[an error occurred while processing this directive]

Junko's Cute Sweets Style

2011年6月

おしゃれな乾燥剤「DRYING BLOCK」

2011/06/30

soil1.jpg

先週、クリナップ新宿ショールームのキッチンスタジオをお借りして、デコロール教室をさせていただきました。
その時に、ショールーム併設のショップでとってもおしゃれな乾燥剤を購入しました。

soilの「DRYING BLOCK」という商品です。(1パック630円)
珪藻土でできたブロックを折って、粉類のキャニスターなどに入れておくと湿気から守ってくれるというもの。

soil4.jpg


スタイリッシュなデザインで、乾燥剤とは思えないおしゃれな見た目ですね。
ピンクと白の2色を購入してきました。
他にグリーンもありました。
 

soil2.jpg


さっそく薄力粉やグラニュー糖のびんに入れました。
これなら乾燥剤が見えていても、気にならないおしゃれな見た目で気に入りました。


ショールームにはほかにもおしゃれなデザインのキッチンツールがたくさん売っていました。

otama_1.jpg


私が気になったのはこちら。
陶器のお玉立てです。

otama_2.jpg


ハート型のフック状の突起におたまをひっかけるんですね!
かわいいデザインです。
ドリーミアクラブオリジナル商品だとか。

otama_3.jpg

それから、面白いなと思ったのがこちら。
見ただけでは何に使うかわかりません。
 

otama_4.jpg


この人形、なんとカップ麺を留めるクリップなのだそうです。
その名も「カップメン」1個840円。
とっても面白い商品ですね(^^)


ほかにもおしゃれなキッチンツールや、かわいいもの、楽しい雑貨などいろんなキッチン雑貨が満載でした。
時間を忘れて買い物してしまった、楽しいショップでした。
新宿にお越しの際は、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
 

コメント(0)トラックバック(0)

デコロール教室

2011/06/26

junko_1.jpg


先週、ドリーミアクラブさんのキッチンスタジオで「デコ★ロール もっと作っちゃお!」の発売記念プレゼント「デコロール教室」を行いました。
ありがたいことに200名の方からご応募をいただき、抽選で東京では28名様をご招待しました。
午前と午後の2回、1回14人の少人数制の教室でした。
 

junko_2.jpg


なるべく近くで見ていただけるよう、調理台ではなくテーブルでデコロールを作りました。
調理台で作っても、テーブルでも、カメラが手元を大きくスクリーンに映してくださいます。
すばらしい設備です!

デコロール教室で、私が伝えたかった大きなポイントは2つです。
1つは、
●卵白はかなりしっかりと泡立てる
です。
メレンゲがしっかり泡立ったなと思ってから、さらにしつこく2、3分泡立てます。
コーンスターチを加えて、卵白が分離する手前までかなりしっかりと泡立てるのがポイントです。

junko_3.jpg


2つ目は、
●生地にメレンゲを合わせたら、しつこいくらいに混ぜる。
ことです。
卵黄生地にメレンゲがなじんでから、さらに100回くらいかき混ぜます。
しっかりと生地を混ぜると、きめ細かいスポンジになって、表面の気泡もできにくくなります。
 

junko_4.jpg


デコロール作りの工程を、皆さん熱心に見てくださいました。
特に模様を描く工程になると、いっそう興味津々のご様子。

junko_5.jpg

junko_6.jpg


間近でコツをお話しながらデコロールを作ることができました。
「こんなにしっかり混ぜるんですね!」
「生クリームは、こんなに固く泡立てるんですか」
など、本だけではわからないコツがわかって良かったと言っていただけました。

私も直接皆様とお話することができて、本当に嬉しかったです。
素敵なキッチンスタジオを提供してくださったドリーミアクラブ様、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

今週は名古屋でデコロール教室を行います。
名古屋でも読者の皆様とお会いするのを楽しみにしています(^^)

コメント(2)トラックバック(0)

あじさいのデコロール・レシピ

2011/06/16

ajisai_1.jpg

6月になって、道端のあじさいの花が咲きはじめました。
紫やピンク色の丸いあじさいがとってもきれいです。

そんなあじさい模様をデコロールレシピをご紹介します。
今回は少し難易度が高い6色使いのデコロールです。
簡単にしたい時は、葉っぱの葉脈部分を省略して緑色を1色に、あじさいの色をピンクだけにすると、3色になって作りやすいと思います。

それぞれの色生地をコルネに入れて、サラダ油を塗ったオーブンシートの上に絞り出して行きます。
オーブンシートの下にはあじさいの下絵を入れています。

ajisai_2.jpg


違う色同士が重なり合わないように、3回にわけて下焼きをします。
1色が焼き固まらないうちに、隣り合う色を乗せると、色の接した部分がにじんで輪郭が汚くなってしまいます。
模様が焼けたら、背景の生地を流し込んで焼きます。

ajisai_3.jpg


焼き上がってオーブンシートをはがすと、あじさいの模様ができました!

ajisai_4.jpg


粗熱が取れたら、生クリーム、メロンを巻きます。
オーブンシートごと1時間〜一晩冷蔵庫で休ませます。
一晩休ませると、生地とクリームがしっとりなじんでおすすめです。
その場合は、生地が乾燥してしまうことがあるのでジッパー袋に入れるか、ラップで全体を包んでおくと良いです。

ajisai_5.jpg


6月らしい、あじさいのデコロールができました。

ajisai_6.jpg


あじさいの紫色を出すのに、紫色の食用色素を使いました。
はじめ青色と赤色の食用色素を混ぜて紫色を作ろうとしたら、紫とはほど遠い汚いグレーになってしまいました。
食用色素を混ぜた生地の色合わせは、絵の具のようにはいかないのですね。

ajisai_7.jpg


紫色を作りたい場合は、この食用色素か、もしくは青色だけであじさいを作るのがおすすめです。



ところで、このデコロールの第一弾本「デコ★ロール 作っちゃお!」が、台湾でも発売されることになりました。
翻訳版がこちらです。

taiwan.jpg


タイトルが漢字になると、なんだか見慣れなくて不思議な感じです。
デコロール作りの輪が、海外にも広がるといいです(^^)



