高原 智子さん 第3回

「nagohana living」

高原 智子

【愛知県名古屋市】

今月の「整理収納」のコーナーでご紹介するのは、「nagohana living」を主宰する高原智子さん。 整理収納は、最初の一歩がなかなか踏み出せないもの。 そのために高原さんは丁寧なカウンセリングをしながら個人のペースに合わせたオリジナルの整理収納を提案しています。 今までなかなか続けられなかった人も日常生活に自然と取り入れることができ、生活や家事全般の効率もアップ! 皆さんも整理収納で家族の笑顔を作ってみませんか?

9.整理収納の仕事に興味を持ったきっかけを教えてください

高原 智子さん記事写真1

子供たちが、小学校の高学年になった頃、子育て中に取得したキッチンスペシャリストやIC(インテリアコーディネーター)の資格を活かし、インテリア講師の仕事を始めました。

自分では無理のないようにと思ってはいても、欲が出てくると、ゆとりがなくなり、そのしわ寄せは、家事に。ソファーには洗濯物の山、シンクは洗い物の山、冷蔵庫には賞味期限切れの食品・・。

そんな山が増えると減るのは家族との会話と笑顔。

何とか家事効率を上げて、子供たちとの時間を作ろうと思い『整理収納アドバイザー2級認定講座』を受講しました。

その頃はまだ、協会副理事の澤氏が名古屋までいらしていて、『本当に目からウロコ』、えっ?そんなこと?という”気づき”を教えてくださいました。

今度は、みなさんにその”気づき”を伝えたくて、1級、2級認定講師と、資格を取り、整理収納のお仕事を始めました。

10.資格を取得して良かったと思うことはなんでしょう?

高原 智子さん記事写真2

・興味が持てることを勉強し、自分の好きなことを仕事にすることができたこと。

・たまたま2分の1の確率で抽選に当たって受講したキッチンスペシャリストの資格が、私の世界をどんどん広げてくれた、いわば資格はパスポート。

・それぞれの分野に入ればその世界の素敵な先生方や、仲間ができ、様々な繋がりでき、楽しく勉強することができました。

・学生時代に取得した栄養士(食)の資格に始まり、住環境関連の資格でICとなり(住)、パーソナルカラー・パーソナルコーディネーター(衣)へと、勉強したことが、繋がり、より興味も、仕事も広がり、素敵な方々とめぐり会えたこと。
最近ではお料理の先生方と、コラボセミナーをさせていただき、美味しいものをいただく機会も増えてニッコリです。

11.講座やお仕事の内容や運営の工夫があれば教えてください

高原 智子さん記事写真3

講座では、より皆さんの生活改善に役立つようなセミナーを提案し、より日常に取り入れていただけるような実例をご紹介しています。

整理収納は、最初の一歩がなかなか踏み出せないので、まずは、モチベーションを上げて、持続することを目標に引き出し1つからでもやってみる事。

現場作業では、まずはお客様との信頼関係を築くよう、お客様のペースに合わせて、カウンセリングをしながら、お客様オリジナルの整理収納作業を進めてまいります。

特に作業動線は、シュミレーションを繰り返しながら、モノを適材適所に収めてゆきます。

12.講座やお仕事でよく使う愛用品を教えてください(道具など)

高原 智子さん記事写真4

【セミナー】
1.PC
2.IPhone
3.あめちゃんBOX

【現場作業】
1.Ipad
2.メジャー
3.メモックロールテープ