[an error occurred while processing this directive]

Junko's Cute Sweets Style

2013年3月

春のカップケーキ・レシピ

2013/03/30

 

2013330-1.jpg

 

 

すっかりブログがご無沙汰になってしまい、失礼致しました。

ここしばらく新刊の制作などでバタバタしており、なかなかお菓子を作る時間が取れず・・・
やっと一段落した休日に、何か春らしいお菓子を作ってみようと、こんなカップケーキを作りました。

プレーンなカップケーキに、ピンク色のラズベリークリームを絞り、マジパンで作った桜の花を飾ったカップケーキです。

 

カップケーキ(マフィン)生地、いろいろな作り方があります。

今回は溶かしバターを加えるタイプの生地です。

溶きほぐした卵に砂糖とはちみつを加え、溶かしバター、牛乳、粉類の順に加えます。

 

 

2013330-2.jpg

 

 

生地にはちみつを加えると、しっとりとした焼き上がりになって気に入っています。

カップの8分目まで入れ、オーブンで20分ほど焼きます。

 

焼いている間にマジパンで桜の飾りを作ります。

マジパンは、粉末のアーモンド・砂糖・卵白をこねてペースト状にしたもの(三省堂大辞林より)です。

お菓子に乗せるちょっとした飾りを、手作りするのに便利です。

 

 

2013330-3.jpg

 

 製菓材料専門店でないと手に入らないのがネックですが、粘土感覚でオリジナルの飾りを作ることができて楽しいですよ。

私はいつもクオカで購入しています。

 

 

焼き上がって粗熱を取ったカップケーキに、ラスベリークリームを絞り、マジパンの飾りを乗せます。

 

 

2013330-4.jpg

 

 彩りにセルフィーユを乗せてできあがり。

表面がサクサク、中はふわふわしっとりしたケーキに、甘酸っぱいラズベリークリームの組み合わせがおいしいです。

とても気に入っているレシピです。

 

 

2013330-5.jpg

 

 ところで、ピンク色クリームに使うラズベリージャム、最近画期的な商品を見つけました。

とっても便利できれいな色になります。

次の記事では、ジャムについて書きます。

 

 

 

◆◆◆ 春のカップケーキ ◆◆◆

 

【材料】底辺直径5cm×高さ3cmの紙カップ5個分

 

 卵(Mサイズ)     1個

 砂糖          70g

 はちみつ        10g

 バター(食塩不使用)  60g

 牛乳          60ml

 薄力粉         150g

 ベーキングパウダー   小さじ1

 バニラオイル      少々

 

〈ラズベリークリーム〉

 生クリーム     100g

 ラズベリージャム(裏ごしして)  25g

 

 マジパン    10g

 食用色素(赤) 少々

 

 セルフィーユ   適量

 

※バターは湯煎にかけて溶かしておく。

※薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく。

※オーブンは180℃に予熱しておく。

※絞り出し袋に星型口金を付けておく。

 

【作り方】

1、ボウルに卵を溶きほぐし、砂糖とはちみつを加えて泡立て器で白っぽくなるまで混ぜる。

溶かしバター、牛乳の順に加えてそのつどよく混ぜる。

 

2、薄力粉とベーキングパウダーを加えて混ぜ、粉っぽさがなくなったら、バニラオイルを加えさらに混ぜる。

 

3、全体が均一に混ざったら、スプーンなどで紙カップの8分目まで入れる。

180℃に予熱したオーブンで18~20分焼く。

生地の真ん中に竹串を刺して、生地がついてなければ焼き上がり。

粗熱を取る。

 

4、マジパン細工を作る。

マジパンから1cm大ほどを取り分ける。

残りのマジパンに、赤の食用色素を少しずつ加えてピンク色に着色する。

 

5、(4)をめん棒で1mm厚さにのばし、桜の抜き型で抜く。

着色していない生地を6等分し、小さく丸める。

 

6、(5)の桜型のマジパンの中央に指で丸みをつける。

白いマジパンを中心にくっつける。

 

7、ラズベリークリームを作る。

ボウルに生クリームとラズベリージャムを入れて、ハンドミキサーで八分立てに泡立てる。

星型口金を付けた絞り出し袋に入れる。

 

8、粗熱が取れた(3)に(7)のクリームをソフトクリーム状に絞る。

トップに(6)をくっつけ、セルフィーユを飾る。

 

 

 

 

 

 

 

コメント(0)トラックバック(0)