高松 明子さん 第2回

「air―アイル―アロマテラピーとハーブの教室」

高松 明子

【兵庫県神戸市】

今月の「暮らし、美」のコーナーでご紹介するのは、「air―アイル―アロマテラピーとハーブの教室」を主宰する高松 明子さん。 季節にあわせた香りを、ゆったりとした音楽やハーブティーとともに体験できるようにお教室の空間づくりから工夫されています。 初心者には興味はあっても一見難しそうに思えるアロマやハーブもこのゆったりとした空間の中で一度体験すればすっかりその魅力のとりこになるはずです。 「アロマやハーブをもっとふだんの暮らしに」をモットーにされている高松さんのご活動を4週にわたってご紹介します。

5.どんな生徒さんが多いですか?

高松 明子さん記事写真1

20代~60代まで、育児・仕事真っ只中の女性の方、子育てがひと段落した方、さまざまな方がいらっしゃいます。

世代が異なっても、仲良くなることも多いですよ。

またほとんどの方がお一人で申込されています。

最初は緊張されていても、すぐにリラックスしてレッスンを受けておられます。

少人数制なので、講師に質問しやすく、アットホームで和やかな雰囲気です。


6.人気のレッスンはなんですか?

高松 明子さん記事写真2

「季節のアロマ&ハーブレッスン」はテーマごとにリピート参加してくださる方もいらっしゃいます。

春・秋のアロマテラピー検定やメディカルハーブ検定の季節には、それぞれに対応した資格講座を受講される方が増えます。

また、cafeでのコラボレッスンも人気です。


7.レッスンで心がけていることはどんなことでしょう?

高松 明子さん記事写真3

お互いに「はじめまして」という場合も多くありますが、みなさん最初に自己紹介していただくことで、共通点が見つかったり、香りを試してもらううちにリラックスしてもらうことで、和やかな雰囲気でレッスンができるよう心掛けています。














8.レッスンの楽しいエピソードを教えてください!

高松 明子さん記事写真4

香り(精油)のブレンドによって、たった1滴違うだけでも大きく印象が変わることに驚かれる方が多く、みなさん自分で作られたアイテムを交換して試香されてます。

いろんな縁や偶然を感じることもよくあり、初対面の方どうしが実は同じマンションの上下階に住んでいたり、昔働いていた仕事や好きなお店が同じだったり、ご家族と先輩・後輩だったり、数えきれないびっくりがあります。

また、バックグラウンドがさまざまな方がたくさん集まれば、話題もいろいろ。

ティータイムにはちょっとした神戸エリアの情報交換の場となっています。