小川奈々さん 第3回

小川奈々さん写真1

ビストロ料理教室「アトリエ・ルー・グルーズ」

小川奈々

【神奈川県茅ケ崎市】

 

今月の「料理」のコーナーでご紹介するのは、ビストロ料理教室「アトリエ・ルー・グルーズ」と、パリのお惣菜風料理教室「アトリエ・ラパン」を主宰されている小川奈々さん。 小川さんはフランスの学校や厨房でプロの技術を習得した上でお教室を開きたいという思いから渡仏、現在では当初の思い通りに、作りやすく、かつ本場の味を再現できると生徒さんから喜びの声が多数あがる、大変人気のお教室となっております。 その裏には小川さんのプロ意識と、料理を通して社会貢献をしたいという強い思いがあります。 日仏の懸け橋として、そして料理を作る側も食べる側も笑顔にするようなお料理教室を4週にわたってご紹介いたします。

小川奈々さん写真8

小川奈々さん写真9

8.教室を開いたきっかけをおしえてください

渡仏する前から、料理教室の開くという目標がありました。
しっかりと現地の学校や厨房で修行し、プロの技術を習得した上で、作りやすく、それでいてフランスのエスプリの効いた、今までにない教室を作りたい!という思いから開講しました。

9.教室を開いて良かったと思うことはなんでしょう?

元々、人と接することが好きでしたが、来ていただいている生徒さんが、本当に素敵な方たちばかり!
教室を開いたことで、そんな方々と楽しい時間を過ごせることです。

10.教室運営の工夫があれば教えてください

私もまだまだ教室を始めて日が浅いので、日々勉強していますが、ひとつひとつのレシピ開発やレッスンを丁寧に行い、全力投球で挑むことかなと思います。
生徒さんは貴重な時間とレッスン料を払って来てくださる、だからこそプロとして自分が出来る限りのことをし、生徒さんに「いい時間を過ごせて良かった」と感じでいただけるよう、意識してレッスンをしています。
そして何より大切なのは、自分も思い切り楽しむことではないかと思います。

11.レッスンでもよく使う愛用品を教えてください(道具や食材など)

  • 小川奈々さん写真10

    アンティーク食器
    パリの蚤の市で見つけた、リモージュ焼きなどのアンティーク食器。

  • 小川奈々さん写真11

    アンティークお鍋
    こちらもパリの蚤の市で見つけた、ル・クルーゼのアンティークお鍋。実用性が高いです!

  • 小川奈々さん写真12

    アンティークのワインラック
    ワインの収納に困り、見せる収納にしました!