[an error occurred while processing this directive]

Junko's Cute Sweets Style

2013年10月

ひき肉デコのハロウィンディナー・レシピ

2013/10/31

20131031-1.jpg

 

今日はハロウィンですね。
先日、ハロウィンよりひと足早く「ひき肉デコ」のハロウィン夕食を作りました。

 

写真中央のパウンドケーキ状のひき肉デコは、先日レシピをご紹介した「ひき肉デコ/かぼちゃのモンブラン風・レシピ」をそのままパウンド型で焼いたものです。

 

3/4量で作ったらクオカのスリムパウンド型にぴったりでした。

上のかぼちゃは1/4量にして、紫芋で作ったマッシュポテトと交互に絞りました。

 

 

20131031-2.jpg

 

上にはコウモリ型で抜いたかぼちゃの素揚げとかぼちゃの種をトッピングしました。

手前のひき肉デコは、合いびき肉生地をミニカップケーキ型で焼いたもの。

 

 

20131031-3.jpg

小さなピンチョスサイズに作ることができて気に入っています。

上にはにんじんサラダと、サルサソースをトッピングして。

 

 

20131031-4.jpg

マッシュかぼちゃで形作ったかぼちゃを乗せた、きのこれんこんシチュー、ルッコラと柿のサラダと一緒にいただきました。

 

かぼちゃと紫芋のひき肉デコパウンドを切り分けて、ソースをかけていただきます。

切り分けてもやっぱりケーキみたいですね(^^)

 

 

20131031-5.jpg

ちなみに全く同じレシピで、先日はエンゼル型でもハロウィンひき肉デコを作りアメブロで紹介しました。

ケーキ風ハロウィンのひき肉デコ・レシピ 

こんな感じになります。

 

 

20131031-6.jpg

 

同じ「かぼちゃのモンブラン風」のレシピでも、1人用サイズのモンブラン風から、ホールケーキ風、パウンドケーキ風などいろんな形にアレンジすることができて楽しいです。

型にこだわらず、ぜひお手持ちの型でいろんなひき肉デコを楽しんでいただけたらと思います。

 

かぼちゃひき肉デコの手前に置いた、「スパイシーサルサ」のひき肉デコレシピをご紹介します。サルサソースをたっぷり乗せていただくとおいしいです。

ほかにも皆様のお好みの具材を乗せて、これからのパーティシーズンメニューに、ひき肉デコはいかがでしょうか?

 

IMG_1613.JPG

 

◆◆ ◆スパイシーサルサ ◆◆◆

 【材料】プリン型6個分 またはミニカップケーキ型24個分

 

〈ミートローフ生地〉

 合いびき肉  400g

 玉ねぎ   100g(中1/2個)

 生パン粉  1/2カップ(食パンをフードプロセッサーにかける。又は市販の生パン粉)

 卵   1個

 塩   小さじ2/3弱

 黒こしょう(粗挽き)  少々

 

〈トッピング〉

 トマト   100g(中1個)

 玉ねぎ   20g(中1/10個)

 ピーマン  1/4個

 

A 塩  小さじ1/8〜1/4

A レモン汁  小さじ1

A タバスコ  小さじ1/8

 

イタリアンパセリ  少々

 

下準備

型にサラダ油を薄くぬる。

オーブンは180℃に予熱する。

 

 

1、玉ねぎはみじん切りにする。卵はときほぐす。

ボウルに合いびき肉、玉ねぎ、卵、生パン粉、塩、黒こしょうを加え、手を大きく広げてつかむようにして混ぜる。

 

2、肉の繊維が出て粘ってくるまで混ぜる。(混ぜ過ぎに注意。白っぽくなるまで混ぜると混ぜ過ぎ)

 

3、生地を6等分し、両手でキャッチボールをするようにして空気を抜いてから、型の隅々まで入るよう手でしっかりと押し固める。

 

4、180℃に予熱したオーブンで2025分焼く。

竹串を刺して透明の肉汁が出たら焼き上がり。肉汁が赤ければ焼き時間を少しずつ追加する。

 

5、オーブンから出して室温でさまし、粗熱がとれたら表面についている余分な脂をキッチンペーパーで拭き取る。

 

6、トマトはへたと種を取り、5mm角程度の角切りにする。玉ねぎ、ピーマンはみじん切りにする。

 

7、ボウルに2を入れ、Aを加えて混ぜ合わせる。

 

8、5に7を盛りつけ、イタリアンパセリを飾る。

 

 

51KKMEZuyIL._SL160_.jpg

 

 

Junkoさんの「ひき肉デコ」レシピ

9月24日(火)発売しました!!

