[an error occurred while processing this directive]

Junko's Cute Sweets Style

2012年10月

便利なアイシングシュガー

2012/10/31

 

1031.JPG

 

この頃、アイシングクッキーを作る時にいつも使っているお気に入りの材料があります。

NUT2decoさんで購入したアイシングシュガーパウダーです。

 

普通アイシングは粉砂糖と卵白で作りますが、このアイシングシュガーパウダーを使えば水だけできれいなアイシングを作ることができます。

しかも溶くのも固さ調節もすごく簡単です。

 

1031-2.JPG

お手軽にツヤツヤのアイシングを作ることができます。

 

卵白で作るアイシングは、混ぜ方によっては表面がボコボコになってしまったり、線がガタガタになってしまったり、なかなか固さ調節が難しいです。

それも、アイシングシュガーパウダーなら、必ずつるんとなめらかな表面に仕上がります。

 

 

1031-3.JPG

 

さらに、乾燥するとふわっとした食感になり、卵白で作るアイシングよりもおいしくて気に入りました。
すっかり気に入って何度も繰り返し購入しています。
アイシングクッキー作りをお手軽に楽しみたい方におすすめの材料です。

 

もう一つ、アイシングクッキー作りの必需品、食用色素もおすすめのものがあります。

同じくNUT2decoさんのフードカラーです。

 

 

1031-4.JPG

 

赤、ピンク、青、オレンジ、緑、黄、紫、茶の8色セットになった、ペースト状のフードカラーです。 

以前は、粉末状の食用色素を水で溶いて使っていました。

でも、加える水分によって色が薄くなってしまったり、アイシングがゆるくなってしまったり、何かと不便でした。

赤、青、黄の3色しかないため、紫色やオレンジ色は色を混ぜ合わせなくてはいけません。

 

その点ペースト状フードカラーには、はじめから紫やオレンジ色があって便利です。

水で溶かなくてもペースト状になっていてそのまま使え、少量でとても良く発色して使いやすいです。

 

 

1031-5.JPG

アイシングシュガーパウダーと、ペースト状フードカラーを使うようになって、アイシングクッキー作りがより楽しくなりました。
これまでよりも短時間で作れるようになったのも嬉しいポイントです。

 

便利な材料を使って、今度は何か秋のモチーフのアイシングクッキーを作ってみたいです。

 

 

 

※アイシングシュガーパウダーとフードカラーは、こちらで購入しました↓

NUT2deco(ナッツデコ)http://www.nut2deco.com/

 

 

 

 

コメント(0)トラックバック(0)

ハロウィンのシュータワー2012・レシピ

2012/10/30


1030-2.JPG

明日はハロウィンですね。
今年もハロウィンのシュータワーを作りました。
これまでにお仕事を含め何度も作っている私のハロウィンの定番デザートです。

 

このデザート、豪華な見た目のわりに、市販のプチシュークリームとアイシングクッキーを使えばとても短時間で作ることができます。

今日思い立って明日でも作れてしまうかも?

そんなシュータワーの作り方をご紹介します。

 

下の画像は、3年前に作った時のものです。

この時はシュークリームから手作りしました。

市販のプチシューを使う場合は、19個用意します。

 

まずお皿の上に7個のプチシューを生クリームで固定して、さらにその上に7個重ねます。

同様に生クリームを接着剤にして、4個、1個と積み重ねます。

 

 

o0567069610785152084.jpg

 

 

生クリームと牛乳で伸ばしたチョコソースをかけて、フルーツとハロウィンのアイシングクッキーを盛りつけたらできあがり。

市販のプチシューとアイシングクッキーを利用すれば、30分ほどで作ることができます。

 

今回は、ハロウィンのアイシングクッキーのみ自分で焼いて、さらに市販のハロウィンマカロンを差し込みました。

池袋西武百貨店に入っている、ボン+ボンヌ アニバーサリーのマカロンです。

 

 

1030-6.JPG

 

このお店のアイシングクッキーは本当にすごいです!

この魔女のアイシングクッキーもかわいいですね(^^)

 

シュータワーを組み立てて、お子様と一緒に飾り付けをしても楽しそう。

作る時も盛り上がるデザートです。

 

 

1030-7.JPG

 

 

今回アイシングクッキーを作る際に、とても便利なアイシングシュガーという材料を使いました。

次の記事では、簡単にアイシングクッキーを作ることができる、便利な材料をご紹介します(^^)

 

 

 

 

◆◆◆ ハロウィンのシュータワー ◆◆◆

 

【材料】1台分

 

〈本体〉

市販のプチシュークリーム  19個

 

〈ホイップクリーム〉

生クリーム  180ml

砂糖   16g  

 

〈チョコソース〉

ミルクチョコレート  40g

生クリーム   20ml

牛乳   20ml

 

〈トッピング〉

ハロウィンのアイシングクッキー  10枚

イチゴ、キウイ、ブルーベリーなど好みのフルーツ  適宜

ミント  適量

 

 

【作り方】

1、ホイップクリームを作る。生クリームに砂糖を加えて八分立てに泡立て、口金を付けた絞り出し袋に入れる。

 

2、お皿に1を絞り出し、プチシュークリームを7個並べて固定する。

 

3、2の上に1のクリームを絞り、プチシュークリームを7個乗せる。

さらに4カ所にクリームを絞る。

 

