早崎ともよさん 第3回

早崎 ともよさん写真1

「kitchen Epicy(キッチン エピシー)」

早崎 ともよ

【愛知県名古屋市】

 

今月の「Fresher’s」のコーナーでご紹介するのは、お料理教室「kitchen Epicy(キッチン エピシー)」を主宰する早崎ともよさん。
管理栄養士の資格をお持ちの早崎さんのお教室では、お料理を習うだけではなく、栄養についてのお話もうかがうことができます。
また昨年ご出産され、お教室を再開されたばかりの早崎さん。ご自身の経験を通じて改めて食の大切さを実感されたそうです。
さらなる夢に向かって日々お勉強を続けられている早崎さんのご活動内容を4週にわたってご紹介いたします。

早崎 ともよさん写真8

早崎 ともよさん写真9

8.教室を開いたきっかけをおしえてください

小さな頃から食べることが大好きで、食の仕事以外は考えられない!
と思っていました(笑)

様々な形で食に関わる仕事をしてきた中で、「料理をする」事が自分に一番合っているなと感じました。
心を込めて作った料理をおいしいねって言ってもらうと、すごく嬉しいし、幸せな気持ちになりますよね。

そういう料理をする楽しさや料理を通じての楽しい毎日みたいなものをたくさんの方にお伝えできるのは料理教室だ!
と思ったことと、人と接することが好きなのでお教室にしようと考えたことが料理教室を開いたきっかけです。

9.教室を開いて良かったと思うことはなんでしょう?

レッスンで習った料理を自宅でも作って、家族や彼においしいと言ってもらえた!
という報告を聞くととても嬉しくなります。

あと、「料理ってこんなに楽しいものなんですね!」と言ってもらったときは、教室を開いてよかったと思います。

10.教室運営の工夫があれば教えてください

帰ってから自宅で作る際に役立つように、レシピに載せる料理写真には力を入れています。
またレッスンではちょっと変わった野菜や珍しい食材なども取り入れているので、それに代わる代替品や代替品にした際のポイントなどもお伝えしています。
Fresher'sに質問

教室を開く前にしておいてよかったこと、しておきたかったことは?

レストランのキッチンで修業したり、料理の学校に通ったことはとても役に立っています。
特にレストランは実践の場ですので、調理の裏ワザや食材の目利きなど、へぇ~と思う事が沢山あり、とても勉強になりました。
またレッスンでは栄養の話もします。
今は様々な健康情報が飛び交っている時代です。
大学で勉強した栄養学だけでは、偏りがあると感じたので様々なセミナーや勉強会に参加して色々な角度からの食と栄養について勉強しました。
そのおかげで生徒さんから○○ってどうなんですか?と聞かれても私なりの考えを理由とともにしっかりとお伝えすることができ、大変役に立っています。

11.レッスンでもよく使う愛用品を教えてください(道具や食材など)

  • 早崎 ともよさん写真10

    白い食器
    どのご家庭にもある「白い食器」を使い、盛り付けで華やかに見せる事をレッスンの中で行っているので、白い食器はEpicyの必需品です。(白い食器以外を使うこともありますが・・・) 生徒さんは一人暮らしや二人暮らしの方が多く、多くの食器を使わないという提案は自宅でもすぐにレッスンの内容を再現できる!と、とても喜ばれています。

  • 早崎 ともよさん写真11

    トング
    OXOのトングは上の部分を引っ張ると、収納時トングが開かないようにロックされるのでとても便利です。使い勝手も良く、先端がプラスチックのものはフライパンなどを傷つけないので炒め物などに、ステンレスのものは見た目もスタイリッシュでサラダなどの取り分け用に使っています。

  • 早崎 ともよさん写真12

    サーモスの保温ポット
    レッスンの際、冬はノンカフェインのホットドリンクをお出ししています。レッスン前にまとめて作っておき、保温ポットに入れておくとレッスン終了までずっと熱々なのでとても重宝しています。 テーブルの上に置いておいてもインテリアの邪魔にならないよう白のサーモスを使っています。ペンギンのような形もお気に入りです。