[an error occurred while processing this directive]

Junko's Cute Sweets Style

2011年12月

お正月のスノーボール・レシピ

2011/12/30

 newyearsday_1.JPG


最近スノーボールの生地で、いろんな形を作るのが気に入っています。
先日クリスマスのスノーボールが友達に好評だったので、お正月のプチプレゼント用にお正月モチーフのスノーボールを作りました。

 

スノーボールのクッキー生地は、いつもフードプロセッサー(写真はブラウンマルチクイックのチョッパー)で作っています。

粉類をまとめて入れて軽く回し、バターを入れて撹拌すればあっという間に生地ができます。

 

 

newyearsday_2.JPG

  

この方法なら、3色の生地を作るのもそんなに手間ではありません。

白と緑、ピンク色の生地を作りました。

白い生地から一部取り分けて、オレンジ色に着色し、鏡餅のみかん用にします。

 

それぞれの生地で、粘土細工のように形を作ります。

松と竹と梅、鏡餅の形に成形して焼きます。

 

 

newyearsday_3.JPG

 

焼き上がって粗熱が取れたら、アイシングで模様を描きます。

 

 

newyearsday_4.JPG

 

仕上げに粉砂糖をまぶしてできあがり。

アイシングが取れないように、刷毛でそっと表面にまぶします。

 

 

newyearsday_5.JPG

  

4種類をセットにして、シリカゲルと一緒にOPP袋に入れ、ハンディシーラーで密封しました。

こうすると一週間ほどサクサク感が保てます。

 

 

newyearsday_6.JPG

 

お正月らしいスノーボール、喜んでもらえるといいです。

 

さて、今年ももう終わりですね。

昨年の9月からドリーミアクラブさんの連載仲間に入れていただいて、早いものでもう1年半になりました。

 

今年は夏にクリナップさんの新宿ショールームと名古屋ショールームで、デコロール教室をさせていただきました。

このブログをご覧の皆様にたくさんご参加いただき、ありがとうございました。

ドリーミアクラブさんを通じて、皆様との新しい交流が生まれて本当に嬉しい年でした。

また来年もそのような機会ができればと思っています。

 

今年一年、この連載にお付き合いいただきありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

よいお年をお迎えください。

 

Junko

 

 

 

◆◆◆ お正月のスノーボール ◆◆◆

〈材料〉約50個分


白い生地◇

 無塩バター       50g

 薄力粉         70g

 アーモンドパウダー   25g
 グラニュー糖      25g

 塩           ひとつまみ

 

緑の生地◇
 無塩バター       100g

 薄力粉         135g

 抹茶          大さじ1
 アーモンドパウダー   50g

 グラニュー糖      60g食用色素の場合はグラニュー糖50g

 塩           ひとつまみ

 

ピンク色の生地◇

 無塩バター       50g

 薄力粉         70g

 アーモンドパウダー   25g

 グラニュー糖      25g

 食用色素(赤)     少々 少量の水で溶く
 塩           ひとつまみ

 

食用色素(黄)      少々 少量の水で溶く

アイシング◇

 卵白          10g
 粉砂糖         5565g

 レモン汁        1~2滴 

 食用色素(黄)     少々

 

粉砂糖         適宜

 

オーブン予熱温度 170


 

〈作り方〉

1、白い生地を作る

薄力粉、アーモンドパウダー、グラニュー糖、塩をフードプロセッサーに入れ、粉類をふるうつもりで軽く回す。

2、バターを加え、スイッチを入れたり切ったりしながらバターが混ざるまで攪拌する。

3、サラサラだった粉類が、しっとりと一かたまりになってきたらボウルに取り出し、手でひとまとめにする。
ラップに包み、平たく伸ばして冷蔵庫で1時間休ませる。

 