4、3の上にプチシュー4個、クリーム、プチシュークリーム1個の順に重ねる。

 

5、4のプチシュークリームの隙間に1のクリームを絞る。

 

6、チョコソースを作る。

チョコレートを細かく刻み、ボウルに入れる。

 

7、鍋に牛乳、生クリームを入れて沸騰直前まで温め、6に加えて溶かす。

 

8、5の上に7をスプーンでかける。

 

9、イチゴのヘタを取って縦半分に切る。

 

10、8にフルーツとアイシングクッキーを乗せ、ミントを飾る。

 

※アイシングクッキーを手作りする場合のレシピは→こちら 

コメント(0)トラックバック(0)

ハロウィンのかぼちゃ白玉ぜんざい・レシピ

2012/10/20

 

o0369055312246227263.jpg

月末のハロウィンに向けて、ハロウィンモチーフの和風デザートを作ってみました。

ハロウィンカラーとオバケの白玉と、つぶして甘くしたかぼちゃを盛りつけたぜんざいです。

 

ハロウィンのお菓子というと洋風のデザートが多いので、和風ハロウィンスイーツは目新しくて良いかもしれませんね(^^)

シンプルな材料で、簡単に作ることができるのも嬉しいです。

 

 

o0369025412246227267.jpg

 

材料は、かぼちゃと缶詰のゆであずき、白玉粉とお豆腐。

白玉だんごは水のかわりにお豆腐で練った豆腐白玉にします。

白玉粉をお豆腐で練ると、もちもちと柔らかい粘土状になって、自由な形に成形しやすくなります。

また、茹でた後時間が経っても固くなりにくいです。

 

耳たぶくらいの固さに練った白玉生地に、食用色素を少々加えて、紫とオレンジの生地を作ります。

白い生地を少し取り分けて、ブラックココアを加えて黒い生地も作ります。

 

 

o0567018012246233882.jpg

 

紫、オレンジ、白の生地を小さく丸めて、白い生地で2つオバケの形を作ります。

黒い生地でオバケの目と口を作りくっつけます。

 

 

o0369026112246227264.jpg

 

 お鍋でゆでて冷水に取ります。

かぼちゃは蒸し器か電子レンジで蒸して、皮を除いてマッシュします。

砂糖を加えたら、小さく丸めて中央をへこませ、竹串でかぼちゃの線を入れます。

 

 

o0567019012246227266.jpg

 

 かぼちゃの皮を切って軸を付けます。

 

 

o0369023612246227265.jpg

 

 お鍋で温めたゆであずきと一緒に盛りつけてできあがり。

 

 

o0567037112246227887.jpg

 

 かわいらしいハロウィンの和スイーツができました。

かぼちゃとあんこの組み合わせっておいしいですね。

もちろん白玉にも良く合います。

お茶にぴったりな、秋らしい和のデザートでした。

 

ハロウィンパーティに、和のスイーツも珍しくて盛り上がりそうですね。

パーティのほか、10月のおやつにぜひいかがでしょうか?

 

 

 

 

◆◆◆ ハロウィンのかぼちゃ白玉ぜんざい ◆◆◆

【材料】2人分

 

〈ハロウィン白玉〉

 白玉粉   40g

 絹ごし豆腐  45~55g

 食用色素(紫)(オレンジ) 少々

 ブラックココアパウダー 少々

 

〈かぼちゃまんじゅう〉

 かぼちゃ  120g(約1/16個)

 砂糖   大さじ1/2

 

ゆであずき(缶詰)  100g

お湯    大さじ2

 

【作り方】

1、かぼちゃまんじゅうを作る。

かぼちゃは蒸し器または電子レンジで、竹串が通るまで加熱する。

 

2、包丁で皮を切り取り、軸用に取り分けておく。

残りをボウルに入れ、マッシャーで潰す。砂糖を加えよく混ぜる。

 

3、2等分して丸め、上下を少し潰すようにしてかぼちゃの形を作る。

竹串で側面に線を入れ、かぼちゃの模様を作る。

 

4、2で取り分けた皮を細長く切り、3の上部に差し込む。

 

5、白玉を作る。

白玉粉に豆腐40~45gを加え、ひとまとまりになるまでこねる。

まとまらなければ豆腐を少しずつ足す。

 

6、5を3等分し(白い生地用はやや多めに取り分ける)、1つに紫の食用色素を、

もう1つにオレンジの食用色素を少しずつ加える。

3色とも固さを見て豆腐を少しずつ足し、耳たぶくらいの固さに調節する。

 

7、白い生地から5mmほどを取り分け、ブラックココアを加えて混ぜ、黒い生地を作る。

6の白い生地からオバケを2つ形作る。

黒い生地で、目、口を付ける。

 

8、残りの白い生地を2等分して丸める。

紫とオレンジの生地も4等分して丸める。

 

9、小鍋にお湯(分量外)を沸かし、7、8をゆでる。

浮き上がってから1~2分ゆで、冷水にとって冷やす。

 

10、小鍋にゆであずきとお湯を入れ、混ぜながら温める。

器に注ぎ、4のかぼちゃまんじゅう、9の白玉を盛りつける。

 

 

 

 

 

 

 

コメント(0)トラックバック(0)