澤地由香里さん 第3回

澤地由香里さん写真1

「Deco R Yokohama」

澤地由香里(さわちゆかり)

【神奈川県横浜市】

 

今月の「暮らし、美」のコーナーでご紹介するのは、「Deco R Yokohama」を主宰されている澤地由香里さん。
お教室では、アーティフィシャルフラワー、プリザーブドフラワーなどの生花以外の花材や、木の実、リボン、布などの資材を使い、お部屋のインテリアにもなるような「インテリアフラワー」のアレンジを学ぶことができます。一昨年、開校20周年を迎えたお教室の卒業生の中には、ご自身の教室や展示販売を始められたり、花仕事のプロになられる方もいらっしゃいます。
花を通じた、たくさんの出会いのある澤地さんのお教室を4週にわたってご紹介いたします。

澤地由香里さん写真8

澤地由香里さん写真9

8.教室を開いたきっかけをおしえてください

息子が幼稚園に通っていた当時、幼稚園のバザーにインテリアフラワーを出品、幼稚園からのご依頼で講習会も開催しておりました。
息子が卒園後に、幼稚園時代のママ友達から「インテリアフラワーを教えて」と声をかけられたことをきっかけに教室を始めました。

9.教室を開いて良かったと思うことはなんでしょう?

教室を開いたことで、妻、母としてではなく、澤地由香里個人として社会に関われるようになり、自宅教室以外の様々な分野のフラワーデザイナーとしての仕事のご依頼も頂けるようになりました。
花を通じてたくさんの出会いがあり、“ご縁”ができ、自分の世界が広がることで、日々の暮らしが充実した豊かなものになったことが何より幸せです。
教室は、私にとって“人生の美容液”です。

10.教室運営の工夫があれば教えてください

教室を開校して、一昨年で20数年がたちました。
長く通ってくださる生徒の皆様が、同じような作品を製作しないですむように、常に新しい花材、資材の情報収集をするように心がけております。
また、教室生以外の方がお気軽にご参加いただけるようなワンデーレッスンも毎月開催しております。
2年に一度、教室作品展を開催し、生徒の皆様の作品のお披露目の場を持つようにすることで、ただレッスンを続けるだけでなく、目標を持っていただけるように、そして、作品展に訪れてくださる方が、少しでもインテリアフラワーアレンジメントに関心を持たれ、教室に入会して頂けるような機会を持つようにしております。

11.レッスンでもよく使う愛用品を教えてください(道具や食材など)

  • 澤地由香里さん写真10

    作品にリボンを布感覚で使用することが多く、個人的にもリボンは大好きで、たくさんのリボンを常時揃えております。
    気に入ったリボンがある時は、迷わず、即購入!です。

  • 澤地由香里さん写真11

    花材、資材を接着するグルーガンは、教室開校以来同じメーカーの高温グルーを愛用しています。

  • 澤地由香里さん写真12

    アーティフィシャルフラワー(造花)をメインの花材としてレッスンで多用しておりますが、ここ数年、アーティフィシャルフラワーの品質が向上し、デザインの幅が広がりました。