毎日の健康と笑顔を応援!Dreamiaが伝える手づくりのお弁当

古くからの日本文化であるこの食文化は、今も多様化しながら日本の伝統文化として
生き続けています。
昨今では ”BENTO” として、欧米を中心とした世界各国へも広がりをみせています。
一言に「お弁当」といっても、日常生活で学校や会社に持っていくものと、特別な行事のために
作るものに分けられます。
そのどちらも日本の伝統や文化、生活を支えてきたものといえるでしょう。
また、お昼ご飯を食べに行く時間やお金の節約を目的とした自分のためのお弁当もあれば、
愛妻弁当や受験弁当、遠足や運動会のお弁当など家族への想いをこめたコミュニケーションツール
としてのお弁当もあります。
自分のため、家族のため、そのどちらにも共通していえることは、健康です。

生活や食文化の多様化により、家で食事をする機会や時間は減りつつあります。
このような現代の暮らしの中で、「お弁当」という、外にいながらにして手づくりのものを
口にできる意義は、
ますます大きくなっているように思われます。

そこでこの度、健康と手づくり、そしてそこから生まれる笑顔をテーマにした
お弁当コンテンツを始めました。

お弁当づくりで悩んだら・・・今日の手づくりお弁当を活用しよう♪

生活に即したお弁当づくりを提案

「今日の手づくりお弁当」でご紹介するのは、お弁当の定番メニューや、翌朝のお弁当にも活用できる夕飯のおかずのレシピが中心です。
よくお弁当作りの初心者の方から、「献立が決まらない」「毎日続けられる自信がない」「年中同じおかずになってしまい、季節感が出ない」といった悩みが多く寄せられます。
日常のお弁当を毎朝ゼロから作るということは、作る人によっては負担が大きいと思われます。
お弁当とは本来、余ったおかずや食材をうまく活用して作るものではないでしょうか。
そこでこのコンテンツでは、見た目のおしゃれさや、奇を衒ったアイデア料理ではなく、昔ながらの日本の家庭料理を紹介し、あわせて誰でも簡単に、しかし安定して美味しく作れるポイントやコツをのせています。

お弁当づくりの基本はこちら

キッチンから、笑顔をつくろう

美味しいものを自分のため、家族のために作り、喜んでもらう、健康になってもらう、そういうことに喜びが感じられるようになっていただければ幸いです。
初心者もベテランももう一度料理をすることの意義や使命感、やりがいを感じられて、家族の笑顔を創れるようなコンテンツにしていきたいと考えております。

撮影協力:田中伶子クッキングスクール/田中 伶子、中村 奈津子、スタッフ一同 カメラマン/原田 啓介、スタイリスト/上島 亜紀
チェリーテラス
http://www.cherryterrace.co.jp/top.php

今日の手づくりお弁当 監修者紹介 田中伶子クッキングスクール校長 中村奈津子

(左)田中伶子先生(右)中村奈津子先生

1965年創立の老舗の料理教室。創立当初は東京都世田谷区に開設、現在は銀座に移転し、母・田中伶子と、娘・中村奈津子にて運営。「家庭料理は生命を支え、愛情をはぐくむ」をモットーに、変わらぬ味を守り続けている。アットホームな雰囲気の中で料理の技術から食材を見分ける選食力も学ぶことができ、また食の資格も多数取得できるお教室。見学、
体験レッスンも随時受付中。

田中伶子クッキングスクール訪問&レッスンレポート 田中伶子クッキングスクールホームページ