大橋わかさん 第3回

大橋わかさん写真1

「おうちデトックス」

大橋わか

【神奈川県横浜市】

 

今月の「整理収納」のコーナーでご紹介するのは、「おうちデトックス」を主宰する大橋わかさん。
元々は看護師をなさっていましたが、好きなことを仕事にしたいという思いからインテリアコーディネーターへと転職。
そのことがきっかけとなり整理収納の道へと進んでいきます。そのような行動的な大橋さんですが、講座は無理せず続けられることをモットーとしておりリピーターも続出!
気になるご活動内容を4週にわたってご紹介いたします。

大橋わかさん写真8

大橋わかさん写真9

8.整理収納の仕事に興味を持ったきっかけを教えてください

看護師時代、自身の部屋で大好きな家具を揃えてもあか抜けず、すぐに散らかることに漫然と不満を抱いていました。
好きなことを仕事に!とインテリアコーディネーターに転職。
大好きなインテリアに触れていることを幸せに感じながらも、忙しさのあまり、自宅は乱れがちに。
ただ、オフィスで初めて机を与えられたことをきっかけに、自分が他の人より整理収納が好きなこと、得意なことに気がつきました。
偶然参加したセミナーで、収納学という分野があることを知り、「これを仕事にしたい!!」と強く思い、整理収納アドバイザーの道へ。

9.資格を取得して良かったと思うことはなんでしょう?

横のつながりが増えたこと。フリーで働いておりますが、決して一人で出来る仕事ではありません。
同じ志を持つスタッフがどんどん増えていることがとても嬉しいです。

10.講座やお仕事の内容や運営の工夫があれば教えてください

お片付けの仕事をされている方は沢山いらっしゃいます。
今まで4年間で250件以上のお宅を訪問。
最近はリピートや紹介を沢山いただける様になりました。
振り返ってみると、精神面だけでなく知識やノウハウをお伝え出来ていることが要因だと思います。
捨てたけどそこからどうしたら良いの?の先にある未来のために、具体的に使えるノウハウをお伝えすることが大橋のポリシーともなっています。

11.講座やお仕事でよく使う愛用品を教えてください(道具など)

  • 大橋わかさん写真10

    マスキングテープとフィルム付箋
    簡単に貼ったり剥がしたりでき、油性マジックで書けます。 ラベリングはキレイにすることより、都度変更し易いことがマスト。色々試して今はこの2つに落ち着いています。

  • 大橋わかさん写真11

    チャック付きビニール袋
    コード類、小物類など絡まりがちな物を入れておけば、後で出し入れが簡単!中が見える透明タイプを愛用しています。

  • 大橋わかさん写真12

    階段下収納の可動式棚
    簡単なものなら大橋がDIYしています。 壁に穴を開けずに設置出来るので大きな空間には使い勝手抜群!