★アマゾン、楽天ブックス、全国書店で発売中です!★

 

【amazon】  【楽天ブックス】

 

コメント(0)トラックバック(0)

業務用ラッピングシールは便利!

2013/10/20

20131020-1.jpg

 

先日ご紹介した、チョコナッツコーヒーのドロップクッキーを半分友人にお裾分けしました。

こんなふうにラッピングしました。

 

透明なOPP袋シリカゲルクリップシーラーラッピングシールを使います。

どれもCottaで購入したものです。

 

 

20131020-2.jpg

 

OPP袋の中にシリカゲルとクッキーを入れて、クリップシーラーで接着します。

シーラーで密着するのと、ただテープで留めただけとでは、シリカゲルを入れてもクッキーの湿気具合が全然違います。

サクサク感が長持ちして気に入っています。

 

 

20131020-3.jpg

 

最後にラッピングシールを貼ると、とっても見栄えがよくなりました。

このシールを貼ると、お店のもののようになって気に入っています。

 

 

20131020-4.jpg

  

お裾分けした友達も、とても喜んでくれました。

Cottaはほかにも素敵なデザインのラッピングシールがたくさん売っています。

実際にケーキ屋さんも使っている業務用のシールだそうで、それで私が作った家庭のお菓子もシール1つで、一見お店のラッピングのように見えるのですね。

業務用なのに10枚など少量から販売していて便利です。

業務用シールのラッピング、とってもオススメです(^^)

 

 

 

 

コメント(0)トラックバック(0)

チョコナッツコーヒーのドロップクッキー・レシピ

2013/10/17

20131017.jpg

 

日に日に気温が下がって、いよいよ秋らしい気候になってきましたね。

夏の間はあまり作る気がしなかった、オーブンを使った焼き菓子を久しぶりに作ってみました。

 

この頃「ひき肉デコレシピ」本など、細かいデコのお料理、お菓子の仕事にかかりきりだったので、久しぶりにとってもシンプルなクッキーを作りました。

ボウルで混ぜて、スプーンで落として焼くだけの簡単なドロップクッキーです。

 

秋らしく刻んだナッツをたくさん入れました。

くるみにカシューナッツ、アーモンドを入れましたが、ピーナッツやピスタチオなども合いそうですね。

さらにミルクチョコレートチップも入れました。

生地にはコーヒーを入れてほろ苦くひきしめて。

 

柔らかくしたバターに、グラニュー糖、卵、コーヒー液の順に混ぜます。

 

 

20131017-1.jpg

 

コーヒー液は、インスタントコーヒーをお湯で溶いたものです。

薄力粉とベーキングパウダーをふるい入れ、刻んだナッツとチョコを加えます。

写真のチョコレートは、Cotta森永クーベルチュールチャンクミルクです。

質の良いチョコレートが最初から細かく刻んであるので、焼き菓子のトッピングのほかトリュフや生チョコ作りにも便利です。

 

 

20131017-2.jpg

 

2本のスプーンを使って天板に丸く落とし、焼いたらできがあり。

ほろ苦いコーヒーの風味とナッツ、チョコの組み合わせがやや大人っぽい味のクッキーです。

 

 

20131017-3.jpg

 

デコのお菓子もかわいくて良いけれど、焼きっぱなしのお菓子は思い立ったら短時間でできるのが良いですね。

秋のおやつにいかがでしょうか?

 

 

◆◆◆ チョコナッツのコーヒードロップクッキー ◆◆◆

 

【材料】約12枚分

 バター(食塩不使用) 50g

 グラニュー糖    70g

 卵     1/2個

 薄力粉   100g

 ベーキングパウダー  小さじ1/4

 インスタントコーヒー 小さじ1(小さじ1の湯で溶く)

 ミックスナッツ(アーモンド、カシューナッツ、くるみ等) 50g

 ミルクチョコレート   50g(荒く刻む)

 

※バターは室温に戻す。

※オーブンを170℃に予熱する。

 

1、ボウルにバターを入れ泡立て器でクリーム状にし、グラニュー糖を加え白っぽくなるまで混ぜる。

 

2、溶き卵を2、3回に分けて加えよく混ぜる。

 

3、コーヒー液を加えさらによく混ぜる。

 

4、薄力粉とベーキングパウダーをふるい入れ、ゴムベラで切るように混ぜる。

 

5、全体がなじんだら、荒く刻んだナッツと刻んだミルクチョコレートを加え混ぜる。

 

6、オーブンシートを敷いた天板の上に、2本のスプーンを使い丸く落とし、間隔をあけて並べる。

170℃に予熱したオーブンで18~20分焼く。

途中外側が焦げてきたらアルミホイルをかぶせる。

 

 

コメント(0)トラックバック(0)