藤本奈保さん 第3回

藤本奈保さん写真1

「F-Lab」

藤本奈保

【兵庫県神戸市】

 

今月の「Fresher’s」のコーナーでご紹介するのは、「F-Lab」を主宰する藤本奈保さん。
食べることと作ることが好きだった藤本さんには、いつかお料理教室としてのアトリエを持ちたいという夢がありました。
それを行動に移すことができたのは「食」の恩師の一言があったようです。
また栄養士やフードコーディネーターの資格もお持ちの藤本さんのレッスンは、様々な角度からお料理を学ぶことができると大変ご好評いただいております。
更なる新たな夢に向かって日々勉強を続けられている藤本さんの精力的なご活動内容を4週にわたってご紹介いたします。

藤本奈保さん写真8

藤本奈保さん写真9

8.教室を開いたきっかけをおしえてください

母のお料理が大好きで小さい頃からお料理をする環境にあり、好きが高じて栄養士になりました。
食べる事と作る事が本当に大好きで、ひょんなきっかけで料理講師をさせて頂く事になりました。
その後、『食』の恩師に出会い、いつかお料理教室としてアトリエを持ちたいと話したところ、「考えている時間がもったいない!すぐ行動!」と背中を押して頂きました。
自宅ではなく、マンションの一室を借りた事で皆様にも構えずお越し頂けていると思います。
それもあって男性女性関係なく食いしん坊が集まってきて下さっています。

9.教室を開いて良かったと思うことはなんでしょう?

本当にたくさんの方にお会いできる事です。
お越し下さる方がとても素敵な方ばかりで、毎レッスン私自身が刺激を受けています。
食だけではなく多くの事も学ばせて頂いています。

試食の時の「美味しい!」は私の一番のやる気の源です。
おうちで作って頂き、ご家族にリクエストされたよ!などおっしゃって頂くと、心の中でガッツポーズをしてしまいます。

思い切って教室を始めた事で、この度ピックアップサロネーゼにお声かけて頂けた事も私にとってはとても嬉しい出来事です。

10.教室運営の工夫があれば教えてください

型を決めすぎない事です。
生徒様から「○○がしたい」というお声をたくさん頂き、それを元にメニューやレッスンの流れを考える事が多いので柔軟に対応できるように心がけています。
ですので、同じメニューのレッスンでも回が違えば雰囲気が大きく違っていると思います。
テレビの料理番組ではなく、わざわざお越し頂いてのお料理教室なので、その日の生徒様との空気感や臨場感を楽しみたいと思っています。
気になる事などはその都度生徒様から突っ込んでご質問下さるので、しっかりお答えできるよう、事前準備は時間をかけて挑んでいます。
Fresher'sに質問

教室を開く前にしておいてよかったこと、しておきたかったことは?

一般的な旬と、実際食材が出回る時期と多少ずれる事も良くあります。
そうなった時でも対応できるように、普段から近くのお店の取り扱い状況など市場調査をしておく事はとても大事だと思います。

写真の練習はしておくと良いと思います。
お見本にしたい教室の先生の写真や本など、素敵だなと思う写真の真似をして練習しています。
ブログをご覧頂きお申込み下さる事がほとんどですので、美味しそうに見える写真はマストです。

11.レッスンでもよく使う愛用品を教えてください(道具や食材など)

  • 藤本奈保さん写真10

    エプロン
    ご自身でお持ち頂く方もいらっしゃいますし、こちらで準備しておりますエプロンもお使い頂けます。 いつかオリジナルエプロンを作りたいです。

  • 藤本奈保さん写真11

    三木章刃物の包丁
    私の地元の金物メーカーの包丁です。軽くて握りやすく疲れにくいので生徒様からも好評です。

  • 藤本奈保さん写真12

    皆様との連絡・管理ツール
    メール・お電話でご予約頂きます。