◆◆◆ あじさいのデコ★ロール ◆◆◆

【材料】 (25cm×25cm天板1枚分)

◇生地用◇
卵       4個
(卵白1個分、卵白3個分、卵黄3個分にそれぞれ分けておきます。卵黄1個は使いません)
砂糖       65g
水        60ml
サラダ油     40ml
バニラオイル   少々
薄力粉(生地用) 80g
薄力粉(模様用) 大さじ1
コーンスターチ  小さじ1
食用色素(赤)  小さじ1/8
食用色素(紫)  小さじ1/8
※各少量の水(小さじ1/4程度)で溶いて使う
(食用色素を溶く水・少々)
抹茶       小さじ1/2

◇シロップ◇
グラニュー糖   10g
水        20cc

◇クリーム◇
生クリーム    150cc
砂糖       14g

メロン       1/8個


※オーブン予熱温度  170℃  焼き時間 14分



【作り方】
※オーブンは170℃に予熱しておく。
※天板にオーブンシートを敷き、サラダ油を薄く塗っておく。
※オーブンシートで作った大きめのコルネを6つ用意しておく。

◇卵黄生地を作る◇
1、ボウルに卵黄3個を溶きほぐし、計量した砂糖の約半分(35g)を入れて白っぽくなるまでハンドミキサーで泡立てる。
水→サラダ油→バニラオイルの順に加える。混ざったら、薄力粉(生地用)をふるい入れ、ねばりが出るまでよく混ぜる。

◇模様を作る◇
2、(1)で作った卵黄生地から、大さじ1/2杯分ずつ6つのボウルに取り分け、それぞれに薄力粉(模様用)を小さじ1/2弱ずつ加えよく混ぜる。

3、赤の食用色素を水で溶いて、ひとつのボウルに少しずつ加え、薄いピンク色の生地を作る。
2つ目のボウルにも赤の食用色素を少しずつ加え、濃いピンク色の生地を作る。
3つ目のボウルに紫の食用色素を水で溶いて少しずつ加え、薄い紫色の生地を作る。
4つ目のボウルにも紫の食用色素を少しずつ加え、濃い紫色の生地を作る。
5つ目のボウルには湯で溶いた抹茶を少々加え薄い緑色の生地を作る。6つ目のボウルに、湯で溶いた抹茶の残りを全て加え濃い緑色の生地を作る。

4、別のボウルに卵白1個を溶きほぐし、ハンドミキサーで泡立てる。最後の仕上げにコーンスターチをひとつまみ加えてツノが立つまで泡立てる。

5、(3)の生地に、(4)の卵白を大さじ3杯分ずつ加えてよく混ぜ、それぞれコルネに入れる。

6、オーブンシートを敷いた天板の上に、薄い緑のコルネで葉脈を描く。濃い赤と濃い紫のコルネで花びらを描く。オーブンで1分焼く。

7、焼き上がったら、濃い紫のコルネであじさいの形を描く、薄いピンクのコルネで右側のあじさいを描く。オーブンで30秒焼く。

8、焼き上がったら、薄いピンクのコルネで左のあじさいを描く。濃い緑のコルネで葉を描く。オーブンで1分焼く。

◇生地用の卵白を泡立て、生地を作る◇
9、ボウルに卵白3個分を溶きほぐし、ハンドミキサーで泡立てる。固く泡立ったら(1)で使った砂糖の残り(約30g)を加え、つやが出たらコーンスターチの残り(小さじ1弱)を加えてツノが立つまで泡立てる。

10、(4)の残りと(9)の卵白を合わせ、(1)に1/3ずつ3回に分けて加える。卵白のかたまりがなく、なめらかな生地になるまでよく混ぜる。

11、模様を下焼きした(8)の天板の上に(10)の生地を流し入れる。表面を平らにならしたら、2、3回トントンと天板を落とし、空気を抜く。

◇全体を焼く◇
12、 170℃のオーブンで14分間焼く。焼き上がった生地の表面にオーブンシートをかぶせ、天板ごとケーキクーラーの上に逆さまにして生地を取り出す。

13、すぐに表面のオーブンシートをはがし、もう一度生地の上にかぶせて粗熱が取れるまで冷ます。

◇クリームを入れて巻く◇
14、生クリームに砂糖を加えて固く泡立てる。フルーツを切っておく。

15、シロップ用のグラニュー糖を分量のお湯で溶かす。

16、生地は模様が下になるようにオーブンシートの上に置き、手前と奥を斜めにそぎ落とす。表面に約2cm間隔で浅く切れ目を入れる。
シロップをぬり、上からクリームを重ねる。

16、生地の上にメロンを並べる。
生地の手前をオーブンシートごと持ち、端からフルーツを包むように一回転する。ぎゅっと押して残りを巻いてしっかりと巻き締め、冷蔵庫で1時間以上冷やす。


※トラックバック以外の無断転載を禁じます。レシピ、菓子デザイン、制作手法の転載はご遠慮ください。
2008-2011 Copyright Junko

コメント(0)トラックバック(0)