[an error occurred while processing this directive]

Junko's Cute Sweets Style

2012年9月

写楽のデコロール

2012/09/30


0930.JPG

 

先日出版した「Junkoの デコ★ロールでパーティ!」の制作で、ここ半年ほどデコロール浸けの毎日でした。

本に載せるデコロールは、なるべく読者の皆さんが作りやすい模様でないといけません。

シンプルで作りやすい模様のデコロール試作を繰り返した反動か、プライベートで作るデコロールには凝った模様ばかり作りたくなってしまいます。

 

お盆の頃に、過去最高に複雑な模様の、浮世絵デコロールを作りました。

北斎の東海道五十三次から「神奈川沖浪裏」のデコロールです。

 

o0567037012139770693.jpg

浮世絵柄を作るのがとても楽しかったので、引き続き浮世絵でコロールにチャレンジしてみました。

今回は写楽の三代目大谷鬼次の江戸兵衛」のデコロールです。

北斎の絵よりも、絵柄がシンプルでひとつひとつのパーツが大きいので、まだ作りやすいです。

 

 

0930-2.jpg

 

とはいっても、色数は5色になりました。
絵柄を反転させた下絵の上に、シリコンシートを敷いて油を塗ります。

 

1色ずつ根気よく焼いては、隣り合う違う色を乗せて行きます。

4回ほど下焼きしました。

最後に抹茶生地を流して焼きます。

 

 

0930-4.JPG

 

そっとシリコンシートをはがすと、くっきりと模様が出て嬉しくなりました(^^)

浮世絵のおおまかな色合いのみ生地に焼き込んで、細かい線は後から筆で描いて行きます。

 

 

0930-3.JPG

 
お湯で溶いたブラックココアを面相筆に付けて、根気よく描いて行きます。
浮世絵柄のデコロールを作る時に困るのが、筆で長時間絵を描いていると、生地が乾燥してしまうこと。
描かない部分をラップで覆いながら慎重に線を描きます。

 

ロールケーキの側面に大きく絵柄が入って、ダイナミックな浮世絵デコロールになりました。

外人さんに受けそうな「和」のデコロールですね。

 

最近始めたFacebookに公開したところ、海外の方からもたくさんコメントをいただきました。

浮世絵デコロール、海外でも人気が出ると良いです。

 

Facebookでは、ほかにもオバマのデコロールや、モナリザのデコロールなんてどうですか?とのリクエストをいただきました。

今度は世界の著名人シリーズや、名画シリーズデコロールにも挑戦してみたいです(^^)

 

 

 

※デコロールのFacebookファンページを作りました。

http://www.facebook.com/JunkoDecoroll

 よろしければ、いいねを押してください。

みなさんの作ったデコロールも、ぜひ投稿していただけると嬉しいです(^^)

 

 

 

 

 

 

コメント(0)トラックバック(0)

新刊発売のお知らせ

2012/09/21

 

o0567038012194106438.jpg

 

本日、7冊目の自著「Junkoの デコ★ロールでパーティ!!」を出版致しました。

4冊目のデコ★ロール本です。

 

昨年出版した、シリコンシート付きの「シリコンシートで デコ★ロール作っちゃお!」以来、1年ぶりのデコロールレシピ本です。

ここ半年ほど、この本の制作にかかりきりでした。

模様やレシピにこだわって作った、思い入れの強い一冊です。

 

今回は「パーティ編」として、いろんなパーティシーンに合う模様を33柄掲載しました。

デコ★ロール作りの基本に帰って、初心者の方にも作りやすい模様デザインを心がけました。

 

これまでにない大人っぽい模様のデコロールも、新しく紹介しています。

たとえば、これは北欧のテキスタイルをイメージした模様です。

 

0921-4.JPG

撮影:新居明子

ココアとブルーグリーンの2色のシンプルな模様で、とても作りやすいです。
中身はチーズクリームとブルーベリー、おいしくて気に入っている組み合わせです(^^)

 

こちらは、以前にブログで紹介して人気だったリボン模様です。

ココア生地にピンク色1色のリボン模様は、シックな印象ですね。

 

0921-3.JPG

バレンタインの他、母の日にもおすすめです。

 

こちらは白と黒のモノトーンの組み合わせ。

ストライプ模様と水玉模様のリボンをイメージして作りました。

 

