やの くにこさん 第2回

「べジフルキッチン」

やの くにこ

【愛媛県松山市】

今月の「料理」のコーナーでご紹介するのは、「べジフルキッチン」を主宰するやのくにこさん。 ご自身も経験した、野菜や果物のチカラをもっと多くの人に知ってもらいたいという思いから、一人一人の健康のため、そして地域活性化ため、幅広く活動されています。 現在も大学院で食と農について研究をされているやのさんの、生きた野菜料理教室をのぞいてみませんか。

5.どんな生徒さんが多いですか?

やのくにこさん記事写真1

20代から70代までと年代は幅広く来てくださっています。

「身内や友人が体を壊して病院で野菜を沢山食べなさいと言われたけれど野菜料理はサラダと温野菜くらいしか思い浮かばない」と言って、野菜だけで美味しくお腹いっぱいになる料理を習いたいと言う方が多数です。








6.人気のレッスンはなんですか?

やのくにこさん記事写真2

簡単で時短で美味しい、そしてカラフルな料理です。忙しい毎日の中でも、ちょっとした工夫で野菜が沢山食べられるコツは驚きのようで、野菜料理は面倒くさいと思っていたけれど、これならできそうと言う方が多いです。

彩野菜のパスタ教室も人気で、パスタのルーは野菜満載。毎回50gのパスタで満腹になるから不思議、というお声をいただいております。



7.レッスンで心がけていることはどんなことでしょう?

やのくにこさん記事写真3

料理が苦手で野菜が苦手な人への料理教室なので、簡単で野菜を美味しいと言ってもらえるレシピを心がけています。

大人数で開催する場合は皆さんに温かいものを食べて頂くために、大きな声で手順を説明しながら同時進行してもらいます。

「わからない人は手をあげてください」と言って、調理の手順をその都度個人レッスンしています。



8.レッスンの楽しいエピソードを教えてください!

やのくにこさん記事写真4

大学生を対象に講座を開いたときには、帰りに
「料理が楽しくなりました。料理教室に通いたくなりました」
と男子生徒が言ってくれました。

「早速野菜を買って帰って毎日食べるようにします」
と女子生徒。

朝ごはん抜き、お昼はパン1個。夜はお菓子。
そんな生活をしていたと言う学生たちの意識が変わったのを知ると嬉しくなりました。