秋山仁美さん 第3回

秋山仁美さん写真1

「キラッとデコもち教室」

秋山 仁美(あきやま ひとみ)

【福島県喜多方市】

 

食のアート分野「FOOD ART」教室ピックアップ。今回はフードアートで地域復興活動に取り組む福島県の秋山先生。
青森県の郷土料理べこもちを家庭で楽しめるようにした「デコもち」認定資格を取得し、出張講座をはじめ、
県農産品を使った六次産業化商品や企業コラボレーション商品開発など、料理家の新しい可能性を切り開いてきたストーリーをご紹介します。
秋山仁美さん写真8 秋山仁美さん写真8 秋山仁美さん写真8

8.こちらのお仕事に興味を持ったきっかけを教えてください

結婚してからは仕事を辞めて、二人目の出産後(10か月くらいの時に)認定講座受けてみないと誘われ、お餅が好きという理由で受講したらはまってしまいました(笑)
育児だけの期間が長かったせいか、時間を見つけては夜な夜な作ってました。
丁度よく、認定講座を受けた1か月後ですが、保育園に(1名増加で)空きがありラッキー!やるなら今だと!!直感でトントンと進んでいき、半年後には菓子製造許可を取得しました。

9.資格を取得して良かったと思うことはなんでしょうか?

秋山仁美さん写真9
やはり信頼性です。生涯学習専門の認定機関から発行された認定証で、世界的ファッションデザイナーの桂由美先生が会長を務める講師組織に所属しているので、いろんな施設や団体、企業さんとお仕事する際に後ろ盾になってくれたと思います。カリキュラムがしっかりしているので、すぐにお仕事をはじめることが出来ました。

10.講座やお仕事の内容や運営の工夫があれば教えてください

秋山仁美さん写真9
ブログや、SNSで集客できるのが一番いいと思いますが、
私は、毎月キラッとデコもち教室通信を作り、地域のイベントに出店し配布しています。

11.講座やお仕事でよく使う愛用品を教えてください(お道具など)

  • 秋山仁美さん写真10

    ・包丁
    断面を綺麗に切る為の必需品。
    サイズに合わせて、使い分けてます。

  • 秋山仁美さん写真11

    ・デジタル計り
    分量はきっちり図る為、0.1g単位の物を使用しています。

  • 秋山仁美さん写真12

    ・スケッパー
    生地に端を整えるのに、まな板のこすれる音に、机に当たる音が、リズムよく“シュシュ、トントン”と音がする、ステンレスタイプが好きです。