4、同様にして緑色の生地、赤い生地を作る。

緑色の生地は、(1)に抹茶を加える。

赤い生地は(2)の途中で、水で溶いた赤の食用色素を加える。

白い生地を3cmほど取り分け、黄色と赤色の食用色素を加え混ぜ、オレンジ色の生地を作る。


5、それぞれの生地で、松、竹、梅、鏡餅の形を作る。
オーブンシートを敷いた天板に乗せ、170℃に予熱したオーブンで16分~20分焼く。

(焼き時間はオーブンによって調整してください)
表面にうっすらと焼き色が付いたら焼き上がり。
ケーキクーラーなどに乗せ、完全に冷ます。

 

、アイシングを作る。

ボウルに卵白、ふるった粉砂糖50g、レモン汁を入れ、ゴムベラで混ぜ合わせる。

黄色の食用色素を加え混ぜる。コルネに入れる。

 

7、粗熱の取れたクッキーに、アイシングで模様を描く。

常温で30分ほど置いて固める。

 

8、(7)が完全に固まったら、ボウルに仕上げの粉砂糖を入れ、クッキーを入れる。

刷毛でそっと表面に粉砂糖をまぶす。

 




フードプロセッサーを使わないで作る場合◇


1、バターは室温で柔らかくしておく。
ボウルにバターを入れ、砂糖、塩を加えて白っぽくなるまで混ぜる。

 

2、アーモンドパウダー、薄力粉を加えてさっくり混ぜ合わせる。

ラップに包み、平たく伸ばして冷蔵庫で1時間休ませる。


以下、上の(4)~の作り方同様。

 

コメント(0)トラックバック(0)

チョコツリーのラッピング

2011/12/15

 

wrapping_1.JPG

 

先日ご紹介したコーンフレークのチョコツリーは、こんなふうにラッピングしました。
B5サイズのOPP袋にレースペーパーを入れ、チョコツリーを乗せます。

袋を100円ショップ(ダイソー)のクリスマスリボンで結んで、柊の飾りを差し込みました。

柊の飾りは、業務用資材店のシモジマで購入しました。

 

christmas_2.JPG


毎年12月になると、100円ショップにたくさんのクリスマスグッズが並びます。
最近は100円ショップのクリスマスグッズも、雑貨店顔負けの良いデザインのものが多くてびっくりします。
中でも、ダイソーのクリスマスリボンは20~30種類ものデザインがあって、とてもコストパフォーマンスの良い品だと気に入っています。

 

リボンを普通に結ぶだけでも良いのですが、こんなクリスマスのリボンタイを作っておくと便利です。

これは2年前に作ったものです。

 

o0567038610921651939.jpg

2種類の100円リボンと、同じく100円ショップ(ダイソー)の鈴、ワイヤータイを用意します。

リボンを適当な長さに切り、くるっとひねって2つ重ねます。

 

o0567076210921651940.jpg


ワイヤータイに鈴を通し、2つ重ねたリボンの中心を留めたらできあがり。

このリボンでプレゼントの袋を結ぶだけで、一気にクリスマスムードになりますね。

 

o0425054610921651941.jpg

 
手作りお菓子のラッピングにオススメです。

クリスマスまであと10日ほどですね。

今年も何かクリスマスらしい焼き菓子を作って、このラッピングで友達にお裾分けしようと思っています。

 

 

コメント(0)トラックバック(0)

チョコツリーと新刊発売のお知らせ

2011/12/12

 

chocolatetree_1.JPG

 
今月6日に、新刊
シリコンシートで デコ★ロール作っちゃお!」と
コンビニ菓子で デコ★スイーツ作っちゃお!」を2冊同時発売しました。

 

シリコンシートで デコ★ロール作っちゃお!」は、デコロールをきれいに作ることができる、オリジナルシリコンシートの付録付きです。

コンビニ菓子で デコ★スイーツ作っちゃお!」は、市販のお菓子を利用した、簡単なデコレーションお菓子作りの本です。

ぜひ本屋さんでお手に取っていただけると嬉しいです。
 

newbook_2.JPG

ここ数ヶ月ほど「コンビニ菓子で デコ★スイーツ作っちゃお!」の制作のために、いろんな市販のお菓子を使ったスイーツを試行錯誤していました。
コンビニやスーパーのお菓子を使った、アレンジスイーツ作りがすっかり得意になりました。

