清水えりさん 第4回

「La Table de Eri」

清水えり

【東京都目黒区】

今月の「料理」のコーナーでご紹介するのは、「La Table de Eri」を主宰する清水えりさん。 もともとお料理好きだった清水さんは、お教室を開くにあたって「健康」という特色を出すために薬膳を学んで国際中医薬膳師の資格を取得されました。 季節に合わせたテーブルコーディネートやフラワーアレンジメントが施された上質なおもてなしの空間の中で学ぶ薬膳を取り入れたお料理は、健康に良いのはもちろん、美味しく見た目にもきれいで、大変ご好評いただいております。 新年度の始まりで生活環境が大きく変わる方も多いこの季節、皆さんも生活に薬膳を取り入れてみてはいかがでしょうか。

13.いつかお教室を開きたい方へアドバイスをお願いします

清水えりさん記事写真1

私もまだ教室を始めて日が浅いのでアドバイスというのもおこがましいのですが、レシピのストックを多く持っておくことだと思います。

毎月レシピが変わるのならば1年分は想定して作っておくと楽です。

またお教室を始めた時はなにより生徒さんを集めるのに苦労しました。

いろいろな料理教室ポータルサイトに登録したり、ブログのアクセスを上げるのにはどうしたらいいだろう?などと試行錯誤をしましたが、いらしていただいた生徒さんがお友達を連れてきてくださったり、グループレッスンの予約をくださったりと、だんだんクチコミで生徒さんが増えてきています。

常に新しい情報にアンテナをはり、生徒さんからも教わるつもりで謙虚な姿勢と、学び続けようという気持ちを持つことも大事だと思います。

14.これからの夢を教えてください

清水えりさん記事写真2

時間があれば料理留学をして、世界の料理やプロの現場で学び、ブラッシュアップしていきたいと思っています。

教室だけでなく、より広く活動の場を広げてプライベートシェフのようなことや、少人数のディナーのケータリングもしたいですし、レシピ本を出すのも夢です。

企業様への薬膳メニューの提案やコラボなどもできたらと思っています。

また現在も中医学の勉強も続けていますが、アメリカのCIA(Culinary Institute of America)という料理専門の学校に留学するのも夢です。






15.あなたにとってキッチンとは?

清水えりさん記事写真3

幸せを生み出す場所です。

おいしい料理やアイディアはキッチンから生まれてきました。

キッチンで作業をしていると無心で嫌なことがあっても忘れられます。

新しいレシピを考えたり、料理の本を読むのもキッチンで、一番心安らぐ場所です。

キッチンは家の建て替えの時に建築士の先生と相談をして、理想のキッチンを作っていただきました。

シンクや包丁を使うワークスペースと、パンをこねたり、配膳をする作業台の高さを変えて、働きやすくしたのもこだわりです。

鍋はガスコンロ下の大型の引き出しに収納し、ひと目でどこにあるかわかり、取り出しやすくなっています。

建て替えの時は教室をする予定はなかったのですが、収納がたっぷりあるおかげで、増えた食器類もすっきりと収めることができています。

16.メッセージ、レッスンの申し込み方法を教えてください

清水えりさん記事写真4

薬膳に興味がある方はもちろん、美味しいものが好きな方にはきっと喜んでいただけると思います。

料理が得意な方も苦手な方も、料理に興味はなくてもゆったりおいしいランチを食べたい方も大歓迎。

都心にありながら緑豊かな庭を眺めながらゆったりとしたひと時を楽しんでいただけます。

メニューと日程はホームページとブログでご確認ください。

HP:
http://erishimizu.web.fc2.com/index.html
Blog:
http://ameblo.jp/fani0912/

お申し込みはHPのレッスンページのメールフォームから又は
shimizu_yakuzen@yahoo.co.jp
からお願いいたします。

グループレッスンをご希望の場合は、
お名前、メールアドレス、ご連絡先、希望日時、人数
を明記の上お問い合わせください。
お手続きや場所のご連絡いたします。