林恵美子さん 第3回

須藤有紀さん写真1

「風家 〜風通しのいいくらし〜」

【兵庫県西宮市】

 

今月の「整理収納」のコーナーでご紹介するのは、「風家 〜風通しのいいくらし〜」を主宰されている林恵美子さん。 ご主人の転勤に伴い、着工間近だった一戸建てを諦めた事から、家作りに興味を持つようになった林さん、家作りに関わる資格を取得される中で整理収納アドバイザーの存在を知ります。資格を取得されてからは、片付けに悩まなくなったことで生活は一変!ご自身の経験をより多くの人に伝えるために、日々精力的に活動されています。 お客様と対等の立場で、共にゴールに向かって進んでいかれている林さんを4週にわたってご紹介いたします。

須藤有紀さん写真8

須藤有紀さん写真9

8.整理収納の仕事に興味を持ったきっかけを教えてください

元々家づくりに興味があり、その関連の資格を取得した後に、整理収納アドバイザー2級認定講座をたまたま目にしました。家づくりのためになるのでは!?と思い、何気なく講座を受講したのです。
すると、自分が理想とする住まい空間にするには、モノが整理できてこそ実現すると気づき、そこから整理収納アドバイザー1級→2級認定講師と資格を取り、そのまま流れにのって仕事につながっていきました。
講師という、人前で話をする事を仕事にするとは、当時の私からは思いもよらぬことでした。なので、何か大きな流れに導かれて、整理収納アドバイザーになったという感じです。

9.資格を取得して良かったと思うことはなんでしょう?

片付けが苦手だという意識は、元々それほどありませんでしたが、それでも資格取得の前にやっていた整理収納は、収納部分のことばかりを考えたやり方でした。そして、私自身も資格を取得してから、モノを「整理する」ということを意識する生活が始まりました。
モノの要・不要の作業を繰り返していくうちに、片付けに悩まなくなったことは、一つの生活の基礎が築けた感じで、それは生きていく上での大きな安心感につながるものとなりました。
後は、やはり資格を取得したことで、整理収納アドバイザーとしてお仕事できたことが、自分の人生の生きがいとなりました。仕事をしていく中で、様々な問題や苦悩と向き合うこともありますが、人生を豊かにしてくれる糧となり、有難いことだと思っています。

10.講座やお仕事の内容や運営の工夫があれば教えてください

10年近く整理収納に携わってきて、私自身の考えも変わっていきました。
以前は、わかりやすく伝えるためにはどうすればいいのか、アドバイスの方法や整理収納のスキルにばかり目を向けて、先生という立場を強く意識した仕事の仕方でした。
最近は、お客様と対等の立場で、共にゴールに向かって進んでいくという姿勢を忘れないようにしています。

11.講座やお仕事でよく使う愛用品を教えてください(道具など)

  • 須藤有紀さん写真10

    ・スーツケース
    資格講座のセミナーの時は、必ずこのスーツケースを使っています。
    100回以上使用していて、一度キャスターを付け替えました。
    必ず本体からキャスターまで拭いてから、しまっています。

  • 須藤有紀さん写真11

    ・作業時の道具
    リネンのエプロンや、gentenのウェストポーチ。
    お気に入りのモノを使うと力が湧いてきます。

  • 須藤有紀さん写真12

    ・パソコン
    パソコンは、仕事をしていく上では、切っても切れない関係ですね。