森真理さん 第3回

森真理さん写真1

「clup 新潟」

森真理

【新潟県新潟市】

 

今月の「特集」のコーナーでご紹介するのは、整理収納の「clup 新潟」を主宰されている森真理さん。 講座では、「大切なモノは、人それぞれ。整え方も、人それぞれ。」というお考えのもと、自分に合った整理収納を習得することができると、大変ご好評いただいております。 そのために森さんご自身は日々の生活の中でも色々な立場で物事を考えるようにしたり、様々な場所で整えるヒントを探すよう心がけていらっしゃいます。 常に生徒さん目線に立った森さんのご活動を4週にわたってご紹介いたします。

森真理さん写真8

森真理さん写真9

8.整理収納の仕事に興味を持ったきっかけを教えてください

子供のころは、片付けには興味がなく散らかし放題。なぜか、テストの直前になるとデスク周りの片付けをして整ってからでないと勉強が始められませんでした。
仕事に就き入った事業所では、デスク周り、バックヤードなどが整ってなく、探し物をしている姿がたくさん見られました。
それと比例するように仕事の流れも良くは見えませんでした。
片付けることで、時間も場所の使い方も仕事も効率よくなっていくのではないか? と思い、自分なりの片付け方法で整えていったのが始まりです。

9.資格を取得して良かったと思うことはなんでしょう?

片付け方は1つではないことや、人それぞれのやり方があるということ、そして自分軸を整えることが大切だということをより深く知ることができました。
そして、それにより自分自身を整えるためのものが増え、人に対しての言葉掛けにも変化が生まれています。

10.講座やお仕事の内容や運営の工夫があれば教えてください

片付けの仕事に関しての認知度はまだ低いため、より多くの方に知っていただけるよう、情報誌への記事連載や他のプロフェッショナルの方とのコラボレーションセミナーを行っております。
また、私は前職の経験から、専門用語をあまり使わずに説明するように心掛けています。
聞いていただいている方の反応を見ながら、どんな言葉や具体例をお話すると良いかを工夫しております。
内容としては、一方的に聞いていただくよりも、参加された方に楽しんだり考えていただいたりとワークを多めに取り入れ、質問にお答えいただくこともあります。
他の方の考えやアイデアを聞くことで、納得したり驚いたりとさらに多くの気付きが生まれます。私自身も勉強になることが多いです。

11.講座やお仕事でよく使う愛用品を教えてください(道具など)

  • 森真理さん写真10

    タイマー、指示棒、ペン
    ワークの時間を区切りリズム良く講座を進めるためにタイマーを使っています。 指示棒を使いながらの説明や参加者の方のご意見や反応をメモするためのペンも必須です。

  • 森真理さん写真11

    スケール
    プランニング用のスケールと、計測用のスケールはいつもバッグに入っています。女子のバッグらしくないよねと言われることもあります(笑)

  • 森真理さん写真12

    付箋
    目印にも、思いついたことをメモする時にも付箋を利用します。また、講座のワークで使うこともあります。