コンヴェール昌子さん 第3回

コンヴェール昌子さん写真1

「CANOPIA (カノーピア)」

コンヴェール昌子

【東京都千代田区】

 

今月の「暮らし、美」のコーナーでご紹介するのは、「CANOPIA (カノーピア)」を主宰するコンヴェール昌子さん。 旅行者として、留学生として、そしてフランス人とのご結婚後の生活者としてフランスを様々な角度から見て、体感してきたコンヴェールさん。 フランス人が何世紀にも渡り磨き上げてきた、独特の美意識や物事の本質を重視する価値観を伝えたいという思いから、フレンチスタイルのインテリアレッスンやアール・ド・ヴィーヴルレッスンを通して『フランスの素敵と洗練』を学ぶことできるサロンを開かれました。 日常生活にも取り入れられる、フランスの素敵と洗練を学ぶことができるコンヴェールさんのサロンを4週にわたってご紹介いたします。

コンヴェール昌子さん写真8

コンヴェール昌子さん写真9

8.教室を開いたきっかけをおしえてください

ずっと以前から、日本でのフランスのイメージがグルメやファッションなど、主に商業ベースの表面的なものに偏っていることを残念に思っていました。
確かにフランスには美味しいもの素敵なものがたくさんありますが、もっと注目すべきなのはフランス人が何世紀にも渡り磨き上げてきた、独特の美意識や物事の本質を重視する価値観なのでは考えています。
日本ではあまり知られていませんが、実はフランスは『衣・食・住』のバランスが非常に良い国で、住まいやインテリアへのこだわりも強く、ため息が出るほど素敵なお宅にたびたび出会います。
30年近いフランスとの関わりの中で、夫の母からはインテリアの整え方やおもてなしの仕方など、美しい暮らしを実現するための様々なことを長い時間かけて学んできました。
数年前、私自身の楽しみと大勢の素敵な方々と出会う機会がほしい思った時、何か私だけにできることはないかと思いすぐに考えついたのが、これらの経験や夫の母から学んだことをお伝えするサロンでした。

9.教室を開いて良かったと思うことはなんでしょう?

大勢の素敵な方々と出会えたことがやはり一番の喜びです。またフランスの家に眠っていたアンティークの品々をレッスンで皆さんに使っていただく機会ができ、夫の家族がとても喜んでくれています。

10.教室運営の工夫があれば教えてください

貴重なお時間を割いていらして下さる方々に、できる限りフランスの雰囲気と非日常を体感していただくため、サロンから生活感を徹底的に排除するよう心掛けています。
また色々なセミナーに参加したり、他の方々の教室やサロンを参考にさせていただいたりしながら、同時に自分自身のオリジナリティーを追求し、常により素敵なものをご提供できるよう努力しています。

11.レッスンでもよく使う愛用品を教えてください(道具や食材など)

  • コンヴェール昌子さん写真10

    クリストフルのアンティークティーセット
    フランスの美意識と食卓芸術の歴史がたくさん詰まったクリストフルのアンティークティーセットです。

  • コンヴェール昌子さん写真11

    インテリア雑誌・本
    フレンチインテリアのゴールデンルールや今のトレンドはどんなものかを、多くの画像を見ながらお伝えしています。

  • コンヴェール昌子さん写真12

    オールドリモージュの食器
    家族が大事に受け継いできた140年前のリモージュの食器やシルバーのカトラリーは、テーブルレッスンで実際にフランスのおもてなし料理を召し上がっていただくなど大活躍しています。