今日は、コンビニやスーパーで手に入るコーンフレークと板チョコを使った、クリスマスにぴったりなお菓子をご紹介します。

先日輸入雑貨店でこんなお菓子が売られているのを見て、100円ショップの型を使ったら真似して簡単に作れそう、と思いついたものです。

 

まずミルクチョコレートを湯煎にかけて溶かします。

(写真は製菓用のミルクチョコタブレットを使っていますが、普通の板チョコの場合は細かく刻んでから溶かします)

 

chocolatetree_3.JPG


コーンフレークはビニール袋に入れて、麺棒で叩いてざっくりと砕きます。
コーンフレークを加えて全体に混ぜ合わせ、星形の抜き型の中に入れます。
この型はダイソー(100円ショップ)で購入した100円商品です。

chocolatetree_4.JPG


そのままラップをかけて冷蔵庫で1時間ほど冷やし固め、型からそっと外します。
溶かしたミルクチョコレートをコルネに入れ、接着剤にして上に積み上げていきます。

chocolatetree_5.JPG


一番上には星形のアイシングクッキーを飾りました。
黄色のチョコペンで星を作ってもお手軽ですね。

残りのチョコレートでマーブルチョコをくっつけたらできあがり。

かわいらしいクリスマスツリーができました♪
 

chocolatetree_6.JPG

同じようにして、抹茶チョコとホワイトチョコレートで作ったのがこちら。
緑色になるとよりツリーっぽいですね。

こちらは分量を増やして分厚く作ったので、チョコバージョンよりも背が高くなりました。
 

teatree_7.JPG

このチョコツリー、とっても簡単にできる上にすごくおいしいです!
サクサクしたコーンフレークとチョコレートの組み合わせが、止まらないおいしさでした。
コーンフレークは粉砂糖などがかかっていない、プレーンタイプにするのがポイントです。

この写真の前に試作した1台は、味見のつもりがついつい半分ほど食べてしまいました。

プレゼントに喜ばれそうなお菓子です。

クリスマスの、お友達への気軽なプレゼントにいかがでしょうか?

 

次の記事では、チョコツリーのラッピングをご紹介します(^^)

 

 

◆◆◆ コーンフレークのチョコツリー ◆◆◆

 

【材料】各1台分

〈茶色のツリー〉 

 ミルクチョコレート      100g

 コーンフレーク(プレーン)  50g

 

 ミルクチョコレート(接着用) 20g

 マーブルチョコレート(大、小) 適宜

 星形のアイシングクッキー  1枚 
※または黄色のチョコペンで星を作る。

(アイシングクッキーのレシピは→こちら

 

〈緑色のツリー〉 

 抹茶チョコレート      100g

 コーンフレーク(プレーン)  50g

 

 ホワイトチョコレート    30g(接着用)

 アラザン    適宜

 星形のアイシングクッキー  1枚 
※または黄色のチョコペンで星を作る。

(アイシングクッキーのレシピは→こちら)

 

【作り方】

1、コーンフレークは丈夫なビニール袋に入れ、麺棒で数回叩いてざっくりと砕く。

チョコレート100gは細かく刻み、50℃程度の湯煎にかけて溶かす。

 

2、溶けたチョコレートにコーンフレークを加え、ゴムベラで全体によく混ぜ合わせる。

 

3、バットの上にオーブンシートを敷き、星の抜き型を並べる。

星型の中に(2)を入れる。

ラップをかけ、冷蔵庫で1時間ほど冷やし固める。

 

4、(3)が完全に固まったら、型からそっと外す。

 

5、接着用のチョコレートは細かく刻み、50℃程度の湯煎にかけて溶かし、コルネに入れる。

(4)の各チョコの中心に接着用チョコレートを乗せ、5段に重ねてくっつける。

同様に一番上に星型のアイシングクッキーを、全体にマーブルチョコレートをくっつける。

冷蔵庫で30分ほど冷やし固める。

 

※緑色のツリーは、同様に接着用チョコレートをホワイトチョコにして作ります。

 

※追記/チョコレートの量を130g→100gに変更しました(2012.12)

コメント(2)トラックバック(0)