材料】150mlのカップ6個分

〈タピオカココナッツミルクプリン〉

 粉ゼラチン   3g

 水       大さじ2

 ココナッツミルク   100ml

 牛乳         100ml

 グラニュー糖     60g

 ミニタピオカ(たっぷりの湯で1時間ゆで、水にさらす)  大さじ2

 

〈マンゴープリン〉

 粉ゼラチン   4g

 水       大さじ2

 マンゴーピューレ  120g

 牛乳        60ml

 グラニュー糖    25g

 生クリーム     50ml

 

マンゴーピューレ   50g

セルフィーユ     適宜

 

【作り方】

1、タピオカココナッツミルクプリンを作る。

水を入れた容器に粉ゼラチンをふり入れ、ふやかしておく。

 

2、鍋にココナッツミルク、牛乳を入れて中火にかけ、グラニュー糖を加えて溶かす。

沸騰直前で火を止め、熱いうちに1を加えて溶かす。こし器でこしてボウルに移し、粗熱が取れたらミニタピオカを加えて混ぜる。

 

3、2をカップの底から2cmの高さまで流し入れ、冷蔵庫で1時間ほど冷やし固める。残った2は常温において撮っておく。

 

4、マンゴープリンを作る。水を入れた容器に粉ゼラチンをふり入れ、ふやかしておく。

 

5、別のボウルにマンゴーピューレ、牛乳、グラニュー糖を入れて泡立て器で混ぜ、鍋に移して中火にかける。沸騰直前で火を止め、熱いうちに4に加えて溶かす。

 

6、こし器でこしてボウルに移し、生クリームを加え、ボウルを氷水にあてて冷やしながらゴムベラでとろみがつくまで混ぜる。

 

7、冷やし固めた3の上に6を1cmの高さまで流し入れ、冷蔵庫で1時間ほど冷やし固める。

 

8、冷やし固めた7の上に3の残りを等分に流し入れ、冷蔵庫で1時間ほど冷やし固める。

 

9、マンゴーピューレを流し入れ、あればセルフィーユを飾る。

 

 

「Junkoさんのデコ★ゼリー&寒天」

4月25日(金)発売しました!!

★アマゾン、楽天ブックス、全国書店で発売中です!★

 

 

 

41fSl3QLyIL._SL160_.jpg

 

 

Junkoさんのデコ★ゼリー&寒天/河出書房新社 ¥1,296

【Amazon】  【楽天ブックス】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント(0)トラックバック(0)