齋藤れいこさん 第3回

齋藤れいこさん写真1

「齋藤れいこアロマスタイルスクール」

齋藤れいこ

【東京都世田谷区】

 

今月の「暮らし、美」のコーナーでご紹介するのは、「齋藤れいこアロマスタイルスクール」を主宰する齋藤れいこさん。 アロマテラピーを勉強し始めた時から、アロマの素晴らしさについて自然に周囲に語るようになったという齋藤さん、いつの間にか教えてほしいという方が増えていったそうです。 お教室ではそれぞれのライフスタイルに合わせて、精油を活用していく方法を学ぶことができるので、初心者の方でも生活の中に自然とアロマテラピーを取り入れられると大好評! 次なる夢に向かって日々アンテナをはっている、生き生きとした齋藤さんのご活動内容を4週にわたってご紹介いたします。

齋藤れいこさん写真8

齋藤れいこさん写真9

8.教室を開いたきっかけをおしえてください

アロマテラピーを勉強し始めた時から、アロマの素晴らしさを周囲に自然に語っていました。
それと同時に、少しずつアロマテラピーを教えてほしいという方が増えていきました。
最初は教室をするつもりもなく、ただ自分が楽しめればよいと思っていましたが、「芳香療法(アロマテラピー)の簡単で効果的な方法を皆さんにも伝えていきたい」と思うようになったことがお教室を開いたきっかけです。

9.教室を開いて良かったと思うことはなんでしょう?

アロマテラピーやハーブティを通じて、同じ興味を持った方々での時間の共有です。
20代のお若い方から80代のおばあちゃままで、年齢問わず好きなものを通してお話が弾むことがすばらしいと思います。
最近では、小学校や高校主催のお母様向けアロマセミナー開催や一般企業のアロマイベントの企画立案開催をして、より多くの方々に心身共に健康のお手伝いができることが本当に光栄です。

10.教室運営の工夫があれば教えてください

常に新しいものを取り入れようと思っています。
楽ではありませんが、常に興味を持って取り組んでいます。
アロマテラピーやハーブティだけではなく、占いや陰陽五行の漢方、人間関係コミュニケーション学の”素質論”も取り入れながら、レッスンを行っています。
すでにアロマテラピーインストラクターの方も、先生としてブラッシュアップや研鑽の為に参加される生徒さんもいらっしゃいます。

11.レッスンでもよく使う愛用品を教えてください(道具や食材など)

  • 齋藤れいこさん写真10

    精油
    自然の恵みであります精油です。 齋藤れいこの精油があります。 香りはメーカーによって様々な香りの違いがあります。 自分なりに、精油の”本物”に出会って各メーカーから取り寄せた精油をパッケージして生徒様にも販売しております。 「れいこ先生の精油は本当にクリアで香りが良いですね」 と言って頂くときは本当にうれしいです。

  • 齋藤れいこさん写真11

    漢方精油とかっさ板
    当お教室は、アロマやハーブだけではなく、漢方アロマテラピーも取扱いがあります。 このオイルと板は”かっさ”と呼ばれる手技のレッスンで使用します。 緑の板は”翡翠”です。 中国の山から切り出して成形したもので、お肌を美しくすると言われています。 このかっさレッスンはとても好評で、小顔コースと、肩や首のコリをほぐすコースの2種があります。 手技を教えるレッスンで、今年は2月に開催予定です。 なぜなら、私のアロマの先生は香港出身の中国の方です。 そのような関係で、中医の女医先生にも師事して頂きながら、経絡やツボを意識しながら漢方オイルの効果的な使い方の講座もとえも好評です。 サロン経営者やアロマスクール運営の方々も参加してくださいます。

  • 齋藤れいこさん写真12

    ティーポット&カップ
    レッスン後のティータイムには欠かせないアイテムです。 ハーブにも薬理効果があって、季節に合わせたティーとお菓子を楽しみます。 インフルエンザに季節や花粉症、冷えや夏バテ、様々なシーンでのメディカルハーブをご紹介しながらの楽しいティータイムです。