佐藤美樹さん 第3回

「手ごねパンと料理 FOODISH」

佐藤美樹

【神奈川県横浜市】

 

今月の「料理」のコーナーでご紹介するのは、「手ごねパンと料理 FOODISH」を主宰する佐藤美樹さん。
味はもちろん、目でみる楽しさや盛り付けにもこだわり、バランスやセンスのいいお料理を目指したパンと料理の教室は、今年で開講10年目。
本格的にパン作りを極めたい方からお手軽な料理を学びたい方まで、様々な年齢層の方が色々な目的を持ってお教室に通われています。
節目の年を迎えられたお教室の今までとこれからを、4週にわたってご紹介します。

佐藤美樹さん写真8

佐藤美樹さん写真9

8.教室を開いたきっかけをおしえてください

私と料理の出会いのきっかけは、大学卒業後、旅行会社で働くことで、たくさんの国や日本の多くの地方に行く機会があり、料理や文化の違いに興味を持ったことです。
忙しい仕事の合間、六本木の個人宅の料理教室に通うようになり、いつかこんなお教室ができたらなと思い、実現させました。

9.教室を開いて良かったと思うことはなんでしょう?

たくさんの方との出会いがあったこと。いい生徒さんに恵まれていること。
生徒さんの美味しい!という声、家族に喜んでもらえた!という声、私のレシピを参考に生徒さんがご自分の味にしてもらえることが嬉しく、やり甲斐になっています。

10.教室運営の工夫があれば教えてください

食の流行には常にアンテナを張るように心がけています。近くのパン屋さんやカフェなどのオープン時には極力足を運び、話題提供ができるようにしています。
日々勉強を心がけ、新しいものを探求しています。

11.レッスンでもよく使う愛用品を教えてください(道具や食材など)

  • 佐藤美樹さん写真10

    OXOのボウル、グラインダー、サラダスピナー
    アメリカ在住時からファンになり、キッチンツールはoxoのものが多いです。

  • 佐藤美樹さん写真11

    洗双糖
    種子島産のお砂糖。自然の甘みがパンにもお料理にも合います。

  • 佐藤美樹さん写真12

    ゲランドの塩
    フランス産のお塩。教室開講時からずっと愛用。パンにも料理にも合う塩ということで選びました。味がとってもいいんです。