[an error occurred while processing this directive]

Junko's Cute Sweets Style

2014年4月

音符のさくらんぼゼリー・レシピ

2014/04/30

2014.4.27-2.JPG

 

先日発売した新刊から、おすすめのレシピを1つご紹介します。

牛乳寒天の音符型を閉じ込めた「音符のさくんらんぼゼリー」です。

 

まず牛乳寒天を作り、音符の抜き型で型抜きします。

この抜き型は100円ショップで購入したキャラ弁用の抜き型です。

 

型の底に音符寒天を敷き、その上にアセロラジュースで作ったゼリーを重ねて行きます。

アセロラジュースに電子レンジで溶かしたゼラチンを加えるだけの簡単なゼリーです。

 

最後にさくらんぼを入れ、3層目のゼリーを入れてできあがり。

型から外すときは、50℃ほどのぬるま湯に型をさっとつけ、皿にふせて上下に2、3回振るときれいに外れます。

 

GWのお菓子作りにいかがでしょうか?

 

 

 

◆◆◆ 音符のさくらんぼゼリー ◆◆◆

 

【材料】80mlのゼリー型6個分

〈音符の寒天〉

 水       20ml

 牛乳      30ml

 グラニュー糖  小さじ1

 粉末寒天    1g

 

〈アセロラゼリー〉

 粉ゼラチン     8g

 アセロラジュース  100ml+300ml

 さくらんぼ(缶詰、軸を取る) 30粒

 

【作り方】

1、音符の寒天を作る。

鍋に水、牛乳、グラニュー糖を入れ、粉末寒天をふり入れて弱火にかけ、泡立て器でかき混ぜながら沸騰させる。

 

2、沸騰したら弱火にし、2分おいて寒天を煮溶かし、こし器でこしてボウルに移す。

 

3、小さめのバットや平らな容器などに流し入れ、冷蔵庫で30分ほど冷やし固める。

 

4、冷やし固めた3をまな板の上などに取り出し、音符の抜き型で抜く。

 

5、アセロラゼリーを作る。

アセロラジュース100mlを入れた耐熱容器に粉ゼラチンをふり入れ、ふやかしておく。

 

6、5をラップをかけずに電子レンジで1分~1分30秒加熱してゼラチンを溶かし、ボウルに入れたアセロラジュース300mlに加えてよく混ぜる。

ボウルの底を氷水にあて、ゴムベラで混ぜて粗熱を取る。

 

7、型の底に4を置き、6を5mmの高さまで流し入れ、冷蔵庫で30分ほど冷やし固める。

 

8、冷やし固めた7の上にさらに6を1cmの高さまで流し入れ、冷蔵庫で1時間ほど冷やし固める。

 

9、冷やし固めた8の上にさくらんぼを5個ずつ並べ、6をさくらんぼが隠れれるくらいまで流し入れる。

冷蔵庫で1時間ほど冷やし固める。

 

10、9を50℃くらいのぬるま湯にさっとつけて周りを少し溶かしたら、バットや皿に伏せて上下に振って型からはずす。

 

 

 

 

「Junkoさんのデコ★ゼリー&寒天」

4月25日(金)発売しました!!

★アマゾン、楽天ブックス、全国書店で発売中です!★

 

 

 

41fSl3QLyIL._SL160_.jpg

 

 

Junkoさんのデコ★ゼリー&寒天/河出書房新社 ¥1,296

【Amazon】  【楽天ブックス】

 

 

 

 

 

 

コメント(0)トラックバック(0)

【新刊発売のお知らせ】「Junkoさんのデコ★ゼリー&寒天」発売しました

2014/04/27

 

2014.4.27.JPG

  

日に日に暖かくなって、これから冷たいお菓子がおいしい季節になりますね。

夏にぴったりなゼリーと寒天のレシピを集めた新刊、「Junkoさんのデコ★ゼリー&寒天」を4月25日に発売しました。

 

「こんなかわいいゼリー、見たことない!!」をテーマに、面白い見た目のゼリーや寒天レシピを紹介しています。

 

 

2014.4.27-1.JPG

 

 

「お絵描きデコ」では、ゼリー液の一部を取り分けてコルネに入れ、写真のように文字や模様を描いています。

基本をマスターしたら、いろんな模様を描いて楽しめそうです。

 

「閉じ込めデコ」では、ゼリーの中に寒天やフルーツを入れて楽しい見た目を作っています。

 

 

2014.4.27-2.JPG

 

 これはアセロラサクランボゼリーに、音符型で抜いた牛乳寒天を閉じ込めたデコです。

 「重ねデコ」では何色かのゼリーを重ねてポップな見た目のゼリーを作りました。

 

 

2014.4.27-3.JPG

 

これはかき氷シロップと牛乳ゼリーを重ねたものです。

色の層を増やすと普通のゼリーとはまた違った印象になりますね。

 

それから、12ヶ月分の「イベントデコ」では季節の行事に合わせたデコを紹介しています。

 

 

2014.4.27-4.JPG

 

子供の日にはこんなヨーグルトムースはいかがでしょうか?