0921-2.JPG

シックなインテリアのテーブルに似合いそうなデコ★ロールです。

 

ほかにも、デコロールの形を変えてパーティ向けにアレンジしたレシピもたくさんご紹介しています。

こちらは、以前の本にも掲載したアニマル柄のデコロールを細巻きにアレンジしたものです。

箱に詰めると、パーティの手みやげにぴったりですね。

 

0921.JPG

細巻きミニサイズは、切り分けなくても良いのでパーティ向きですね。

 

この他にもいろいろな細巻きデコロールのバリエーションや、これまで通りかわいい模様のデコロールをご紹介しています。

 

これからの季節、ハロウィンに、クリスマス、お正月など、人が集まるおもてなしの機会が多いことと思います。

おもてなしやパーティに、テーブルに出した瞬間「わぁ!」と声が上がる、インパクト抜群のデコ★ロールはいかがでしょうか?

 

作りやすくなった「Junkoの デコ★ロールでパーティ!!」をきっかけに、デコ★ロール作りを楽しんでくださる方が増えると嬉しいです(^^)

 

 

「Junkoの デコ★ロールでパーティ!!」

★アマゾン・楽天ブックス・全国書店で発売中です!★

 

アマゾン→ http://www.amazon.co.jp/dp/4840148287

 

楽天ブックス→ http://books.rakuten.co.jp/rb/Junkoのデコ★ロールでパーティー!!-Junko-9784840148283/item/11882909/

 

 

デコ★ロールのフェイスブックページを作りました。

https://www.facebook.com/JunkoDecoroll

 

 

コメント(0)トラックバック(0)

チーズ蒸しパンの簡単トライフル風

2012/09/14


0914.JPG

9月も半ばだというのに、まだまだ暑い日が続いていますね。
こう暑いと、オーブンを使ってお菓子を焼くのはなかなか大変です。

そんな時に、思い立ったらすぐに作れる簡単なデザートをご紹介します。

スーパーで売っているチーズ蒸しパンと、カットフルーツ、生クリームがあればあっという間にできます。

 

0914-3.JPG

近くのスーパーで、パイナップルやピンクグレープフルーツ、キウイ、ぶどう、ブルーベリーが入ったフルーツミックスが売っていました。

カラフルな色合いで、ケーキのトッピングにぴったりです。

 

まずはチーズ蒸しパンを適当な大きさの角切りにして、お皿にフルーツ少々と一緒に並べます。

その上に、ゆるく泡立てた生クリーム(100ml)をかけます。

 

0914-4.JPG


カットフルーツを盛りつけ、溶けないタイプの粉砂糖をふりかけます。
セルフィーユを飾ってできあがり。 

0914-6.JPG

粉砂糖とセルフィーユを乗せると、ぐっとおいしそうに見えます。

粉砂糖をふりかけると、お店のデザートっぽく見えるような気がします(^^)

 

蒸しパンを切るところから初めて、15分もかからずにできました!

お手軽デザートです。

 

一人分ずつ取り分けていただきます。

 

0914-2.JPG

お子さまのおやつや、気軽なおもてなしにも良さそうですね。
しっとりしたチーズ蒸しパンと生クリーム、フルーツの組み合わせがおいしいです。
残暑の厳しい日におすすめの、簡単デザートでした。

 

あと半月もしたら、涼しくなってオーブンも使いやすくなるでしょうね。

夏の間焼き菓子から遠ざかっていた分、涼しくなったらジェノワーズから焼くデコレーションケーキに挑戦してみたいです。

 

◆◆◆ チーズ蒸しパンのトライフル風 ◆◆◆

 

【材料】2~3人分

 チーズ蒸しパン(市販)  1個

 生クリーム        100ml

 砂糖           8g

 カットフルーツ(市販)  1パック

 溶けない粉砂糖      適宜

 セルフィーユ       少々

 

1、チーズ蒸しパンは3cm角程度の大きさに切る。

 

2、生クリームに砂糖を加えて7分立てに泡立てる。

 

3、お皿に(1)のチーズ蒸しパンをフルーツと共に盛り、

(2)の生クリームをかける。

 

4、残りのフルーツをトッピングし、茶こしで粉砂糖をふりかける。

セルフィーユを飾る。

 

 

 

 

 

 

コメント(0)トラックバック(0)