 

ゼリーや寒天の楽しいデコアイディアを詰め込んだ「Junkoさんのデコ★ゼリー&寒天」、ぜひ書店でお手に取っていただけたら嬉しいです。

 

 

 

「Junkoさんのデコ★ゼリー&寒天」

4月25日(金)発売しました!!

★アマゾン、楽天ブックス、全国書店で発売中です!★

 

 

41fSl3QLyIL._SL160_.jpg

 

Junkoさんのデコ★ゼリー&寒天/河出書房新社 ¥1,296

【Amazon】  【楽天ブックス】

 

 

 

コメント(0)トラックバック(0)

ベリーたっぷりレアチーズケーキ・レシピ

2014/04/20

 

2014420-1.jpg

スーパーでいちごがずいぶんお安くなりました。

旬のいちごとラズベリー、ブルーベリーをたくさん使ったレアチーズケーキを作ってみました。

 

まずはプレーンなレアチーズケーキを作ります。

グラハムビスケットをくだいて溶かしバターを混ぜ合わせたものをセルクルに敷き詰めます。

セルクルの下には「セルクル板」を敷いています。

ない場合は大きめのバットで代用できます。

 

 

2014420-2.jpg

 

チーズケーキ液を流して冷蔵庫で冷やし固めます。

トッピングは華やかに、こんな感じのベリー類を用意しました。

中央の液体状のものはラズベリーピューレです。富澤商店で購入しました。

 

 

2014420-3.jpg

 

今回のように上につや出しに塗る他、チーズケーキ生地に混ぜればラズベリーチーズケーキになります。

ラズベリーのムースやシャーベット作りにも便利な製菓材料です。

 

 

2014420-4.jpg

  

レアチーズケーキが固まったら、セルクルの周りに蒸しタオルを巻いて温めると、セルクルに接着した部分のチーズケーキが溶けてきれいに型から外すことができます。

 

チーズケーキの上にいちご、ブルーベリー、ラズベリーをたっぷり乗せたら、刷毛でラズベリーピューレをたっぷりかけました。

 

仕上げに、モンブラン口金に入れた生クリームを周囲に絞ります。

 

 

2014420-5.jpg

 

セルフィーユと、華やかに金箔を飾ってできあがり。つやつやのベリーレアチーズケーキができました♪

 

 

2014420-6.jpg

  

甘酸っぱくて春を感じるデザートです。

春のティータイムにいかがでしょうか?(^^)

 

 

 

◆◆◆ ベリーのレアチーズケーキ ◆◆◆

 

【材料】直径18cmのセルクル型1台分

 

 グラハムビスケット   80g

 バター         40g

 クリームチーズ    200g

 グラニュー糖      50g

 バニラエッセンス    少々

 粉ゼラチン       5g

 水         大さじ3

 プレーンヨーグルト(無糖)  50g

 生クリーム    200ml

 レモン汁     大さじ1と1/2

 

 いちご   10個

 ラズベリー 10個

 ブルーベリー  20個

 ラズベリーピューレ  大さじ3

 

 生クリーム   50ml

 グラニュー糖  5g

 

 セルフィーユ、食用金箔   各適量

 

※バターは湯せんにかけて溶かす。

※クリームチーズは室温に戻してやわらかくする。

※粉ゼラチンは分量の水にふり入れてふやかす。

 

【作り方】

1、グラハムビスケットを厚手のビニール袋に入れ、めん棒で叩いて細かく砕く。

 

2、1をボウルに移し、溶かしたバターを加えて混ぜる。

セルクル型の底にセルクル板を敷き、ラップで押さえて隅々までしっかりと詰める。

表面を平らに整え、冷蔵庫に15分ほど入れて冷やし固める。

 

3、ボウルにクリームチーズを入れ、なめらかなクリーム状になるまで泡立て器でかき混ぜる。

グラニュー糖、バニラエッセンスを加えて混ぜる。

 

4、ふやかしたゼラチンを湯せんにかけて溶かし、ヨーグルトに加えてよく混ぜる。

 

5、生クリームは7分立てにする。

 

6、3から少量を取り分け、4に加えて混ぜる。よく混ざったら残りの3を加え、全体を混ぜ合わせる。

 

7、6に5の生クリームを3回に分けて混ぜながら加える。レモン汁を加えてさらに混ぜる。

 

8、2の型に7の生地を流し入れ、表面を平らに整える。冷蔵庫で3時間冷やし固める。

 

9、8の型の周囲に蒸しタオルを巻き、型をさっと温めて外す。

 

10、9の上にヘタを取ったいちご、ラズベリー、ブルーベリーを乗せる。

ラズベリーピューレを刷毛で塗る。

 

11、生クリームはグラニュー糖を加え8分立てに泡立てる。

モンブラン口金を付けた絞り出し袋に入れる。

10の周囲にぐるっと絞り出す。

 

12、セルクル板とグラハムビスケットの間にパレットナイフを差し込み、板から外し皿に移す。

セルフィーユ、食用金箔を飾る。

 

 

コメント(0)トラックバック(0)